獣医師が監修した犬靴専門ECサイト『docdog』がオープン!

4100view

獣医師が監修した犬靴専門ECサイト『docdog』がオープン!

貴方は愛犬に「靴」を履かせますか? 2016年8月に犬向けの靴と靴下を販売するサイトがオープンしました。このサイトは獣医師監修の下で運営されています。そんな犬の健康を考えた靴専門サイトを紹介します。

服を着たスポーティな犬

犬靴専門ECサイトがオープン

2016年8月9日にdocdog公式通販サイトがオープンしました。

このサイトは「人が犬をもっと知る」「犬と人が元気に過ごす」「犬も人とつながる」そんなテーマを掲げ、獣医学の研究者達と物作りのプロ達が一緒になって商品を開発し、よりよいドッグライフを提案しています。

今は一人暮らしでも犬が飼える時代です。
様々な犬種がいて、数多くのペットにまつわるサービスがあり、犬が人の社会の中に深く根付いていると言っていいでしょう。

古くから、信頼でき有益で重要な人のパートナーとして活躍してくれている犬に対し「よりよい暮らし」を提供することは当然と言えますよね。

この靴や靴下専門店は貴方の愛犬・貴方自身のドッグライフの
『犬のより良い暮らし』
『人が犬をもっとよく知る』
ということに重要な役割を果たしてくれるはずです。

「どうして?」と思うかもしれません。
「犬に靴なんて不要でしょう?」そんな風に思うかもしれません。
でも、一度、このサイトを見てみてください。
きっと「犬のこと、より良いドッグライフをもっと知りたい!」と、そんな風に感じるられるはずですよ。
docdog.jp

ハァハァと喘ぐように息をするチワワ

肉球の火傷に要注意!

肉球と聞いただけで頬が緩む愛犬家の方は多いと思います。
肉球は人を和ませる効力を持つのは当然ですが、次のような役割を担っています。

  • 汗腺があり、汗を出す
  • しっとり湿っていて、歩行補助の役割を果たす
  • クッション性があり、着地、走行、歩行などの際に骨に掛かる負担を和らげる
  • 触覚によって触れた物を認識する

子犬の頃の肉球はとても柔らかくプニプニです。
成長して日常的にいろいろな物に触れるようになると徐々に固くなってきます。

肉球は角質層・ケラチン・分厚い脂肪などによって構成されていて、神経や血管はかなり奥にあります。
このため、多少の衝撃や熱、化学物質などが触れてもケガはしません。
しかし、真夏のアスファルト、高濃度の薬品などが触れるとヤケドや傷ができます。

肉球は常に床や地面に触れる場所であり、犬自身が舐めたり掻いたりできます。
このため、肉球に傷ができると治りが悪く、膿が溜まったり、更に傷が深くなるなどのトラブルに発展しやすいと言われています。

肉球トラブルで最も多いのが真夏の散歩です。夏の昼間、アスファルトの表面は60℃を超える状態になっています。

そんな所を人が素足で歩けるでしょうか?
 
お風呂の湯温を連想すると解りやすいかもしれません。
60℃のお湯に貴方は足を漬けられますか?

真夏の昼間、愛犬を散歩に連れ出すということは60℃のお湯に貴方が入ろうとするのと同じです。
8月の最も暑い時期は、夜になってもアスファルトは熱いままのことがあります。そんな所を散歩する……。
想像するだけで愛犬の肉球・足が心配になりませんか?

犬靴専門ECサイトでは、こうした身近なトラブルから愛犬を守るために便利な『犬用靴下』『犬用靴』が販売されています。
ファッションではなく、愛犬の愛護のために散歩グッズとして持っておきたいアイテムですね。

犬目線で日常を考えると見えてくる『犬に関する知識』を改めて教えてくれるサイトであり、より良いドッグライフを提案してくれるサイトと言えるでしょう。

夕方散歩する犬

まとめ

アメリカでは実に4頭に1頭が靴を履いていると言われています。
これは、愛犬と一緒にランニングやウォーキング、トレッキングといったスポーツを楽しむ習慣があるから、と言われています。

『愛玩犬として犬を可愛がる意識』が強い日本とは、人気犬種も異なるので一概に比べることはできません。

しかし、固いアスファルトの上を歩くことによるケガやヤケドの予防、老犬の固くなった肉球ケア、除草剤などの化学物質から皮膚を守る役目、災害時のケガ予防など、靴下や靴が果たす役割は日本でも大きいと考えられます。

靴や靴下を履く、ということ事態に慣れさせる必要がありますが、万が一を考えて散歩グッズ・防災グッズとして常備しておくのはいかがでしょうか。

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛犬の為にもなる情報をみんなで書き込んで、犬と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

  • 40代 女性 rose

    肉球が荒れやすいため、一度靴をトライしてみたのですが、やはり慣れが必要なようで歩かず、必死に脱ごうとしてしまい難しかったです。そのためソックスタイプなら、とソックスもトライしてみたのですが、気が付くと脱げていたり、犬の靴やソックスは履かせるのに苦労します。
    肉球に傷があるときは、雨の日や路面が濡れているところを歩かせるのは気が引けるので、出来たら防水仕様の靴を履かせたいのですが。
    紹介されていたdocdogのサイトに足サイズの測り方のシートがダウンロードできるようになっていたので、サイズが違ったのかもう一度愛犬の足のサイズを確認してからトライしてみようかなと思います。震災時の備えのためにも、一組持っていると安心かもしれませんね。
  • 30代 女性 みかこ

