ビションフリーゼは抜け毛が少ない?日頃のケアや抜け毛対策を紹介

ビションフリーゼは抜け毛が少ない?日頃のケアや抜け毛対策を紹介

もふもふな見た目のビションフリーゼですが実は意外にも抜け毛が少ない犬種というのをご存知でしたか?ただし、その特徴的なフワフワの毛をキープするためには日頃のお手入れが欠かせません。ビションフリーゼの抜け毛対策や日頃のケアについてご紹介します。

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

東京農工大学農学部獣医学科卒業。その後、動物病院にて勤務。動物に囲まれて暮らしたい、という想いから獣医師になり、その想い通りに現在まで、5頭の犬、7匹の猫、10匹のフェレットの他、ハムスター、カメ、デグー、水生動物たちと暮らしてきました。動物を正しく飼って、動物も人もハッピーになるための力になりたいと思っています。そのために、病気になる前や問題が起こる前に出来ることとして、犬の遺伝学、行動学、シェルターメディスンに特に興味を持って勉強しています。

ビションフリーゼは抜け毛が少ない犬種

こちらを見ているビションフリーゼ

ふわふわな被毛が特徴的なビションフリーゼですが、見た目に反して抜け毛が少ない犬種として注目を集めています。

ふわふわなのに、なぜ抜け毛が少ないのか解説しましょう。

ビションフリーゼの被毛の特徴

ビションフリーゼの被毛は、ダブルコートです。ダブルコートとは、上毛と下毛の二種類の被毛が生えているタイプの被毛のことです。

ビションフリーゼの被毛の特徴は、粗い巻き毛である上毛と柔らかで密に生えている下毛です。

通常ダブルコートの犬種は、下毛の量と質を季節に合ったものにするために、冬前と夏前には下毛がごっそり生え変わるため、その時期には抜け毛が多くなります。また普段から、抜け毛(主に下毛)が多くみられます。もちろん、上毛も生え変わりのためにある程度は抜け落ちます。

しかし、ビションフリーゼは特徴的な巻毛によって抜け毛は少ないようです。抜けた下毛が巻いている上毛に絡まって、あまり落ちないのだそうです。

換毛期は注意

ダブルコートのビションフリーゼの抜け毛の時期は、春と秋になっています。

毛の抜け替りの時期は「換毛期」と呼ばれていて、外気温や日照時間などの気候の変化によって起こります。

春から夏に向けて、下毛が多く抜け、夏毛が生えてきます。次に、夏から秋に向けて夏毛が抜け、冬毛が生えてきます。

この季節の変わり目は、抜け毛が少ないビションフリーゼでも抜け毛に気を付けた方がよいでしょう。普段より抜け毛が増えるだけではなく、抜けても落ちる毛が少ないビションフリーゼでは、抜けた下毛を取り除いてあげるブラッシングがより重要になります。

ビションフリーゼの抜け毛が増える原因

芝で伏せているビションフリーゼ

換毛期になると抜け毛が増える犬種ですが、それ以外にも抜け毛が増えてしまうことがあります。

どのような理由が考えられるのか解説します。

ストレスで毛が抜けることも

犬はストレスによって毛が抜けることもあります。

よく見られるのは、退屈や葛藤などのストレスによって手先をなめ続け、手先の毛が抜けて皮膚にも炎症が起こる肢端性皮膚炎です。

病気で抜け毛が増えるケースも!

病気による抜け毛もあります。

アトピー性皮膚炎や寄生虫による皮膚病、カビや細菌によって起こる感染症など、また甲状腺や副腎の病気による抜け毛など、いろいろとあります。

異常に多い抜け毛や部分的にはげてしまうほど被毛が抜けるなど、自然な抜け毛でないと感じた時は、動物病院に連れて行きましょう。

日頃からビションフリーゼの被毛をブラッシングして、被毛のチェックをすることをおすすめします。

ビションフリーゼの抜け毛対策

トリミング中のビションフリーゼ

ビションフリーゼは抜け毛が少ない犬種とされています。

しかし、ビションフリーゼは豊富な毛量を持ち、また毛が抜けないのではなく抜けた毛が落ちにくいということなので、日頃から被毛のお手入れが必要になります。

毎日ブラッシングをすると効果的!

