「いつ終わるとも知れない孤独」車内で留守番中の犬達の不安な表情

「いつ終わるとも知れない孤独」車内で留守番中の犬達の不安な表情

お気に入りに追加

私達が普段何気なく見ている光景、車内でお留守番をしている犬達を被写体にロンドンで活躍している写真家が写真集を出版しました。この写真から車内でお留守番をしている犬達の気持ちが分かるかもしれません。

11210view

車内でお留守番中の犬の沈黙の時間

春になり暖かく過ごしやすい時期になりました。この時期になると旅行やちょっとしたドライブやお買い物等、わんこさんと一緒にお出掛けする機会が増えると思います。飼い主さん達にとってわんこさんとのお出かけは凄く楽しい時間ですよね。私も春になるとわんこさんとのお出かけの計画を立てたりする事が日課となっていて、その時間が楽しみの時間になっています。

皆さんはわんこさん達とのお出かけ中に、ちょっとした買い物などでコンビニやスーパーマーケット等に立ち寄る事はありませんか?コンビニやスーパーマーケット等の食品を扱うお店だと衛生上の問題でわんこさんと一緒に入店する事が出来ませんので、どうしてもわんこさんを車内でお留守番させてしまうようになってしまうと思います。車内でお留守番をしているわんこさん達はどんな気持ちで飼い主さん達を待っているのでしょうか?

イギリス・ロンドンを拠点に活動する、写真家のマーティン・アズボーンさんが出版した写真集を見て「犬達が車内でお留守番している間に何を思っているのか?」その答えが見つかるかもしれません。

「いつ終わるとも知れない待ち時間を過ごす心境」

イギリス・ロンドンを拠点に活動する写真家のマーティンさんは、国内外で広く注目されています。マーティンさんは幼少期に、人間に使役にされ苦しめられる動物達を意識しながら幼少期を過ごしたそうです。そんな幼少期を過ごしたマーティンさんの作品は、使い捨てにされる狩猟犬のポートレート等のマーティンさん独自の視点で動物達の窮状を伝える写真が多いです。

今回、マーティンさんが手掛けた作品は、車内に残された犬達の沈黙の時間を被写体に「いつ終わるとも知れない待ち時間を過ごす心境」をテーマにしています。

写真集には、車の中で飼い主を待つわんこさん達の不安な表情が撮らえられています。この写真集に写るわんこさん達の飼い主さん達は何らかの事情があり車内で犬を留守番させなくてはいけない状態だったと思います。車内でお留守番しなくてはいけない時間が、例え数分だとしても、お留守番をしているわんこさん達にとって「終わりの見えない不安感」にさいなまれているのかもしれません。

車の中でお留守番をしているわんこさん達は私たちにとっても身近なものだと思います。近所のスーパーマーケットやコンビニ、デパートの駐車場で何度か目にしている光景ですが、そんな身近な光景を撮影し、わんこさんの不安な気持ちを写真で表す事が出来るのは、常に動物達と深く関わってきたマーティンさんだからこそできる事なのかもしれません。

マーティンさんが車内でお留守番をしている犬達を被写体に写真集を出したのには理由があります。それはマーティンさん自身が幼少期に体験をした出来事がきっかけでした。当時4歳だったマーティンさんは、スーパーマーケットの駐車場で車内に置き去りにされた事があります。その時間はたった15分程でしたが、当時4歳だったマーティンさんにとっては、永遠の孤独が頭をよぎった恐怖の記憶として今での脳裏に刻まれているそうです。この出来事がきっかけで窮地に陥る動物を意識するようになったマーティンさん。
この写真に撮影されている犬達について「車内で飼い主を待ち続ける犬の姿から伝わる感情は、同じ状況に陥ったその人自身が抱える感情の現れだと思っている。」と語っています。

まとめ

いかがでしたか?私自身正直なお話をしますと、この写真集の写真を見るまでは車内でお留守番をしているわんこさん達がどんな気持ちでお留守番をしているのかを意識した事がありませんでした。夏場などの暑い時期の車内や冬場の寒い時期の車内でお留守番をしているわんこさんを見ると熱中症だったり、車内の気温が暑過ぎたり寒過ぎたりして体調を崩したりしないか等を心配する程度でした。この写真に写っているわんこさん達はどの子も不安な顔をしています。わんこさん達は不安な気持ちを抱えながら車内でお留守番をしているのかもしれないと考えると胸が少し痛くなりました。

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    20代 女性 匿名

    車内でお留守番をしているワンコ達の不安な気持ちは理解できますが、飼い主との信頼関係が築けていたり簡単な言葉を理解できていればもう少し状況は変わるのではないかと思います。
    「お買い物をしてくるから、少しだけ待っていてね」「お留守番をよろしく頼みますね」などと声を掛けるだけで待っているワンコの気持ちも少し違うのではないでしょうか。
    もちろん長時間車内で待たせることは苦痛でしょうし、そこには飼い主が常識的であるということが大前提かと思いますが…。
  • 投稿者

    女性 匿名

    赤ちゃんには注意するけど、犬猫に対してはまだ考えが及ばないのね、そう言う人達
  • 投稿者

    女性 匿名

    私も犬との信頼関係で、ここまで深刻にはならなくていいのでは?と思います。
    長時間の放置などの経験をさせて犬に不安を抱かせた過去があれば問題です。
    私は「すぐに戻るからね!」の声かけ、少し長くなれば、「ごめんね。頑張ったね!」とおやつあげたりで慣れさせています。
    犬への気配りの問題なのではないでしょうか?
  • 投稿者

    女性 シュナママ

    どのワンちゃんも不安そうな顔で外を見つめていますね。愛犬も車の中であんな顔をして待っているのかと思いました。でも声を掛けてあげるだけでワンちゃんたちもわかってくれると思います。愛犬にも買い物してくるから待っていてと声を掛けていますが、不安な気持ちを理解した上で声を掛けてあげたいと思います。
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。