    足や肉球を負傷していたり、疾患のストレスにより足を噛んでしまうため、やむを得ず愛犬に靴下を履かせている飼い主さんに多く出会ってきましたが、このような、専門のサイトがあるのは初めて知りました。本来なら、自然の形である素足がいいのだろうとは思いますが、夏場のアスファルトの温度、ジューズや酒瓶のガラスの破片の散乱等、無防備な愛犬の足に日本の街はあまり優しくないのも現実で、考えさせられますね。我が家の愛犬は、洋服の着用には慣れていますが、靴下は未体験です。災害時、これから来るシニア期に備えて、いざという時の慣らしておきたいと思いますし、獣医師監修で飼い主目線も汲み取ってくれる商品が揃っているので、ぜひ試してみたいと思います。
  • 40代 女性 匿名

    我が家の大型犬は、数年前にちょっと散歩中に何かを踏んで肉球に傷がついてから、薬などで様々治療をしたのですが、なかなか足裏が良くならず、バイ菌が入ってはいけないので包帯や靴下等ありとあらゆるものを試しました。包帯は人間用のピタッとくっつく包帯を愛用していましたが、その都度使い捨てにするとコストがかなりかかるので、散歩用に雨に濡れても履ける靴下を購入しました。(写真有)これは、履かせる時に狼爪を注意しながら結構口を伸ばして履かせるので大変ですが、履いてしまえば脱げにくいし、更に脱げにくくする為に靴下止めもセットで付いてくるので使っていました。
    今回、犬靴専門サイト「docdog」がオープンしたそうですので、次回購入する際に訪問させてもらおうかと思いました!
  • 40代 女性 SUSU


    犬用の靴や靴下があることは知っていましたが、docdogのことは初耳でした。

    確かに、真夏の真っ昼間に飼い主は日傘を差しながらワンコがアスファルトをお散歩している光景は何度も目にします。その度に「暑いだろうに・・・」と気の毒に思っていたものです。
    基本的には、真夏の暑い時間にお散歩に行かないということが大前提ですが、外でしかトイレが出来ないワンコの場合など、やむを得ず歩かせないとならない際には、このような靴や靴下は良いのかもしれませんね。

    お散歩後の犬の肉球については、気にされる方も多いようです。外は菌でいっぱい、靴や靴下を履かせたり、毎日、お散歩後に洗ったり、除菌スプレーをかけるなどといったことも聞いたことがあります。
    汚いからといって、土や緑の多い場所では抱っこをしアスファルトしか歩かせないといった方がいたり、逆に、硬くなってしまうからとアスファルトの部分は歩かせずカート移動のワンちゃんに会ったこともあります。

    肉球はパピーの頃はプニプニでもだんだんと硬くシワシワになっていってしまうものですが、栄養状態によっても多少変わってきます。
    我が家の愛犬は、手作り食を始めるまでの5年間、パピーの時期を除いて肉球はだんだんと硬くなっていき、がっしりとした印象でした。
    身体は食から作られるんだという当たり前のことに気づいてから、添加物を見直し、フードだけでなく手作りのご飯もローテーションに加え、季節の食材など、様々な物から栄養素を取り入れられるようにしました。
    その結果、シニアになった今でも肉球はフカフカになり、以前のような堅さはありません。
    以前、ワンコと暮らしている知人が我が家に遊びに来て愛犬の肉球を触った時には、お散歩ちゃんと行ってるの?と訝しげに聞かれたこともあります。

    肉球はとても敏感で繊細なパーツです。個人的な意見ですが、その肉球で土や緑の感触を味わったり、アスファルトの固さも学んだりする重要な部分であるため、健康上、問題のないワンコであれば素足でお散歩をすることが脳を刺激する意味でも大事なのではないかなと思っています。過度に洗ったり、消臭スプレーをかけることもワンコにとっては非常にストレスがかかるだけでなく、気にして舐め壊すことで湿疹なども出来やすくなるのではないかなと考えています。

    肉球が硬くなってしまうから、シワシワになってしまうからといった理由であれば、食生活を改善することである程度の変化は期待出来るため、敢えて靴や靴下を履かせず自前のクッションでカバー出来る身体作りを考える方法もあります。

    ただ、肉球に怪我をしているなど保護しなければいけない事情がある場合には、このような専門サイトの存在は飼い主さんにとって非常にありがたいことですね。ペットショップなどでも靴や靴下は売られていますが、多少のサイズ感だけで購入し、合わないことで苦手意識を持たれてしまうよりも、このような専門サイトでしっかりと選ぶ方が近道になるのかもしれません。

    サイトを確認しましたが、ワンコの脚のサイズの計り方、測定用シートの準備もあり初心者の方にも親切なサイトだなと思いました。
    不安な点としては、靴や靴下が初体験のワンコで履いてくれるか分からない場合には、試しに買ってみるには少々勇気がいるお値段だなという点だけなのかなという気がしています。
  • 40代 女性 のの 

    私も犬を飼っている一人として愛犬に靴を履かせることに賛成です。賛否両論あるのはわかりますが、犬を飼い始めて10年余り、だんだんと肉球が固くなってきてしまいひび割れのようなささくれのような状態になってきてしまいました、病院でお薬をいただいて塗っているのですが、脚は常に使うもの、治りが遅く塗ってもすぐに舐めてしまうので効果があるよ言うには思えません。何度か靴を履かそうと試みたのですが、気になるようですぐに取ってしまいます。パピーの頃から慣れさせていた方がいいのでしょうね、今の状態がとても痛々しく可哀想で散歩に行くときはなるべくアスファルトの上は歩かせないようしています。出血しているようなことはないのですが、ザラザラで触るのも嫌がります。家の中は履かせる必要はないと思いますがアスファルトの上だけでも履かせられるといいですね。今は丈夫で機能のいいもが沢山出ていますのでよく選んで買い手に散歩させてあげたいです。
この記事をシェアする
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。