ゴールデンレトリバーのしつけ方について

ゴールデンレトリバーのしつけ方について

お気に入りに追加

ゴールデンレトリバーのしつけは、一般的に難しいものでは無いと言われています。もともと狩猟用の犬種だったため人間に対しても従順な性質を持っているので、特に成犬になったゴールデンレトリバーのしつけに手こずるという話はあまり耳にしません。しかし、仔犬の時にはゴールデンレトリバーのしつけはきちんと行う必要があります。噛み癖、吠え癖などが付かないようにしっかり教えておきましょう。

22018view

ゴールデンレトリバーのしつけのポイント

眠るゴールデンレトリバー

盲導犬や介助犬、警察犬としても活躍するほど頭が良くて温厚なゴールデンレトリバーなので、しつけの方法さえ間違わなければ何も問題なく日常を過ごすことができます。

ゴールデンレトリバーのしつけをする際には、まず、飼い主はリーダーであるという事を教える必要があります。ゴールデンレトリバーが飼い主より上の立場になってしまうと、何を命令しても言う事を聞かず、うまくしつけはできません。では、どのようにしてリーダーであるという事を教えたら良いのか、最初にしつけなければいけない事は何なのかを詳しくご紹介します。

しつけのためでもありますが、教えたことを覚える、褒められるを繰り返していきながら飼い主との信頼関係を築いていきます。

「お座り」「待て」「伏せ」をまずしっかり教える

ゴールデンレトリバーをしつける際には、なるべく褒めてあげながらしつけをしていきましょう。「お座り」「待て」「伏せ」はしつけをする際に最も重要な事となり、ここから色々な指示を聞き分けて飼い主の言う事を聞くようになります。繰り返し根気よく教えていきますが、できなかった時に叱るのではなく、できた時にたくさん褒めてあげましょう。

おやつを使って教えるのも、かなり効果があります。その際は、小さくちぎって与えるなどして、おやつでカロリーを摂り過ぎないようにしましょう。覚えてくると、おやつ無しでもきちんとできるようになります。この3つの命令を聞けるようになると、完全にゴールデンレトリバーは飼い主がリーダーであると認めています。

ゴールデンレトリバーのしつけで重要なトイレトレーニング

かわいいゴールデンレトリバー

ゴールデンレトリバーのしつけで、仔犬のうちからのトイレトレーニングは一緒に暮らしていく中で非常に重要な事です。ゴールデンレトリバーは頭の良い犬ですし、飼い主に対して従順です。最初にきちんとしつけができれば、粗相をしてしまう事は殆どありません。では、どのようにしたらゴールデンレトリバーのトイレトレーニングのしつけが上手にできるかご紹介します。

叱らずに根気強く

トイレトレーニングをするには、サークルを使います。サークルの中にトイレを置いて、成功したら思いっきり褒めて外に出してあげます。また、匂いを嗅ぎまわって落ち着きが無くなったらトイレのサインです。すかさずトイレへ連れていき、うまくできたらまた褒めてあげましょう。

もちろん失敗も最初は多々あります。その際は叱らずに黙って始末をし、消臭スプレーなどを使って匂いが残らないようにしましょう。匂いが残っていると、そこがトイレだと勘違いしてしまうようになります。1か月ほどは掛かると思って気長に教え込みましょう。トイレができるようになるまでは、目を離すことができませんので、家族全員で協力して教えましょう。

ゴールデンレトリバーのしつけの注意点

座るゴールデンレトリバー

ゴールデンレトリバーのしつけは、他の犬種と比べても比較的簡単であると言われているので、初めての大型犬として飼うご家庭も多いです。しかし、間違った認識でしつけをすると逆効果となり、反抗的な犬になってしまう場合があります。

無理やり仰向けにさせて服従をさせる

ゴールデンレトリバーのしつけをする際に、言う事を聞かないからと仰向けにさせて押さえつけるという方法を取る人がいますが、これではゴールデンレトリバーの服従にはなりません。ゴールデンレトリバーは強い犬と遭遇した時に自ら仰向けになって顔をそむけるような行動をします。これは、相手の犬に対して攻撃の意志が無い事を表し、相手もそのポーズを確認するとそれ以上攻撃しようとはしません。これは犬同士だからこそ成り立つもので、しつけの際に飼い主が無理やり仰向けにさせたところで全く意味がありません。

