【感動!】線路上で怪我をした仲間を2日間守り続けた犬

11664view

【感動!】線路上で怪我をした仲間を2日間守り続けた犬

最低気温が氷点下10度にもなる寒空の下、怪我をして線路上で身動きが取れなくなってしまった犬。そんな状態の仲間を線路上を列車が通過する中、2日間もの間、飲まず食わずで守ろうと寄り添い必死に守り続けた犬の感動のお話です。涙なしには見られません。

犬は仲間を見捨てたりしない!怪我をした仲間を2日間見守り続けた犬

世界中の犬に関する色々な記事を読んでいると、犬達の仲間を思う気持ちというものは本当に素晴らしいものばかりだと感じ、感動して涙が溢れてしまう時があります。
今回紹介する犬に関するお話も感動して涙が溢れてしまうお話の一つだと思います。

2016年12月25日、世界中の人達がクリスマスをお祝いし楽しんでいる中、このお話の主人公となる2匹の犬達はとんでもない惨事に見舞われていました。
ウクライナ・ウージュホロドの動物救助隊の元に「線路上に留まっている2頭の犬がいる」という連絡が入ったのです。動物救助隊のスタッフはすぐさま犬達の元に駆け付けました。
そこでスタッフが見たものは、怪我を負ってしまって線路上で身動きが取れない状態になっている1頭のメスの犬でした。そしてそのメス犬をずっとそばで見守る1頭のオス犬。彼は怪我をしている仲間が心配で、寄り添い離れようとしませんでした。

線路上に2頭の犬

出典:http://www.boredpanda.com

このオス犬は仲間の事を2日間見守り続けました。
怪我をして動けなくなった仲間の犬がいる場所は現在も使われている線路の中心です。列車が近づく度にこのオス犬は怪我をした仲間の犬を守ろうとするように身をかがめ、列車が通り過ぎるのを待っていたのです。列車が通る度に身を呈して仲間の犬を守り続けた犬。

線路上の犬と電車が通過しようとしている様子

出典:http://www.boredpanda.com

この犬達は2日間もの間、命の危機に晒されていたのです。2頭の犬達にとってどんなに恐ろしかった事でしょうか。オス犬はこの恐怖から逃げる事が出来たのに、恐怖に立ち向かい仲間を救おうと必死に守り続けたのです。

救助された怪我を負った犬と仲間を守り続けた勇敢な犬

ウクライナの12月の最低気温はマイナス10度以下にもなるような厳しい寒さです。この2頭の犬達はいつ死んでもおかしくない厳しい状況の中、じっと耐え続けていたのです。
2頭の犬達が線路上で身動きが取れなくなってしまってから2日後、動物救助隊は線路を電車が通過したりしている危険な状況を目の当たりにして、すぐさま救助に取り掛かろうとしました。電車が来ないかタイミングを見計らって犬達に近づきますが、怪我した仲間を守ろうとオス犬が救助隊を警戒し必死に吠え続けます。
救助隊はこの犬達をなんとか車の中に乗せ、すぐに動物病院に連れて行きました。

車の中に入れられた2頭の犬

出典:http://www.boredpanda.com

犬達は無事に保護され、保護されてから間もなく元気を取り戻しました。
怪我していたメス犬は「ルーシー」、仲間を守り続けた犬は「パンダ」と素敵な名前を付けて貰いました。予防接種を済ませたルーシーとパンダは動物保護施設のスタッフ達と触れ合い、そして人間に対しての警戒心が薄れ、人間に対して信頼を置くまでになりました。

ルーシーとパンダの現在

人間に慣れてきたルーシーとパンダは新しい家族を見つける為に里親募集を開始します。そして1人の男性がルーシーとパンダを2頭一緒に引き取る事を希望してきたのです。ルーシーとパンダは今新しい家族の男性と共に仲良く暮らしています。

ウクライナの寒空の下、危険な線路上で怪我をして身動きが取れなくなってしまったルーシー、そしてルーシーを危険な状況の中守り続けたパンダ、2頭の絆はとても深い物です。
ルーシーとパンダはこれからも離れる事なくずっと仲良く暮らしていく事でしょう。

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛犬の為にもなる情報をみんなで書き込んで、犬と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

  • 50代以上 男性 匿名

    本物かどうか分かりませんが、何故写真ばかりあるのでしょう。私には信じられませんカメラを向けるより、やる事が沢山ある気がします。
    今も飼えなくなった犬を保護してますが、知らせる重要性も分かりますが、此処で何が出来るかでしょう。。。
この記事をシェアする

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除処理、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。
「過度と捉えられる批判的な書き込み」「誹謗中傷にあたる過度な書き込み」「荒らし行為」「宣伝行為」「その他悪質と捉えられる全ての行為」
※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。