世界を旅した「オスカー」の冒険『ワールド・ウーフ・ツアー』(まとめ)

世界を旅した「オスカー」の冒険『ワールド・ウーフ・ツアー』(まとめ)

お気に入りに追加

安楽死させられる1日前に救われた命、それが「オスカー」です。オスカーくんは、数々の可愛らしい写真とともに、同じ境遇の犬たちに夢と希望を与えてくれました。

3425view

オスカーくんとジョアンさんの15万キロに及ぶ旅

オスカーくんがいたのは、南アフリカのケープータウンにあるシェルター。そうです、オスカーくんは保護犬だったのです。

安楽死させられる前日、ギリギリのところでオスカーくんを引き取ると名乗り出た女性がいました。その女性がJoanne Lefson(ジョアン・レフソン)さん。ここから、オスカーくんとジョアンさんの旅が始まるのです!

『ワールド・ウーフ・ツアー』と題したその旅には、綿密な計画と準備に16ヶ月もの期間が費やされました。すべては、世界中のシェルターで保護されている4億7,500万匹の犬のため。飽和状態のシェルターの現状を知ってもらうため。

「犬を飼うなら、保護犬を救ってほしい。」

2009年5月2日、ツアー開始!

万里の長城で、パシャリ。

マサイ族のジャンプ力は、やっぱりすごい。

ロマンチック♡

高所恐怖症なんですけど。

9ヶ月で、5大陸31ヵ国の66の動物福祉施設を訪れました。その距離なんと15万キロ!2万匹の保護犬を励まし、希望を与えました。

チベット僧侶に質問。

危ない、食べられるところだった。

どこにいるかわかる?

 
おもちゃ見張っててね~。

サインしました。

 
結婚しました。

″1匹の犬を引き取ったところで世界は変わらないけれど、その犬の世界は変えられる。オスカーのようにね!″

出典:https://qoon.jp

オスカーくんは、2013年1月11日、カリフォルニアで交通事故に巻き込まれて虹の橋を渡りました。ジョアンさんと歩んだ第2の人生。短くても素敵なものだったと信じています。
ジョアンさんの活動は続きます。
きっと、オスカーくんもまだまだ旅の途中。多くの犬に希望を与えたオスカーくんが、楽しい旅を続けられるよう祈っています。

ジョアンさんと
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。