ゴールデンレトリバーのしつけでやっていけないこと

走るゴールデンレトリバー

ゴールデンレトリバーのしつけをする際に、体罰を与えたり恐怖に陥れるような方法を使ってはいけません。ゴールデンレトリバーはとても心が優しく、周りの状況を把握する力や空気を読む力があるので、本質はとても穏やかです。しつけと称して痛みを与えても何も意味が無いのです。

温厚で大人しい犬ですが、しつけの仕方を間違うと人間に噛みついたり吠えたりするようになります。また、自分のウンチを食べてしまう食糞という行動を取るようになったりもします。

叩く・大声で怒鳴るは最悪のしつけ方法

犬を叩く人

何度教えても同じ間違いを繰り返すと、いくら可愛いゴールデンレトリバーにもついついイラっとしてきてしまい大声で怒鳴りつけてしまう事もあるかもしれませんが、これはしつけの方法として全く意味がありません。それよりも、その失敗を本当に理解しているのかを探ってみてください。意外と、失敗だという事に気が付いていない場合が多いのです。

また、叩くしつけは論外です。叩くことで失敗は無くならず、逆に叩かれたことが原因で人間を怖がるようになり、凶暴な犬になってしまう場合があります。ゴールデンレトリバーは大型犬なので、噛みついたりするような凶暴な犬になってしまうと大変です。叩いたり大声で怒鳴るのはゴールデンレトリバーにとってただ恐怖心を植え付けるだけで、これをやったら怒られるからやらないようにしようとは考えません。恐怖を覚えて攻撃してくる事も考えられます。

また、叱るタイミングにも気を付けてください。例えゴールデンレトリバーに悪いことをしているという認識があったとしても、その行動を覚えていられるのは1秒ちょっとという短い時間です。これは食糞の際に特に注意が必要ですが、しばらく経ってから叱っても、全く何について叱られているのか分かっていないので。叱るタイミングとしてはあくまで現行犯、悪いことをしているその瞬間を見つけて止めましょう。そのタイミングを逃してしまった場合は、その件について叱るのを諦めてください。

ゴールデンレトリバーのしつけに関するまとめ

ゴールデンレトリバーのしつけは、その賢さや温厚な性格から、比較的楽に行えると言えるでしょう。しかし、犬のしつけにはうまくいかない事も当然ありますので、なによりも愛犬と向き合う『根気』が必要になってきます。ゴールデンレトリバーだけでなく他犬種のしつけにも言える事ですが、まずは愛犬と一緒に頑張るぞという決意をしてください。そしてお互いが幸せに暮らせるように、途中で諦めず、しつけはきっちりと行ってくださいね。

▼ゴールデンレトリバーについて詳しく知りたい方はこちら

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    50代以上 女性 ラッキーのママ

    5月16日で、3歳になる、ゴールデンレトリバー、雄を、一人で、しつけして自営業も頑張っております。うちの子の特徴は、ゴールドとホワイトが、混ざった毛色、目は切れ長でパッチリ、性格は、甘ったれ、やんちゃで、好奇心旺盛、人も犬も大好き、6か月で、大型犬初心者の私でも、基本のしつけ、座れ、待て、お手、お替り、伏せ、と覚えてくれ、とても、大変だったけれど、だんだん、信頼してくる様子が、うれしいです。ただ、性格に、自我が強いところがあるのか、人間の子供の行動で、駄々っ子のようなところが、いまだに、変わりません。最近、ショックなことを、ある人から、学校で、しつけを頼むべき。と言われました。飛びつき、が、主に私にですが、他人を巻き込んで、ケガはないですが、早く成犬らしくなれば、良いですが、地元に、トレーナーさんがいて、幼いとは言われましたが。今後の課題現在も、散歩は、大変ですが、トレーニングを頑張って、これからも、自分の力で絶対にしつけを成功させます。
  • 投稿者