抜けた毛を取り除いてあげるために一番手軽にできること、そして重要なことは、ブラッシングです。ブラッシングをすることで、古くなった被毛や抜け毛を取り除くことが出来ます。毎日が無理でも2、3日に1回はブラッシングをしましょう。

抜け毛の対策の他にも被毛のもつれを取り、ビションフリーゼの魅力とも言えるパウダーパフ(おしろいやパウダーをつける時の毛足の長いパフ)のような被毛を維持できます。

さらにブラッシングすることで、皮膚の血行を良くし、皮膚病の予防や早期発見にも繋がります。毎日ブラッシングしてあげると良いでしょう。

抜け毛はこまめに掃除しましょう!

ビションフリーゼは抜け毛が少ない犬種ですが、全く抜け落ちないわけではありません。

ペットの抜け毛は、人間にとってアレルゲンとなる可能性もありますし、ダニやノミの温床にもなる可能性があります。

こまめに掃除するようにしましょう。以下のものを上手く利用して抜け毛を掃除するようにしましょう。

  • 掃除機
  • モップやフローリングワイパー
  • 粘着カーペットクリーナー(コロコロ)
また、衣服についた抜け毛は、粘着カーペットクリーナー(コロコロ)を利用すると簡単に除去出来ます。

抜け毛のたくさん付着した衣類を洗濯する時も、粘着カーペットクリーナー(コロコロ)で抜け毛を除去してから洗濯すると良いでしょう。

定期的なトリミングが必要!

ビションフリーゼの魅力の一つのパウダーパフ(おしろいやパウダーをつける時の毛足の長いパフ)のような被毛を維持するには、トリミングが必要です。

自宅での毎日のブラッシングに加え、定期的にシャンプーとカットをしてもらうことによって、清潔さと見た目のかわいさを保つことが出来ます。1カ月~2か月に一回程度、トリミングをお願いすると良いのではないでしょうか。

ビションフリーゼの抜け毛と毛玉ケアについて

2頭で並ぶビションフリーゼ

ビションフリーゼは長毛種であるため、毛玉に十分に注意をする必要があります。最後は毛玉について紹介します。

毛玉ってなに?

毛玉は抜け毛が被毛に絡まり、毛がフェルト状になってしまったものです。

放っておくと、皮膚と被毛の通気性を低下させ、蒸れて菌が繁殖して皮膚炎を引き起こしてしまう可能性があります。犬が体を動かす度に毛がひきつれて痛みを感じることもあります。

また毛玉は意外にも重く、大きくなりすぎると毛が引っ張られる重みでも痛くなってしまいます。ひどい場合は脱毛や皮膚を傷つけてしまうことも。

毛玉の予防法と対策

毛玉を防止するためには、定期的なブラッシングやシャンプーで抜け毛を除去してあげる必要があります。まずはブラッシングを日常的に行ってあげましょう。

また、もし毛玉ができてしまった場合は少し荒めのコームで、固まりを優しくほぐしてあげましょう。

フェルトのように硬くなっている場合は、無理にブラシを入れるのではなくハサミでカットする必要があります。自信がない時は、無理をせずペットサロンを利用しましょう。

下記では毛玉のケア方法や予防方法について詳しく解説しています。ぜひ参考にしてください。

関連記事
犬の毛玉ができる原因とは?取る方法から気を付けたい犬種まで
犬の毛玉ができる原因とは?取る方法から気を付けたい犬種まで

愛犬に毛玉ができていませんか?毛玉は見た目の問題以外にわんちゃんの健康にも関わります。今回はそんな「毛玉」ができる原因や取る方法、気を付けたい犬種まで紹介します。

  • お手入れ
  • その他お手入れ

まとめ

舌を出しているビションフリーゼ

ビションフリーゼは抜け毛が少なく、体臭もほとんどない室内飼いに適している犬種と言われています。抜け毛はとても少ないですが、豊富な毛量があり抜けた毛が被毛の中にとどまってしまう犬種なので、まめにブラッシングをしてあげましょう。

また、定期的なトリミングも必要です。ビションフリーゼの抜け毛が急に増えたり、全身の毛が薄くなってきた、部分的に毛がなくなってしまった部分があるといった場合は動物病院に連れて行きましょう。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。