ビションフリーゼの抜け毛対策や日頃のケア

ビションフリーゼの抜け毛対策や日頃のケア

お気に入りに追加

とても毛量の多いビションフリーゼですが、日常の抜け毛について気になる方も多いと思います。そこで今回は、ビションフリーゼの抜け毛対策、日頃のケア、抜け毛の時期などをまとめてみました。ビションフリーゼの最大の特徴である、お人形の様なフワフワの毛をきれいに保つため、ぜひ参考にしてみてください!

12142view

ビションフリーゼの抜け毛対策

トリミング中のビションフリーゼ

ビションフリーゼの被毛はほとんど生えかわることがないようで、抜け毛が少ないとされています。しかし、ビションフリーゼは豊富な毛量なので、日頃から抜け毛の対策が必要になります。

毎日ブラッシングをすると効果的!

ビションフリーゼは抜け毛の少ない犬種ですが、やはり抜け毛の対策は必要です。抜け毛の対策として一番手軽にできることは、ブラッシングです。ブラッシングをすることで、古くなった被毛や抜け毛を取り除くことが出来ます。抜け毛の対策の他にも被毛のもつれを取り、ビションフリーゼの魅力とも言えるパウダーパフ(おしろいやパウダーをつける時の毛足の長いパフ)のような被毛を維持できます。

さらにブラッシングすることで、皮膚の血行を良くし、皮膚病の予防や早期発見にも繋がります。ビションフリーゼは、抜け毛が少ないですがもつれやすい被毛なので、毎日ブラッシングしてあげると良いでしょう。また、ブラッシングは飼い主さんとのスキンシップにもなるのでオススメです。

抜け毛はこまめに掃除しましょう!

ビションフリーゼを飼育されている方は、ほとんど室内飼いだと思います。室内飼いですと、ペットの抜け毛が気になりますよね。先ほどもお伝えしましたが、ビションフリーゼは抜け毛が少ない犬種ですが、抜け毛は掃除をしないと除去できません。ペットの抜け毛は、人間にとってアレルゲンとなる可能性もありますし、ダニやノミの温床にもなる可能性があります。こまめに掃除するようにしましょう。以下のものを上手く利用して抜け毛を掃除するようにしましょう。

  • 掃除機
  • モップやフローリングワイパー
  • 粘着カーペットクリーナー(コロコロ)

また、衣服についた抜け毛は、粘着カーペットクリーナー(コロコロ)を利用すると簡単に除去出来ます。抜け毛のたくさん付着した衣類を洗濯する時も、粘着カーペットクリーナー(コロコロ)で抜け毛を除去してから洗濯すると良いでしょう。

抜け毛は、定期的なトリミングが必要!

ビションフリーゼの魅力の一つのパウダーパフ(おしろいやパウダーをつける時の毛足の長いパフ)のような被毛を維持するには、トリミングが必要です。ビションフリーゼは抜け毛が少ないですが、被毛はカットしないと長くなります。トリミングにすることによって抜け毛を除去し、被毛の長さも適切な長さになり、清潔に保つことが出来ます。3週間~1カ月に一回はトリミングに行きましょう。

ビションフリーゼの抜け毛と日常のケア

お座りしているビションフリーゼ

ビションフリーゼの抜け毛は少ないと言われていますが、日頃のケアはどうしたら良いかまとめてみました。

やはり、一番のケアはブラッシングをすることです。飼い主の方がブラッシングをすることで、抜け毛を除去することができます。そして、定期的にトリミングに連れて行くことも大切です。ビションフリーゼの抜け毛はトリミングで除去出来ます。トリミングでは、ブラッシングからシャンプーなど抜け毛を除去できる工程があります。トリミングは3週間~1カ月に1回のペースが良いと思います。

また、ビションフリーゼの病気による抜け毛もあります。脱毛症と言われていて、部分的に被毛が抜けてしまう病気もあります。この脱毛症以外にもアトピー性皮膚炎や寄生虫による皮膚炎、カビや細菌によって起こる感染症など、病気による抜け毛がいろいろとあります。ビションフリーゼは抜け毛の少ない犬種なので、異常に多い抜け毛や部分的に被毛が抜けるなど自然な抜け毛でないと感じた時は、動物病院に連れて行きましょう。日頃からビションフリーゼの被毛をブラッシングして、被毛のチェックをすることをおすすめします。

