ボストンテリアの性格や特徴、飼い方や値段まで

ボストンテリアの性格や特徴、飼い方や値段まで

お気に入りに追加

ボストンテリアについてまとめました。皆さんは、ボストンテリアといえばどんな性格を思い浮かべますか?その愛らしくいじらしい性格は、多くの愛好家を魅了しています。ボストンテリアの性格や特徴、その歴史などをご紹介します♪

4830view

ボストンテリアの性格

見上げるボストンテリア

  • 賢い
  • 甘えん坊
  • 活発
  • 温和
  • 頑固

賢い

ボストンテリアは、非常に利口でお行儀が良く、その振る舞いと被毛の柄から「タキシードを着た紳士」「犬界の小さな紳士」などと呼ばれることもあるほどです。また、飼い主や家族の顔色を伺うような繊細さも併せ持ちます。

甘えん坊

ボストンテリアは非常に甘えん坊な個体が多く、分離不安症気味になることもあるため、他の犬種と比べても、お留守番は苦手とされています。また、飼い主さんを想うばかりに、他の犬や小さな子供などに対して嫉妬心を抱くことも少なくありません。

活発

ボストンテリアは、とても陽気で活発な性格をしています。そのため、上手く関係を築くことができれば、小さな子供とも仲良く遊ぶことができます。運動量も多く、飼い主や家族と遊びながら過ごすことを好みます。

温和

ボストンテリアは、非常に穏やかで優しい性格をしています。正義感も強く、とても愛情深いため、JKC(ジャパンケンネルクラブ)でもボストンテリアの性質を「比類ない家庭犬」と称しています。

頑固

ボストンテリアは穏やかで利口な性格をしていますが、非常に頑固な一面も持ちます。そのため、子犬期からの一貫したしつけが必要になります。

ボストンテリアの特徴

ボストンテリアの全身写真

ボストンテリアの外見的特徴をご紹介します。

大きさ(体重、体高)

ボストンテリアの体重は個体によって幅が大きいため、JKC(ジャパンケンネルクラブ)では、6.8kg未満、6.8kg~9kg未満、9kg~11.35kgの3段階に分類されています。ちなみに、アメリカではライト6.8kg未満、ミディアム6.8kg~8kg、ヘビー9kg~11.35kgに分類されるようです。体高については定義されていませんが、28cm~43cmと、こちらも個体や性別による差が大きいようです。

被毛(毛色、毛質)

ボストンテリアの被毛は、短毛のスムースコートです。ボストンテリアの毛色は、「ボストンカラー」と呼ばれることもあるブリンドル(虎毛)と、シール(一見ブラックに見えるが、明るい場所で見ると赤みがかって見える毛色)、ブラックなどをベースに首、胸、マズル、両目の間にホワイトのマーキングが入っていることが定義されています。このホワイトマーキングがまるでタキシードを着ているようだと表現されることもあります。

このホワイトのマーキングについて、JKC(ジャパンケンネルクラブ)では、ホワイトのマズルバンド、目の間と頭部を越える均一なブレーズ(両目の間から鼻みねまでの中央を通る白い線)などを望ましいマーキングとして細かく定めています。

体の特徴

ボストンテリアは、テリアの血筋を感じさせるプロポーションが特徴的で、コンパクトな体に小さめの頭、短めのボディを持ちます。スリムながら、筋肉質でしっかりとした四肢を持ち、バランスのいい体格をしています。耳は小さめの立ち耳で、尾は短く、短い鼻を持ちます。

フレンチ・ブルドッグとの違い

ボストンテリアとよく似た外見を持つ「フレンチブルドッグ」という犬種がいます。
ボストンテリアとフレンチブルドッグの違いを見分けるポイントは、体格と耳と顔立ちです。

フレンチブルドッグは、ボストンテリアに比べて肩幅が広く、がっしりとした体格をしており、胴や足もボストンテリアの一回り近く太いこともあります。また、耳の形もボストンテリアは先が尖った三角形ですが、フレンチブルドッグはコウモリが羽を広げたような形をしており、コウモリ耳、バットイヤーと呼ばれることも。顔立ちも、ボストンテリアの方が小顔でスッキリとして見え、フレンチブルドッグは四角く、シワや皮膚のたるみも多くなります。見分けが付きにくいと言われることもある2犬種ですが、その外見をしっかり観察すればその違いは歴然です。

