死者が犬を霊界へ誘う?犬が自殺してしまう橋『オーヴァートン・ブリッジ』の謎!

死者が犬を霊界へ誘う?犬が自殺してしまう橋『オーヴァートン・ブリッジ』の謎!

お気に入りに追加

スコットランド南部に、一見普通に見える橋があるのですが、この橋は『犬が飛び降り自殺する奇妙な橋』と、現地ではそう呼ばれています。そんな奇妙なオーヴァートン・ブリッジの謎に迫って行きます。

11803view

オーヴァートン・ブリッジは犬の自殺の名所!?

英国スコットランドのダンバートン郊外に、問題の「オーヴァートン・ブリッジ」があります。

オーヴァートン・ブリッジは、カルビン主義者の貴族であるオーヴァートンにより、1895年に建造されたとされています。オーヴァートン川の上に掛かっているこの橋は、高さは約13mほどの比較的小さな橋です。

しかし、この橋は現地の人達から『犬が飛び降り自殺する天国に一番近い橋』として恐れられています。

幽霊の仕業?鼻の長い大型犬種ばかり飛び降りる謎!?

コリー

元々この地域は、ケルト神話でシンプレイス(薄い場所)と呼ばれていて、霊界に近い場所とも言われていました。
そのため、この様な不思議な現象が起こるのは、『死者や幽霊の仕業ではないか?』などと噂されています。

1950年から現代まで続く怪奇事件

犬の飛び降り自殺が報告され始めたのは1950年頃。
散歩の最中、急に主人の手から離れ、橋の手すりを飛び越えて、そのまま自殺してしまったそうです。

しかも、その事件が起きた当日は、何故か良く晴れた日で、それも『鼻の長い大型犬種』ばかりが、自ら橋のしたに身を投げ出したそうです・・・

今まで亡くなった犬種は、「コリー」「チェサピーク・ベイ・レトリーバー」「ラブラドール・レトリーバー」など。
以降も、犬が身を投げて自殺する事件が後を絶たず、現在までに「50頭以上の犬が橋から飛び降りて死んでしまった」そうです。

何とも不思議であり悲しむべき事件。。。でもどうして犬達は同じ場所で墜落死するのでしょう?

これには幾つかの説があるそうです。

犬が飛び降りる謎・・・「3つの説」

その1:幽霊説

この説の発端はとある事件が関係しています。
それは1994年の事。地元に住んでいた男が、自分の子共を橋から投げ落として殺害する、という悲惨事件が起きました。

その子供が「犬が大好き」だったため、それ以来『殺害された子供の霊が犬を呼び込んでいる』と言う
噂が広まったのです。

説としてはオカルトじみた話ではありますが、犬達は人間より霊気を敏感に察知する事が出来ると言う都市伝説もあるほどなので、それが『奇妙な行動に繋がるのではないか』とも考えらなくもありません。

(現実派の方は信じられないでしょうが、現代科学で解き明かせない事は幾らでもありますから、この様な説があっても良いのではないでしょうか)

その2:聴覚説

実は、このオーヴァートン・ブリッジから、数kmほど離れた近くの場所に軍港があり、その軍港には潜水艦があるそうです。

犬達はその潜水艦から出る、『ソナー音に反応しているのではないか?』と言う説です。

実際に、その説を検証するため最新機器を使った専門家による調査が行われたのですが、その時にはソナー音は記録されず、実証はされませんでした。

その時にソナーを発信していなかっただけなのか、はたまた犬の鋭い聴覚が故の行動だったのか?謎が深まるばかりです。

その3:嗅覚説

オーヴァートン・ブリッジの真下にある藪の中には、ミンクやネズミ、リス等が生息しているらしく、『その動物達の発するニオイに引き付けられたのではないか?』と言う説です。

ミンク

特にミンクが放つ臭いは異常な迄にカビ臭く、狩猟犬種にとって非常に ” そそられる ” ニオイであるため、『そのニオイに惹きつけられて橋から転落してしまうのではないか』と推測しているそうです。

また良く晴れた日は小動物のニオイが一層臭うそうです。実証はされていないようですが、事件が起きた状況と一致するのではないでしょうか?

まとめ

森

いかがだったでしょうか?謎の多い橋「オーヴァートン・ブリッジ」。この奇妙な橋のお話を、皆さんはどのように感じましたか?

私の個人的見解ですが、「幽霊説」に関しては話を面白くすると言う点では良いのでしょうが、信憑性が乏しい様に思われます。

そして「聴覚説」ですが、犬がソナー音に反応すると言う研究データは無いとされていますので、こちらの説も説得力に欠けるのではないでしょうか。

最後の「嗅覚説」ですが、私はこの説が一番納得できる説だと思います。
何故ならば、ミンクはイタチ科の動物である事から、肛門線より強い刺激臭を発するのだそうです。
そのニオイに反応しても不思議ではありません。

狩猟犬種は『ミンクのニオイを嗅ぐと野生化して追いかけ回す習性がある』と言われています。
好きなニオイを嗅いだ犬が興奮して橋の欄干に駆け上がり、バランスを崩して橋から落ちるのは有り得る事ではないでしょうか。

でも現地の人は、その様な場所になぜ愛犬を連れて行くのでしょうか?
何か原因があるから事故が起きるです。私ならそんな所には絶対に愛犬を連れて行きません。事故によって愛犬を亡くすのは大変に辛い事です。

この記事をお読みになった方は、くれぐれも旅行の際に『オーヴァートン・ブリッジに愛犬を連れて行ってみよう』と思わないで下さいね。

もし連れて行ったのなら・・・あなたの愛犬が『犬好きの子供の霊』に誘われてしまうかも、知・れ・ま・せ・ん・よ!

この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。