ビションフリーゼの抜け毛の時期

ビションフリーゼの顔のアップ

ビションフリーゼの被毛は、ダブルコートです。ダブルコートとは、上毛と下毛の二種類の被毛になっていることです。ビションフリーゼの被毛特徴は、上毛は粗い巻き毛で下毛は柔らかな被毛が密に生えています。ビションフリーゼの抜け毛は、この下毛が抜け替ります。

ダブルコートのビションフリーゼの抜け毛の時期は、春と秋になっています。毛の抜け替りの時期は「換毛期」と呼ばれていて、外気温や日照時間などの気候の変化によって、自律神経が刺激されて起こるものだそうです。

春から夏に向けて、下毛が多く抜け、夏毛が生えてきます。次に、夏から秋に向けて夏毛が抜け、冬毛が生えてきます。この季節の変わり目は、ビションフリーゼの抜け毛に気を付けましょう。

ビションフリーゼの抜け毛が少ない被毛の特徴

2頭で並ぶビションフリーゼ

ビションフリーゼの抜け毛は、少ないと言われています。実際に、飼育されている方に伺ってもとても少ないそうです。犬には「換毛期」があり、季節の変わり目には抜け毛がたくさんあるそうなのですが、ビションフリーゼの抜け毛はこの時期でも少ない方と言われています。抜け毛は少ないですが被毛は長くなるので、定期的にトリミングしてあげましょう。また、ビションフリーゼは体臭も少なく、室内で飼育しやすい犬種になります。

ビションフリーゼの抜け毛のまとめ

舌を出しているビションフリーゼ

ビションフリーゼは抜け毛が少なく、体臭もほとんどない室内飼いに適している犬種です。抜け毛はとても少ないですが、豊富な毛量の犬種なのでブラッシングをしてあげましょう。また、定期的なトリミングも必要です。ビションフリーゼの抜け毛が急に増えたり、脱毛などがみられた場合は動物病院に連れて行きましょう。

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    女性 ゆべし

    ビションフリーゼといえばあのふわもこの白アフロが有名ですね!真っ白なので手入れも大変です。シャンプーにも気を付けないと、あのふわふわがなくなってしまったり、へたってしまったり、酷い時は白い毛が白でなくなってしまうこともあるそうです。洗い方もがしがし洗うと毛玉になってしまうので、ブロックでつまみながら揉み洗いをするといいそうです。
    被毛に関するお手入れは手抜きしてはいけない部分なので、他の犬種と比べると少々費用がかかってしまう犬種でもありますね。

    ビションフリーゼはダブルコートですが、巻毛のせいか抜け毛は殆どないそうです。内側は柔らかいですが、外側のアウターコートは弾力のある毛質になっています。毛ぶきもいいので密集してしまい風通しも悪くなってしまいます。外耳炎や皮膚病も起こしやすくなってしまうので、定期的にブラッシングをしながら内側まで空気を通してあげるといいですね。
    ビションフリーゼは被毛が伸びるのも早いです。毛玉対策には少々骨が折れるかもしれません。でもビションフリーゼが好きな方は、やはりあの白いふわもこアフロに魅力を感じているはず。いつまでも純白のふわもこアフロを維持できるように頑張りましょう。
  • 投稿者

    女性 あさくさ

    よくプードルと間違われることもあるビション・フリーゼですが、プードルはシングルコートですが、ビションはダブルコートなので、被毛の密度が違い、ボリュームが多いです。
    基本的に生え変わるのはアンダーコートのみなので、抜け毛の多くはアンダーコート(下毛で、トップコート(上毛)が落ちる時は、抜けるというより切れているのだと思います。
    巻き毛ですので、絡みやすく、一度毛玉になってしまうとなかなかほどけず、切ることになってしまいます。
    抜け毛対策として、毎日ブラッシングを行なった後、コームで梳かして絡みがないことを確認することも大切です。
    ただ、ブラッシングの際に気をつけたいのが、ブラシが直接肌に当たり、皮膚を傷つけてしまうことです。
    気づかぬうちに何度も繰り返してしまうと、皮膚が傷んで、生えてくる被毛が赤みがかってくることがあります。
    毛玉やもつれをほぐそうとして繰り返し同じ箇所にブラシをかけると傷つけてしまうので、もし、絡んで毛玉やもつれができてしまった場合には、トリマーさんにお願いするのが一番だと思います。
  • 投稿者

    女性 もふころ

    ビションフリーゼは抱っこしても毛がほとんど付かないと聞きました。それだけ抜け毛も少ないんですね。
    見た目通りの毛量なので、抜け毛はなくても必要があって抜ける毛があるはずです。衛生面にも注意ですね。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。