犬の夏グッズ5選!暑さ対策ができるお役立ちアイテム

【獣医師監修】犬の夏グッズ5選!暑さ対策ができるお役立ちアイテム

愛犬の暑さ対策はしていますか?犬は人間よりも暑さに弱い動物です。今回はさまざまな暑さ対策グッズの中から、ぜひ皆さんに取り入れてほしいお役立ちグッズを紹介します♪

はてな
Pocket
お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

#冷却マットで寝ているラブラドールレトリーバー#

犬は身体の構造上、人間よりも暑さには弱いといわれています。お散歩での火傷や、家の中にいる場合でも熱中症など、暑さによるさまざまなリスクを抱えています。

今回はお散歩編とおうち編に分けて、暑さ対策のお役立ちグッズを紹介します。暑さ対策を十分に行い、真夏を少しでも快適に過ごさせてあげましょう♪

お散歩の暑さ対策編

#散歩中のラブラドールレトリーバー#

靴/靴下

夏、日中のアスファルトの表面温度は50~60℃にまで上がります。そんなアスファルトを歩かせると暑いだけでなく、肉球に火傷を負ってしまいます。また、日が落ちた後でもアスファルトの温度はなかなか下がらず、夕方のお散歩でも肉球を傷めることがあります。

そんな日が落ちた後のまだ地面が熱い時間帯のお散歩でおすすめなのが”犬用靴や靴下”です。

犬用靴や靴下を履かせることで熱いアスファルトから肉球を守ってくれます。また、地面に落ちているガラスの破片などの障害物からも足を守ってくれるので、普段のお散歩でも着用させることをお勧めします。

なお、靴下や靴を履かせている場合でも、真夏の日中の散歩は熱中症のリスクを伴うので、絶対にやめましょう。また、真夏は夜になっても暑いことが多いので、お散歩をする際は早朝6~7時頃、夜間は涼しくなった時間に行ってあげるようにしましょう。

ウェア/バンダナ

犬は人間よりも地面に近いため、人間が感じている以上に暑さを感じています。そんな身体全体を暑さから守るアイテムとして、ひんやり感を保てる犬用のウェアやバンダナがあります。これらは水に濡らすことで一定時間、温度を低く保ってくれます。

専用のウェアやバンダナ以外でも、お持ちのメッシュ素材のウェアやバンダナがあれば、それらを濡らして冷やしたものを着せてあげても、同じように気化熱で涼しく感じさせる効果があるので試してみてください。なお、びしょ濡れの状態で着せると、逆に湿度が上がって不快感を与えてしまうので、水は絞ってから着用させるようにしましょう。

ボトル

夏のお散歩では熱中症対策のために必ず水を持っていきましょう。犬は舌や気道の水分を蒸発させることで体温の調節をしています。舌を出してハーハーと小刻みに息をしている時は、まさに暑さを感じて水分を蒸発させている状況なので、様子を見て新鮮な水を飲ませてあげましょう。

犬が飲みやすい形状の犬用ボトルも発売されているので、体の大きさやお散歩の長さに応じたサイズや形状のものを探してみてください。いつでも冷たい水をあげれるように氷を入れるのもおすすめです。お腹を壊しやすい子の場合は、氷水には注意してあげてくださいね。

おうちグッズ

#ベッドで寝ているミニチュアダックスと猫#

冷却マット

おうちで涼しく過ごすグッズとして、冷却マットがあります。ジェルマットタイプやアルミプレート、大理石タイプなどいくつか種類があります。

我が家ではアルミプレートを買ってみましたが、愛犬はなかなか乗らずに代わりに愛猫が寝ていました。マットタイプでは寝てくれたので、人間と同じで寝心地の好みはそれぞれ違うようですね。皆さんも愛犬に合うタイプをいくつか試してみてください。

なお、急激に冷えてしまうものもあるので、ゲージで飼っている場合はすべてが冷却マットにならないように、退避できる場所も作ってあげましょう。

クールピロー

ぬいぐるみや枕へ保冷ジェルや氷を入れる犬用のピローがあります。マットを使わない子でも、ピローであれば抱っこや枕として使ってくれる場合があるようです。犬用のクールピローの場合、犬が噛んでも中身が出ないように工夫されていたりするので、選ぶ際はその点も注意してみましょう。

なお、ペットボトルを凍らせてタオルなどでくるんだものでも同じ効果を発揮するので、ぬいぐるみにこだわらない場合はこちらも試してみてくださいね。

まとめ

#冷却マットで寝ているラブラドールレトリーバー顔アップ#

今回はぜひ皆さんに試してもらいたい定番の暑さ対策グッズを紹介しました。最近、日中のおうちの中でも熱中症にかかってしまう子が多いそうです。万が一、熱中症のような症状が出た場合は、首・前足の付け根・身体全体を冷やしたうえで、早急に病院へ連れて行ってください。

犬は身体の構造上、人間が「暑い」と思っている時には既に「かなり暑い」と感じています。犬は人間以上に暑さに弱い動物であることを改めて意識して、しっかりと暑さ対策を行い暑い夏を一緒に乗り切りましょう!

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。