【恐怖!】お散歩中の意外な落とし穴が怖すぎる

7359view

【恐怖!】お散歩中の意外な落とし穴が怖すぎる

イギリスでお散歩中に体調が急変したわんこさん達が動物病院に運ばれて来ました。その原因は「ナメクジ駆除剤」が原因だったようです。お散歩中に潜む、危険性について調べてみました。

イギリスで起きたお散歩中のわんこさん達を襲った事故とは...

大きな農場が多い海外では、わんこさんのお散歩に最適な大きな草原が広がっています。
「愛犬を広い場所で遊ばせてあげたい」と農場地帯の草原や農業跡地に、車で連れて行き愛犬を思いっきり走らせて遊ばせてあげる飼い主さんも多いそうです。

しかし、一見なんともなさそうなこの草原でも、わんこさんを危険な目に合わせてしまう可能性が潜んでいるそうです。

イギリスの農業地でお散歩を楽しんでいた、わんこさん達の容態が急変し、突発的な不審死を遂げてしまうと言う事故が起きました。
その周辺では、3頭ものゴールデンレトリバーが同じような症状で不審死を遂げており、わんこさん達の不審死の原因が問われていました。

そして、不審死を遂げてしまったわんこさんの胃の中を調べてみると、正体不明の青い物体が出てきたのですが、ではわんこさんの胃の中から発見されたこの青い物体は、一体何なのでしょうか?

不審死を遂げたわんこさんの胃の中から出てきた「青い物体」の正体とは?

亡くなってしまったわんこさんの胃の中から消化しきれずに出てきたこの青い物体。
この物体の正体は、ナメクジを駆除するための、「スクラグペレット」という害虫駆除剤でした。

このスクラブペレットに含まれている成分「メタアルデヒド」と言う成分が、この様な不審死の原因になってしまったと考えられます。

このメタアルデヒドという成分は、日本でも駆除剤として使用されています。

穀物の粉や糖蜜等と混ぜ合わせてペレット状にし、害虫誘因駆除剤にした、ナメックスやナメキール等。
他の駆除剤を混ぜて作り、ダンゴムシなどを駆除するように開発された、グリーンベイド等。
霧の様に散布できるようにしたマイキラー等。

今回のイギリスで起きたわんこさんの不審死の原因となってしまった、「スクラブペレット」と言う害虫駆除剤の場合、エスプレッソ用の小ぶりなコップの半量程度(約80g)でも、大型犬がメタアルデヒド中毒を引き起こし、死んでしまう程のとても危険な錠剤です。

もちろん私達人間も、この駆除剤を誤って口にしてしまった場合、1~4時間で毒が身体に回り、痙攣、よだれ、下痢やおう吐、酷い場合は、肺水腫を引き起こし過呼吸等の「メタアルデヒド中毒」と言う中毒症状を引き起こしてしまう程強力で、人間の小児の場合、約3gのメタアルデヒドを摂取してしまうと死に至る、非常に危険な害虫駆除剤なのです。

メタアルデヒド中毒を引き起こしてしまった場合の対処方法

薬の吸収を抑えるため、又は薬をお腹から早く出してあげなきゃと思って、ついつい牛乳等を飲ませたり、吐かせようとしてしまいそうですが、それは控えて下さい。

メタアルデヒド中毒が見られた場合、すぐに動物病院に連れて行き治療をしてもらう事をお勧めします。
無処置の場合、食べてから24~36時間後が一番危険な状態に陥るそうです。
ナメクジ駆除剤の毒が身体全体に回る前に動物病院に連れて行き、適切な処置をしてもらう必要があります。

この駆除剤は、糖蜜や穀物の粉を混ぜて作られる薬が多く、わんこさん達にとって好きな風味なのでしょうか?
実はこのわんこさんのメタアルデヒド中毒が、日本でも多くみられるそうです。
少量でも危険な症状を引き起こし、残念ながら解毒剤がない為死亡率が非常に高いそうです。

お散歩中にテントウムシに寄生されてしまったわんこさん

テントウムシと言えば、可愛らしい姿で人気の小さな虫ですが、アメリカ獣医師会が投稿した1枚の画像が「テントウムシは怖い!」と話題になりました。

動物病院にやって来た、わんこさんの口の中に沢山のテントウムシがわんこさんの口の中に寄生してしまうという事故が起きてしまいました。この寄生したテントウムシは、日本でも馴染みのある「ナミテントウムシ」という種類のテントウムシで、赤や黒や黄色のカラフルな姿で人気のある虫ですが、このテントウムシがわんこさんの口の中に入り、テントウムシが出す体液は口の粘膜に反応し、化学科学熱傷を引き起こし寄生し、わんこさんの上あごに一体化してしまう状態となってしまいます。
このような状態になった場合、自然排出は大変困難な状態になってしまい、ピンセット等で引きはがさないといけないみたいです。

わんこさんの体やしぐさに注意しながら、お散歩を楽しみましょう!

この様にわんこさんとのお散歩には、注意が必要です。
拾い食い等に注意して、安全なお散歩場所を把握し、わんこさんの毎日の体調の変化にすぐに気づけるように気を付ける事が重要なのかもしれません。

以前、私は猫さんと暮らしていたのですが、家の中から逃げない様にと注意して生活していたのですが、ちょっとした私の不注意でお家から出てしまい、その猫さんは3日後に帰って来たと思ったら、ベランダで泡を吹いて倒れていた事がありました。
慌てて動物病院に連れて行き処置をしてもらったのですが、間に合わず、その猫さんは亡くなってしまいました。
原因は農薬で、発見した時にはすでに手遅れになっていたようです。
その後、「もう少し注意しておけばよかった」、「あの時もっとよく探すべきだった」と後悔をしましたが、後悔しても仕切れない辛い出来事として心に刻まれました。

皆さんもそういう辛い思いをしないように、普段からわんこさんとの生活に気を付けて、お散歩中も何が起こってしまうか分からないので、注意して下さい!

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛犬の為にもなる情報をみんなで書き込んで、犬と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

この記事をシェアする

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除処理、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。
「過度と捉えられる批判的な書き込み」「誹謗中傷にあたる過度な書き込み」「荒らし行為」「宣伝行為」「その他悪質と捉えられる全ての行為」
※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。