犬にささみを食べさせても大丈夫?与える際の注意点やおすすめのおやつ

犬にささみを食べさせても大丈夫?与える際の注意点やおすすめのおやつ

犬にささみを食べさせても大丈夫でしょうか?良い効果が期待される成分や、ささみを使ったおやつを与える際の注意点、おすすめ商品や選び方などわかりやすく紹介します。

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

犬にささみを与えても大丈夫?

鶏のぬいぐるみを加えた犬

犬のフードのトッピングや、手作り食の材料として使われることが多いささみ。キャベツなどの野菜と組み合わせることで、ヘルシーだけどボリュームがある、ダイエット中の犬の満足感を満たしてくれる定番の食材です。

そんなささみは、体の様々な部分に働きかけたり、体の基礎を作ってくれる重要な食材だったのです。

犬にささみを与えても大丈夫です!

まな板の上の鶏肉

まず結論からいえば、鶏のささみは「犬に与えても大丈夫」な食材です。

ご存じの方も多いかもしれませんが、様々な犬専用フードの材料として、鶏肉が使用されています。その事からも、犬に与えても大丈夫な食材であることは間違いないでしょう。

ささみは鶏のむね肉と骨に挟まれている部分のお肉です。高タンパクでありながら低カロリーです。

淡白な味なので様々な食材との相性が抜群で、腹持ちも良いため、ダイエットや筋トレ時の栄養源としても多く利用されています。

そんなささみは、愛犬の健康を支えるものとして、ぜひ食事に取り入れてもらいたい食材のひとつです。

ただし、与える際に注意して頂きたいのは、他の部位や牛、豚などの肉類と比較するとリンの含有量が高めな食材であることです。リンの過剰摂取は、骨のカルシウム量を減少させると言われています。

常食として毎日与えるのは避けましょう、特別な日のフードのトッピングや、他の食材とのローテションで使うようにすることが大切です。

ささみの成分と犬への与え方について

野菜と鶏肉

特徴

高たんぱくで、ビタミンやミネラルが豊富なのが特徴です。その中でもナイアシンとセレンの成分が非常に高く、炭水化物や脂質はほとんど含まれていません。

体に良いと思われる成分の詳細

たんぱく質

筋肉や臓器、皮膚、血管などの基礎となる組織から、ホルモンや酵素、免疫抗体に至るまで、体の様々な部位をつくる上で不可欠な栄養素です。

たんぱく質は、約20種類のアミノ酸が結合したものですが、食品から摂取しなければならない必須アミノ酸がバランス良く含まれていると言われています。

ビタミン(ナイアシン)

ナイアシンはビタミンB群の一種で、エネルギー源となる糖質や脂質の代謝を促進します。

脳の神経伝達物質の生成に不可欠なもので、脳神経の働きをサポートしたり、皮膚や粘膜の強化にも役立っています。

ミネラル(セレン)

活性酸素を分解し、体を酸化から守る働きをします。

これは、有害物質を排除するグルタチオンと、中性脂肪などが活性酸素により酸化し有害になった過酸化脂質を引き合わせ、有害物質を排除する抗酸化酵素グルタチオンペルオキシターゼの主成分がセレンであるためです。

有毒活性酸素と言われるヒドロキシラジカルを除去する働きがあり、ガンの抑制にも役立っています。

ささみを与える際のポイント

食器の前に伏せるバーニーズ

調理と与える際のポイント

新鮮なものであれば、1分程度お湯で軽く茹でた半なまでも食中毒菌の心配も少なく、寿命を左右するといわれる酵素を補給することができます。半なまに抵抗を感じる場合は、しっかり火を通してから30℃くらいに冷まします。

与える際は、どちらの場合でも1cm角に切って、アクを丁寧に取り除きます。

ささみの茹で汁は捨てずに、スープとしてフードにかけると食欲を増進させたり、水分摂取量を増やすことができます。やけどや食材の栄養素を壊さないためにも、必ず人肌程度に冷ましてからごはんにかけるようにしてください。

ささみには、血行を良くし体を温めたり、消化器の働きを良くする効果もあります。免疫力を高めたり、消化吸収も抜群なので、お腹の調子が良くないときにも与えられる食材として有効です。

また、良質なたんぱく質が豊富で低脂肪なので、オメガ3脂肪酸が豊富な魚や、ナトリウムやカリウムのバランスを良くしてくれる海藻やきのこ、コレステロールや不要なものを排除してくれる卵黄などと一緒に与えることで、血液循環や心臓機能の向上にも一役かってくれます。

保存について

新鮮なものをその都度調理するのが理想的です。必ず冷蔵保存で、3日以内には食べきれるようにしましょう。

生肉は1食ずつ小分けに冷凍することで、1カ月程度の長期保存が可能になります。

まとめ

犬 鳥 フード

今回は、犬にささみを食べさせることについてまとめてみました。

新鮮な肉、魚、野菜などの食材にはそれぞれに異なった栄養素が含まれており、加工されたフードでは補うことが難しいとされる、水分や酵素の補給、解毒作用の効果がとても大きいと言われています。とくに新鮮なささみは、犬にとって素晴らしい健康食と言える食材です。

