愛犬との日々、思い出だけじゃ物足りない!~スマホで素敵に撮る方法~

愛犬との日々、思い出だけじゃ物足りない!~スマホで素敵に撮る方法~

高性能になってきたスマートフォンや携帯のカメラ。いつでもすぐ写真が撮れるのも魅力。ですが、小さいが為に写真がぶれやすいのが欠点。そんなスマホなどのカメラを使った上手な愛犬の撮り方について説明します。

はてな
Pocket
お気に入り登録

カメラ

1,カメラを固定する

写真がぶれてしまう原因はふたつ。

ひとつは被写体が動いているから。

これは、相手が生き物である以上仕方の無いことですが、シャッター速度が早いカメラが増えているので意外とブレにくくはなっています。
また、元気に走り回っている愛犬の写真では、かえってブレが躍動感を与えて良い結果になることも。

ふたつめの原因は、カメラが動いているから。

カメラが動けば当然写真も全体がブレッブレに。
特に、スマホや携帯などの小さいカメラは、撮影者の体の動きがダイレクトに伝わってしまいます。

そこで試して頂きたいのが脇を締めてカメラを持つこと。
こうすることでカメラが不安定にならず、写真もブレにくくなります。机などにカメラを置いて撮影できるなら、そうしても良いですね。

2,照明にこだわる

照明

照明は写りの良し悪しに大きく影響します。

一番良い照明は太陽です。鮮やかに、かつ優しく被写体を照らしてくれます。屋内で撮った写真と比べると、より明るい雰囲気の写真を撮ることができます。

太陽に輝く愛犬の毛並みや瞳のきらめきは人工照明ではなかなか表現しにくいもの。
更に、暖かな日差しの下で見せる愛犬の表情は普段とは一味違います。そういった表情を写真にできるのも屋外撮影の良い点ですね。

また、屋外に出ずとも窓越しに差し込む光を上手く利用しても良いでしょう。

室内で撮影する場合は、昼間でも明かりをつけてなるべくその空間を明るくすると綺麗に撮れやすいです。
余裕があれば、室内照明の色味にもこだわってみると良いかもしれません。
LEDなどの強く白い光は輪郭をはっきりとさせてくれますし、黄味を帯びた光は暖かみのある雰囲気に仕上がります。

そして注意したいのが、フラッシュ。個人的にはオフにしておくのが良いと思います。

写真を撮るときに、被写体と光源が近いと色が飛んでしまったり、部分的にだけ明るくそれ以外は暗くなってしまったりしてしまいます。
撮影に必要な光はなるべくフラッシュ以外から得るのがおすすめ。

また、屋外屋内共に、写真を撮るときは光源の位置に注意!逆光になると写真全体が真っ黒になってしまいます。

3,カメラの目に慣れること

カメラの目であるレンズが写すものと、ヒトの目が写すものには様々な違いがあります。
例えば、夜空の月を撮影するとき、自分の目には月がとても大きく写っているのに、写真に撮った月は切ないほど小さかったりしますよね。

ですので、写真を撮るときは、カメラの目と自分の目では、色の見え方、ピントのあい方、物体との距離感などが違っているのだということを頭に置いて撮影すると良いでしょう。

その違いを利用して撮ってみるとひと味違った面白い写真ができるかもしれませんね。

4,ちょっとしたテクニック

良い写真を撮るためには、いくつかの簡単なテクニックがあります。

まず、ピントの位置。

写真を撮るとき、ピントをどこに合わせるかはかなり重要です。
が、こだわりが無い場合は愛犬の目にピントを合わせておくと良い仕上がりになります。

次に、目線を変えてみること。

チワワ

愛犬の写真を撮るとき、どうしても見下ろした角度での写真ばかりになりがち。たまには愛犬の目線になって、もしくは見上げる形で撮ってみても面白いかも。

背景にこだわってみるのも雰囲気作りに効果的です。

最後に…

何よりも、あなた自身が愛犬の写真を撮ることを楽しむことが大切です。

信頼する飼い主さんと一緒にいるときのわんこたちの表情は、飼い主さんにしか引き出せない宝物。そんなまったりした愛犬の表情を、姿をカメラに収めることを先ずは何より誰より楽しんで満喫して下さい!

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。