ボストンテリアの飼い方

室内で寛ぐボストンテリア

環境

ボストンテリアは、暑さに非常に弱いため、必ず室内で飼育することが必要です。室内でも、1日の温度変化が少なくなるよう、室温調整を行いましょう。また、常に飼い主や家族の側で過ごすことを好む個体も多く、お留守番はあまり得意ではありません。そのため、ボストンテリアが一人きりで過ごす時間が長くなると、問題行動を引き起こしてしまう場合も。なるべく、家族の誰かが側に居れるような環境が理想的です。

ボストンテリアは、肥満になりやすい傾向にあります。そのため、定期的に体重や体型のチェックを行い、適切な食事量を与えられるよう心がけましょう。また、ボストンテリアは短頭種であるため、フードボウルなども食べやすい形状を選んであげる必要があります。食欲旺盛な個体も多いため、ガツガツと一気食いしてしまわないよう、食事回数を増やすなどの工夫もしてあげてくださいね。

こちらのフードボールはそんなボストンテリアにぴったりです!ボストンテリアのような短頭種の犬のためのフードボールで、早食いを抑えることができます。

オッポ (OPPO) フードボール オープン オレンジ

オッポ (OPPO) フードボール オープン オレンジ
2,916円(税込)

商品情報
ペチャバナも使える形状のフードボールが登場しました。ゆっくり食事を楽しむための食器です。お皿の突起形状とゆらゆら揺れるボール形状でゆっくり食べることができます。

しつけ

ボストンテリアは穏やかで利口な犬種であるため、初心者でも飼いやすい犬種とされています。しかし、イタズラ好きでとても頑固な一面も持つため、子犬期から一貫したしつけを行う必要があります。

お手入れ

ボストンテリアは、短毛のスムースコートであるため、被毛のお手入れはそう難しくありません。毎日のブラッシング、1ヶ月~2ヶ月に1度のシャンプーを行えば十分に体を清潔に保つことができます。しかし、短頭種であるボストンテリアはマズルが汚れやすい傾向にあり、口の周りのシワに食べカスなどが溜まってしまうこともあります。食後などには、濡らしたガーゼなどで口の周りを拭いてあげるようにしましょう。

運動

ボストンテリアは、遊びや運動が好きで他の小型犬と比べるとその運動量は少なくありません。運動不足になると、すぐに肥満気味になってしまうこともあるため、1日30分~1時間程度の散歩に加えて、ボールなどを使った遊びを行うといいですね。

しかし、短頭種であるため、気温や急激な体温の上昇によって呼吸器に負担が掛かってしまうこともあります。過剰な運動にならないよう、ボストンテリアの様子をしっかり観察し、時にはセーブする必要もあります。また、暑さに弱いため、夏場のお散歩は非常に危険です。日が昇る前や、落ちた後の時間帯を選ぶことはもちろん、状況によっては無理に外出せず、室内で運動できるよう工夫をしましょう。

かかりやすい病気

ボストンテリアは遺伝性疾患含め、様々な病気にかかりやすい犬種とされています。主に肥満細胞腫や白内障、チェリーアイにおいては、好発犬種とされているため、注意する必要があります。他にも、短頭種がかかりやすいとされる気管狭窄(きかんきょうさく)や鼻腔狭窄(びくうきょうさく)、軟口蓋過長(なんこうがいかちょう)などもあります。毎日のボディチェックはもちろん、定期的な健康診断でボストンテリアの健康を守れるよう心がけたいですね。

ボストンテリアのしつけ方法

悪戯をするボストンテリア

ボストンテリアは、特別しつけが難しい犬種ではありません。しかし、頑固な一面を持つこともありますので、以下のようなことに注意してしつけを行いましょう。

一貫性を持つ

これは、ボストンテリアに限ったことではありませんが、飼い主さんはもちろん、ボストンテリアと共に過ごす家族全員が一貫したしつけを行うことを心がけましょう。人や気分などによって怒るポイントが異なると、混乱に繋がり、結果的にストレスを抱えてしまう可能性もあります。無駄吠えや甘噛みなど、最低限のルールに一貫性を持つようにしてください。

褒める

ボストンテリアは、飼い主や家族に対して深い愛情を持つことや陽気で活発な性格から、褒められることによってしつけをスムーズに行うことができます。何かが成功した時は、大袈裟なくらい褒めてあげてください。

原因を考える

ボストンテリアは、繊細で感受性も高いため、飼い主さんへの独占欲や依存心によって問題行動を起こすことも少なくありません。また、飼い主さんに構ってほしいばかりに悪戯をしてしまうことも。まずは、その原因を突き止め、改善を試みましょう。飼い主さんに構ってほしいばかりに悪戯をしてしまう場合は、黙ってサッと片付け、リアクションしないようにするのも一つの手です。

