ワンコが先生!?小学校で児童と共に生活する犬から学ぶ事こと(まとめ)

ワンコが先生!?小学校で児童と共に生活する犬から学ぶ事こと(まとめ)

お気に入りに追加

ある女子小学校には生徒と共に授業を受けるわんちゃんがいます。その犬の名はベローナ。ベローナは子供たちと共に遊び、生徒たちに思いやりと責任感を持ってもらうため一緒に過ごしています。

6394view

小学生と犬が共に学校生活を送る取り組み

立教女学院小学校には、エアデールテリアのベローナという犬が、生徒たちと共に同じ教室で授業を受けています。
ベローナは3代目の学校犬として、生徒たちと学校生活を共にしています。

ベローナをお世話する人を、初代学校犬であったバディの名にちなんで「バディ・ウォーカー」と小学校では呼んでいます。
今年はバディ・ウォーカーを志願する生徒が、72名中51名と71%もの生徒が手を挙げてくれたそうです。
その中の6年生の希望者によって散歩や食事、ブラッシングなどのお世話をしています。

この学校犬の取り組みは、13年前に小学校の先生で聖書の授業を担当する吉田太郎先生が、「学校に犬がいたら楽しいだろうな」と考えた事によって始まりました。
初代学校犬のバディは、発起人である吉田先生の飼い犬です。
2代目の学校犬は、バディの娘であるリンク。
バディとリンクが亡くなったときは、小学校にあるチャペルでお葬式をしたそうです。

現在、小学校にはベローナの他に、東日本大震災で被災したウィルとブレスがいます。
3頭たちは生徒たちの遊び相手でもあり、思いやりと責任感を持つことを教える先生でもあるそうです。

学校犬と過ごすことに対し、「保護者や児童たちから学校が楽しい」「リラックスできる」などの声がたくさん寄せられており、「学校犬たちが教師と児童の仲介者として、円滑のコミュニケーションの手助けをしてくれている」と吉田先生は話します。

動物と触れ合うことで思いやりの心を身に付ける教育「動物介在教育」

動物介在教育とは

berona2

Animal Assisted Education(略してAAE)は日本語で動物介在教育という意味です。
動物介在教育とは、動物と直接触れ合うことで、命の大切さや動物への思いやり、責任感などを学ぶことを目的としています。
実際に触れ合うことで、子供たちの自主判断能力の向上、集中力アップ、共感性の増加などの成果が報告されているようです。
現在、普段の学校生活や総合学習の授業など、プログラムの1つとして取り入れている学校が増えています。

動物介在教育の導入実績

帝京科学大学AAE

berona3

帝京科学大学の学生が有志で集まった帝京科学大学のAAEでは、地域の小学校で動物たちと触れ合う活動をボランティアで行っています。
実際に触れ合う動物たちは、犬や猫、ネズミ、馬、うさぎ、鶏などで、大学生たち自ら飼育する動物や牧場から借りてくる動物、小学校で飼育されている動物たちです。
動物に触れる以外にも、川遊びや動物クイズなども行っています。
そうした動物たちとの触れ合いにより、動物への関心、多くのことを受け入れることができる広い心を養うことを目的としています。

公益社団法人 日本動物病院協会「JAHA」

berona4

JAHAでは、動物との触れ合いで心を癒す動物介在活動(AAA)、医療現場で治療のため動物を用いる動物介在療法(AAT)、動物介在教育(AAE)の活動を総称してCAPP(Companion Animal Partnership Program (人と動物のふれあい活動))呼び、
家庭で幸せに暮らす動物たちが、高齢者施設や病院、学校などを訪問し、動物に触れ合ってもらうためにボランティア活動を行っています。
1986年から活動を行っており、現在までで18,281カ所訪問しています。

動物介在教育に期待すること

berona5

犬たちと触れ合うことで、動物の触れ合い方やどうすることで喜んでくれるのか、どれぐらいの強さで叩くと怖がってしまうかなど、動物との接し方を理解することができます。
そして、先述している思いやりの心や責任感、命の大切さという学校教育だけではなかなか教えることのできないことを、犬たちと過ごすことで身に付くことができます。

近年の犯罪は低年齢化しているとテレビで目にする機会が増えてきたかと思いますが、その理由の一つとして、人の命をゲーム感覚で扱う子供たちが増えてきたことがあります。
そういった命に対しての軽い考え方を、動物介在教育によって改めさせてくれるのではないでしょうか。
『世話をしていた動物が死んでしまったらこんなに悲しい』ということを経験している子供たちは、大人になってその悲しさを自分たちの子供たちへ教え、命の大切さを引き継いでいくに違いありません。

まとめ

berona6

犬たちとの触れ合いは、子供たちにたくさんのことを教えてくれるはずです。
しかし最近の教育現場は様々なことに過敏になっています。
犬が学校にいることは子供たちにとって脅威になるのではないか、アレルギー体質の子がいたらどうするのか、など様々な意見が保護者から出てくることでしょう。

しかし、人とのコミュニケーションが取れない子供が増えている中で、犬たちはきっとそんな子供たちの手助けをしてくれるはずです。
教育現場へ犬を取り入れる方法での問題点を解決し、これから益々動物介在教育が浸透していくことを私は願います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。