獣医師のお墨付き!アレルギー犬には「LABOLINE」 をお試しあれ

獣医師のお墨付き!アレルギー犬には「LABOLINE」 をお試しあれ

お気に入りに追加

アレルギーのわんちゃんを飼っている方は、「ドッグフード選びに困った」という経験があるのではないでしょうか。そこで今回は、アレルギーのわんちゃんにぴったりな、お医者さんお墨付きの「LABOLINE」というドッグフードをご紹介します。

7678view

そもそも犬の食物アレルギーとは?

イヌとさくらんぼ

今回はアレルギーを持つわんちゃんに良いドッグフードを紹介する予定ですが、そもそもわんちゃんのアレルギーってどんなもの?とご存じない方もいらっしゃるかと思います。

そもそもアレルギーというのは、人間や犬に限らず、すべての動物が患ってしまう可能性があるもので、その下原因は有害な病原体ではなく、本来ならば無害とされている食べ物や花粉などに対して、体の免疫機能が過敏に反応してしまうことで、自らを傷つけてしまうことを『アレルギー』反応と呼びます。

わんちゃんもアレルギーになってしまう可能性があるというのはご紹介しましたが、しかし、そのアレルゲン(アレルギーを引き起こしてしまう原因)の中でも、犬の場合、約4割が食物であることがペットフードを販売している「ペットライン」の調べによってわかっています。

特に口にする機会が多いとされている、『小麦やラム肉、牛肉、鶏肉、大豆、トウモロコシ』などがアレルゲンとなってしまう可能性が高いと言われています。
皆さんのお家にあるわんちゃん用のごはんやおやつを見てもらうとわかると思いますが、実はそれらの原材料に小麦やトウモロコシ、大豆が使われていることが多いんです。

どのような症状が出るの?

掻く犬

では、アレルギーとなってしまい、そのアレルゲンを含むごはんやおやつを口にしてしまうとどのような症状が出るのでしょうか。
わんちゃんによっても現れる症状は違いますが、その多くが皮膚炎だと言われています。

アレルゲンとなる食べ物を口にしてしまうことにより、口の周りや目の周り、耳、背中、足など、様々な場所が痒くなってしまいます。
そのため、アレルゲンを口にした犬は、多くの場合痒い箇所を必要以上に掻くようになってしまうのです。

アレルギーを持つわんちゃんを飼っている方は、「今までアレルギーだと思っていなかったけれど、掻く回数が急に増えたから検査をしてもらったら、アレルギー反応が出た」という経験があるのではないでしょうか。

アレルギーを持つわんちゃんには「LABOLINE」

LABOLINE

痒いのに掻いても掻いても痒さが治らない、さらには掻く回数を重ねる毎に、皮膚を傷つけてしまうアレルギー。
そんなアレルギーを患っているわんちゃんに、ぜひおすすめのドッグフードが、今回ご紹介するAACLという会社によって開発された「LABOLINE」です。

実はこのLABOLINE、普通のドッグフードとは違い、アレルギー・免疫の研究者と獣医師によって開発された、信用性のあるアレルギー療法食なのです!

LABOLINE中身

まずはアレルギーを持つわんちゃんにとって重要なドッグフードの原材料の厳選が行われていて、さらにアレルギーの原因となりやすいタンパク質を1種類に抑えているため、まさにアレルギーを持つわんちゃんにとって、安心して食べることが出来るのです。

そして先ほどもご紹介したように、アレルギーを専門としている検査会社の臨床検査ラボが開発に協力しています。
何よりも獣医師と専門の研究機関が協力して作られているという点が、飼い主からしてみると嬉しいですよね!

LABOLINE製作会社「AACL」とは?

では、この素敵なLABOLINEを開発した「AACL」という会社はどのような企業なのか、ご紹介いたします。

実はこのAACL、この会社自体が動物アレルギー検査株式会社なのです。
ちなみにAACLというのは、「Animal Allergy Clinical Laboratory(動物アレルギー臨床検査室)」の頭文字から出来ている名前です。

こちらの会社は、日本屈指の独立行政法人「理化学研究所」によって認可されている理研ベンチャー企業であり、現在は動物病院と手を取り合って、アレルギーに悩むわんちゃんを救う手伝いをしています。

病院で購入しましょう

ここまで読んで「一度、うちの子にも試してみようかな」と思った方もいるのではないでしょうか。
では、どこで購入できるのでしょう。
実はこのLABOLINEは、動物病院でのみ購入可能となっています。

このドッグフードは動物病院専用となっており、3種類の味が用意されています。そのため、その子に本当に適しているLABOLINEはどれなのか、獣医師の方が検査をして決めてくださるのです。

確かにペットショップやネットで販売していないというのは、今の時代としては少々不便に感じるかもしれませんが、しかし、お医者さんに診てもらって適切なドッグフードを与えるからこそ、快適に生活することが出来るのです。

ぜひこの点は理解した上で、アレルギーのわんちゃんやアレルギーの疑いのあるわんちゃんを病院へ連れて行き、獣医師の方に相談してみましょう。

まとめ

アレルギーのわんちゃんはドッグフードを探すことも大変です。
買う際に「アレルゲンが含まれていないか」と確認をしていても、実際に使ってみて合わないことがあるからです。

しかし、LABOLINEならば専門の機関で開発されている上、獣医師の診断で適切な物を選んでもらえるので安心ですよね!
もし、愛犬のアレルギーでお悩みの方は、「LABOLINE」をドッグフード選びの参考にしてみてはいかがでしょう。

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    男性 匿名

    まあまあな内容のフードな気がします。個人的な意見としてそんなオススメされる理由も分からないかな。この中で一番良いのはチキンで最悪なのは小麦のフードですね。そもそも、犬はアミラーゼを持っていないので小麦関連の物は何一つ栄養にならないと思いますが。。。α化デンプンにきちんとされてるのか果たして疑問です。
  • 投稿者

    20代 女性 小夏ちゃん

    うちの子も少しアレルギーっぽいところがあって、数値的にはっきりとした原因はわからないけどちょっとした刺激でカイカイになってしまうので、このフードは気になります!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。