ボストンテリアの性格を知る

ボストンテリアは、その陽気で構ってちゃんな性格から「騒々しい」「しつこい」「落ち着きがない」と感じる飼い主さんも多いようです。しかし、これはボストンテリアの魅力でもあり、決して叱りつけなければならないことではありません。寛容な気持ちで向き合ってあげましょう。

ボストンテリアは、利口で温厚な性格であるため、しつけそのものは難しいものではありません。攻撃的になることも殆どありませんが、その頑固な性格から一度機嫌を拗らせると飼い主さんが話しかけてもわざとらしく無視をすることもあるようです。そんなところも、ボストンテリアの魅力ではありますが、度が過ぎないよう、最低限のしつけはしっかり行えるようにしましょう。

ボストンテリアの値段の相場

3匹のボストンテリア

ボストンテリアの値段は被毛の柄、体格や血統などの個体差はもちろん、購入方法によっても異なります。

ペットショップ

まず、ボストンテリアをペットショップで購入する場合の値段は、10万円~25万円程度であることが多いようです。最も安い値段でボストンテリアを購入したい場合は、ペットショップを選ぶのがいいかもしれません。

ブリーダー

ボストンテリアのブリーダーから子犬をお迎えする場合の値段は、20万円~40万円程度であるようです。被毛の柄や体格はもちろん、親犬がチャンピオン犬などである場合は高額になる傾向にあります。ボストンテリアのブリーダーから子犬を購入する場合は、前述したペットショップで購入する場合よりも、高額になる可能性が高くはありますが、親犬の健康状態やアフターフォローなどを考慮すれば、妥当な値段と言えそうですね。

里親

ボストンテリアをお迎えする場合、里親になるという方法もあります。ボストンテリアの里親になる場合、生体価格は不要ですがワクチンなどの費用を負担する必要がある場合もあり、完全に無料という訳ではありません。

しかし、ボストンテリアは人気が高い犬種である反面、飼育放棄やブリーダー崩壊などによって新しい家族を待つ子達が全国に多数存在します。血統などにこだわりがないという場合は、是非ボストンテリアの里親になることも選択肢の一つとして考えてみてください。

ボストンテリアの寿命

服を着るボストンテリア

ボストンテリアの寿命は10歳~15歳とされており、個体差が大きいようです。遺伝性疾患やその他の病気にかかりやすい体質も関係しているのかもしれません。しかし、20年の寿命を全うしたボストンテリアもいるようなので、適切な健康管理を行うことで長寿を目指しましょう。

ボストンテリアの歴史

ヘソ天のボストンテリアの子犬

ボストンテリア(Boston Terrier)は、アメリカ原産の小型犬であり、その歴史は新しく、誕生の記録がはっきりと残されている珍しいパターンであると言われています。当初は、現在のボストンテリアよりもはるかに大型で体重は23kg程度あり、「ボストン・ブル」と呼ばれていたようです。

ボストンテリアの始まりは、1800年頃、アメリカ・ボストンでブルドックと白いイングリッシュテリアの交配によって誕生した「ジャッジ」という犬でした。ジャッジの被毛の柄は、現在のボストンテリアによく似た外見を持っていましたが、体重15kgと中型犬サイズであったようです。

その後、ジャッジと小さい体を持つ白いメス犬「ジップ」との交配によって生まれたのが、体重13kgのオス犬「エフ」。さらにエフと、ブリンドルの毛色を持つ体重約9kgのメス犬「ケイト」との交配で生まれた子犬達が、現在のボストンテリアの基礎犬となったようです。

このようにブリーダーによる小型化の改良が長い年月をかけて行われ、現在のボストンテリアが確立されました。この小型化の過程で、ブルテリアやブルドックなどが持つ闘争本能は薄れ、愛玩犬としての性質を強めてきた犬種と言われています。

まとめ

眠るボストンテリア

ボストンテリアについてご紹介しました。ボストンテリアは、とにかく全身で飼い主さんや家族への愛を伝えようとするとても愛らしい犬種です。いじけて飼い主さんを無視することも多く、そのいじらしさがまた愛犬家心をくすぐりますね。(笑)これから、犬をお迎えすることを考えているという人は、非常に利口でお行儀が良く、陽気で甘えん坊と、まるで家庭犬の見本のようなボストンテリアも、是非候補に入れてみてくださいね♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。