健康は食事から!「ROYALCANIN低分子プロテインpHコントロール」を使った食事療法

【獣医師監修】健康は食事から!「ROYALCANIN低分子プロテインpHコントロール」を使った食事療法

尿石症とは、わかりやすく言うと尿路結石です。尿路に結石ができてしまい、痛みを伴ったり、大きな病気を引き起こす可能性のある症状です。そんな辛い状態からすこしでも早く解放してあげたいですよね。今回は私が以前使わせていただいた「ROYAL CANIN低分子プロテインpHコントロール」という食品について解説したいと思います。

はてな
Pocket
お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

ROYAL CANIN低分子プロテインpHコントロールとはどんな商品?

ROYAL CANIN低分子プロテインpHコントロール

主に獣医師専用で、動物病院専用の犬用食事療法食です。

低分子プロテイン+pHコントロールは、食物アレルギーによる皮膚疾患や消化器疾患で下部尿路疾患(ストルバイト結石症およびシュウ酸カルシウム結石症)の犬に与えることを目的として特別に調整して作られた食事療法食です。

この商品は、食物アレルギーの原因となりにくい加水分解タンパクを使用して、下部尿路疾患に配慮してマグネシウムなどのミネラル成分を調整しているそうです。

ROYAL CANIN低分子プロテインpHコントロールの特徴とは?

高消化性で、食物アレルギーの原因となりにくい低分子ペプチド源として、加水分解大豆たんぱくを使用しています。

尿中のストルバイトやシュウ酸カルシウムの飽和度が高くない、健康的な尿を維持するように、ミネラルなどの栄養バランスを調整しています。

亜鉛、リノール酸複合体とともにビオチン、ニコチン酸を配合し、健康を維持することで皮膚が本来持つバリア機能を維持します。

噛むことによって歯石が沈着しにくく歯の健康を維持し、ポリリン酸ナトリウムを配合しています。

最後に

愛犬がこの食事療法になったきっかけは、やはりストルバイト結石症です。

病院の先生に勧めていただき、この商品を試してみることになりました。

最初は前のごはんと違うからかまったく食べなかったのですが、ささみをトッピングするようになってからは食べてくれるようになりました。

粒の大きさは小型犬でも食べやすい小粒タイプで、食べにくそうだなと感じたことはありません。

既にストルバイト結石症は完治しているので、普通のドッグフードに戻した事もありますが、数値が悪くなったため、また元に戻しました。

今では大変重宝しているこのドッグフードですが、わが家の子には、この「ROYAL CANIN低分子プロテインpHコントロール」を使った食事療法が一番合っているのかなと思っています。

ROYAL CANIN低分子プロテインpHコントロール
▲小粒タイプの「ROYAL CANIN低分子プロテインpHコントロール」

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。