ただし与えすぎると、主成分であるタンパク質やリンの過剰摂取など、内臓に大きな負担をかけることが考えられます。

体質や目的に合わせて食材を上手に使い分けること、そして様々なものをバランスよく与えることが体に良い栄養素を効果的に取り入れることに繋がるのです。

▼犬が食べてはいけないものについてもっと知りたい方はこちら

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    40代 女性 SUSU

    ささみはワンコに与える食材の中でも定番といっていいほどよく使われる物の1つですね。市販されているワンコのおやつにもささみを使った商品が多く、そういった意味でも飼い主さんが抵抗なく与えることが出来るのかなと思います。
    記事にもあるように、ささみはリンの含有量が多いと言われている食材です。リンが多い場合にはカリウムが多い食材、かぼちゃ、アスパラ、茄子、白菜、水菜などと組み合わせることによって相殺されますが、出来るだけ様々な食材から栄養を吸収するという意味では、ささみばかりを与えるのではなく、ローテーションの1つにするということで良いのではないかなと思っています。
    ささみに限らず、鶏肉は消化の働きを助けてくれるばかりでなく、体を温める効果もあり免疫力を上げる意味でも大切なタンパク源です。アレルギーがないワンコであれば積極的に取り入れたい食材だなという認識を持っています。
    ちなみに、最もリンの含有率が低い鶏肉の部位はモモ肉だそうです。他にも手羽先は血管を強くしコラーゲンも豊富で肌の潤いにも効果的と言われています。ビタミンAも豊富で粘膜を強くし身体の回復を助ける働きもあるそうです。ムネ肉もビタミン、ミネラルが豊富でビタミンKやB6、ナイアシン、パントテン酸も含まれており、皮を除けば脂肪分も少なく、ササミよりもリンの含有率が低いため、ワンコにとっても理想的な食材だと思います。

    我が家では、よく皮を取り除いたムネ肉やササミを使ってジャーキーを作ります。スーパーなどでしゃぶしゃぶ用に薄くスライスして売られているムネ肉がある場合にはそれを使い、ないようであれば包丁で薄くスライスします。ささみも同様です。
    オーブンやトースターで焼くか、食品乾燥器で7時間程、乾燥させると出来上がりです。オーブンやトースターで焼く方が香りがたちやすくワンコのくいつきも断然良くなるのですが、焼くことによって多少、油分が出てしまいます。
    ダイエット中のワンコや気にされる方は乾燥器又は天日干しがお薦めです。我が家では6時間ほど乾燥器で乾かした後、半日程度、天日干しをしています。真夏であれば天日干しだけでも1日で出来上がります。
    合成保存料だけでなく一切の保存料が不使用で、正真正銘の無添加無着色ジャーキーの出来上がりです。涙やけや湿疹、足裏が赤く腫れていたり、耳にアレルギーが出ていたりといった疾患に悩んでいるワンコの中にはおやつの添加物が原因のワンコも多いそうです。
    すぐに良くなるわけではなく、与えた分だけ排出には時間がかかると思いますが、おやつを変えてみると変化が出てくる場合もあるそうです。
  • 投稿者

    40代 女性 PESCA

    鶏のささみ肉についての栄養素や気をつけなければならないことがとてもよくまとめられていて、参考になりました。
    特にささみは使いやすい食材でもあるので、わんちゃんに食べさせる上で注意しなければいけないことを頭に入れておくのはとても大事ですね。

    我が家では手作りごはんに時々ささみを使いますが、水分が多めの胸肉とはまた違って風味も良くて、愛犬もとても喜んで食べてくれます。
    筋もわんちゃんの身体に良いので、もちろんそのままで・・。ささみは小さめなので火の通りもよく、時間がない日のお夕飯など調理時間が短くて済むのも嬉しいところですね。

    また先日、丸鶏でスープを作ったのですが、とても大きな丸鶏の中にささみは本当~に小さくて・・いつも気軽に買っていたけど貴重なお肉なんだなあと思いながら、人間とわんこで分け合っていただきました。


    ささみでジャーキーを作ると、香ばしくとても香りのよいおやつが出来上がります。これもまた、あっさりとした胸肉とは違うところ。
    良質な蛋白質が豊富で、またわんこにとって消化吸収がとても良いお肉なので、トレーニングやスポーツをされているわんちゃんのおやつにも最適です。
    ただ記事にも書かれてあるように、リンが多めなのであげすぎには気をつけないといけませんね。

    この記事を拝見していて、あらためて気をつけてあげることを再認識致しました。
    またこれからどんなごはんを作ってあげようかな~と楽しい気持ちで読むことができました。

  • 投稿者

    女性 Momoko

    我が家では愛犬の病気をきっかけに、愛犬のご飯はなるべく手作りにしています。
    ささみは手作りフードでは定番です!タンパク質も多いし、余分な脂も少ないので
    人間である私たちにとっても良いですよね。愛犬用には、ささみはいつも野菜やご
    飯などと一緒に茹でて、おじやのようにして使っています。この時に調味料は何も
    入れませんよ。愛犬が嬉しそうに食べてくれるので、嬉しいです。
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。