    40代 女性 メル

     初めて飼った大型犬がゴールデンレトリバーでした。当時、わが家にはすでに先住犬(ミニチュアダックス)がいたのですが、多頭飼いするにあたってとくにトラブルもなく、大小コンビで仲良く大きくなりました。
     ゴールデンレトリバーは頭の良い犬とは聞いていましたが、確かにトイレや、お座り、待て、伏せなどのしつけは予想以上にスムーズでした。記事にもありましたが、根気よく、繰り返す。たくさん褒める。心がけたのはそれだけでした。うちの子は、おやつよりも、褒める、遊ぶ、といったご褒美のほうが、効果があったように思います。
     ひとなつっこい、陽気な性格でしたが、頑固なところもありました。物音に敏感で、散歩中に自分の嫌いな音(袋がカサカサいう音が嫌いだったみたいです)を聞いて、そっちに行くのは嫌だと、座り込んでしまったり……。おりこうだけど、自己主張もしっかりする犬といえるかもしれません。
     しつけは楽でしたが、運動は大変でした。一時期、運動不足で太ってしまい、獣医さんに注意を受けました。日々の散歩をしっかりすることが、なにより大切です。大型犬なので、散歩のときにひっぱられると飼い主もケガをしかねませんし、そういう意味でも、飼い主の言うことを聞くよう、しつける必要がありますね。
     運動もそうですし、長毛種なのでお手入れも欠かせません(抜け毛も多いので、掃除も大変です。服が毛だらけになることも)ので、誰でも、どんな環境でも飼える犬ではないと思います。でも、ゴールデンレトリバーは、飼いやすさ、しつけやすさの面でも、性格の面でも、本当におすすめできる犬種です。
  • 投稿者

    20代 女性 ゆず

    家族として一緒に生活して行くために必要不可欠なしつけ。犬の習性や特徴をよく理解してから行わないとなかなか難しいですよね。記事にもありましたが、犬に悪いことをしてしまったという自覚が全くないのが厄介です。人間にとっては問題行動であっても犬にとっては何ら問題のない普通の行動というパターンがほとんどだと思います。例えば、ご近所トラブルになりかねない“吠える”行為は自分のテリトリーや身を守るために行なっているだけですし、遠吠えやマウンティングも犬の習性の一つです。レトリバーに多いのは、スリッパや靴下を加えて持ってくるという収集グセですが、猟犬時代の名残でハンターが捕らえた獲物を咥えて持ってくるという本能からでる行動です。本来飼い主に褒めて貰いたくて行なっていることなので頭ごなしに怒るのは可哀想ですよね。一番良い方法は相手にしないことです。無闇に追いかけ回したりせずに無視していましょう。飼い主さんに構ってもらえない事が分かると自然と直るはずです。その代わり、散歩やブラッシングなどで愛犬への愛情をたくさん注いでコミュニケーションを図る努力をして下さい。
  • 投稿者

    女性 komanu

    人間が大好きで従順なゴールデンレトリバー。
    体も大きく力強いですが、優しい顔立ち、幼い目がかわいらしいですね。
    どのゴールデンレトリバーもおやつ、おもちゃが大好きです。なので逆に言えば、おやつ、おもちゃを使って上手にしつけるのが良いですよ。
    また、名前の由来の「レトリーバー」は「くわえてもってくる」ことを仕事としているからなので、何かを取りに行かせる運動を取り入れると本能が刺激され、精神的にいい効果をうみます。
    これから迎えようとしている方も、すでに迎えている方も、しつけはどんな犬種でも根気は必要ですが、ゴールデンレトリバーはしつけやすい方ではないでしょうか。
    繰り返し、根気よく教えることは犬全般に必要です。
    また、しつけの他にもお手入れ、換毛期もありますので、ブラッシングを毎日してください。
    人懐っこいので、番犬向きではないですが、社交的な性格を持つ犬種なので、いつも人が近くにいる室内飼いがおすすめですよ。
    寒さに強いですが、暑さには弱いのも室内飼いをすすめるひとつの理由です。
  • 投稿者

    女性 Mimi

    ゴールデンレトリバーは賢くて、飼い主にも忠実で素晴らしい犬ですよね。ゴール
    デンレトリバーに関して、日常やテレビでもよく見ると思います。親友がこの犬種の
    ブリーダーをしているのですが、子犬時代は本当にやんちゃでとんでもなく大変だ
    そうです(笑)。元気で良いことなのですが、小さい時からかなり厳しくしつけを
    した方が良いそうです。
  • 投稿者

    40代 女性 ゴル好き

    ゴールデン二頭目。
    間違えたシツケで反抗的になりました。
    オヤツで釣って褒めて。叱らないシツケ。我儘を育て我慢の出来ない子になりました。気質の違いがあるかと思います。トレーナー6人変わりました。
    事実を伝えて欲しい。
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。