シェルターで愛されていたハスキーの追悼動画に世界中が悲しみの声(まとめ)

シェルターで愛されていたハスキーの追悼動画に世界中が悲しみの声(まとめ)

お気に入りに追加

シェルターに預けられたハスキー犬のスヌーピー。1年ほどシェルターで過ごし、スタッフが里親として引き取ろうとした矢先、病気で虹の橋を渡ってしまいました。スヌーピーの追悼動画に世界中が涙しています。

13999view

シンガポールにあるアニマルシェルター「Save Our Street Dogs(SOSD)」がFacebookへアップした1つの動画に多くの人が涙し、悲しみの声をあげています。

2015年8月にSOSDへ預けられた、オスのハスキー「スヌーピー」。
スヌーピーは飼い主が海外へ移住するため手放すしかなく、シェルターへ連れてこられました。

シェルターでは彼の新しい飼い主を見つけるため様々な活動をしましたが、その時既に9歳と高齢だったスヌーピーは視力をほぼ失っている状態で、なかなか飼い主になってくれる人は現れませんでした。

最初は1人で行動していたスヌーピー。
次第にSOSDのスタッフさんやボランティアさんに心を開き、シェルターで楽しく遊ぶようになったそうです。
特にスタッフのアンドリューさんはスヌーピーのことをとても可愛がり、スヌーピーもアンドリューさんにとてもなついていました。
そして、アンドリューさんは年末に犬を飼えるような新居への引っ越しを計画し、スヌーピーを引き取ることを決めました。

スヌーピーを家族に迎え入れようと計画していた矢先、スヌーピーの腸に感染症が発症。
懸命な看病が3日続きましたが、スヌーピーはそのまま虹の橋を渡ってしまいました。

彼の葬儀は8月12日に行われ、そして、その日アンドリューさんは正式にスヌーピーの里親になったそうです。
 

↑このスヌーピーの動画を見た人から、彼の死を悲しむ声がたくさん寄せられています。

Snoopy. Have a fantastic time in Dog Heaven k? Everyone will miss you here. Especially your daddy.
(スヌーピー、犬世界の天国で素晴らしい時間を過ごしているよね?みんなスヌーピーがいなくて寂しがっています。特にあなたのお父さんがね。)

出典:https://www.facebook.com

You have crossed the rainbow bridge. Rest in peace, Snoopy.
(虹の橋を渡ったんだね。安らかに眠ってね、スヌーピー。)

出典:https://www.facebook.com

たくさんの人に見守られ虹の橋を渡っていったスヌーピー。
スヌーピーは、里親になったお父さんのことやSOSDのスタッフのこと、世界中のスヌーピーとの別れを悲しんだ人たちのことを、天国から優しく見守っていることでしょう。

「Goodbye, Dear Snoopy.」

SOSDがYoutubeにアップした、スヌーピーへの思いを込めた動画もあります。
 ↓↓↓

▼シベリアンハスキーについて詳しく知りたい方はこちら
シベリアンハスキーの性格や特徴、子犬の値段や飼い方まで

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。