愛犬に安心して留守番してもらうために、覚えておくべきポイント

愛犬に安心して留守番してもらうために、覚えておくべきポイント

愛犬といつも一緒に居たくても、やむを得ず留守番をさせなければいけない時もあります。そんな時、ワンちゃんも飼い主さんも安心して留守番や外出ができるようにしたいですよね。

はてな
Pocket
お気に入り登録

##犬の留守番について##

留守番の前にしておくべきこと

飼い主の皆様、それぞれの環境や家族構成でワンちゃんと暮らしているかと思います。
我が家夫婦も二人暮らし。わたしはときどきパートで仕事にも出かけます。
一日のうち、6~7時間のお留守番は日常のこと。

留守番させることがわかっているときは先に散歩を済ませます。これポイントですよ!
できるだけしっかり遊ばせてトイレも済ませて満足させてあげましょう。

留守番は安全第一に!

安心安全で留守番をしてもらうために絶対必要なのは、サークルとクレートです。
普段は家の中を自由に使って好きなことをしていますが、
サークルに入ったらゆっくりと休む、ということをおぼえてもらいましょう。

サークル派とフリー派といろんな意見があると思いますが、小さくてお転婆でくいしんぼうの
我が家の愛犬には、フリーは危険すぎるのです。

いくらきれいに掃除をしても、床に落ちているもの食べてしまったり、
椅子やソファで遊んでけがをしてしまったら?
大好きなゴミ箱を見つけたら?
ピンポーンっと何度も呼び鈴がなったら?
地震がきたら!!!

いつもはお利口なワンちゃんも一人きりだと不安でパニックになっちゃうかも!
そんなことを想像ながら、友達とランチしたり買い物したり・・私にはできません。

##犬の留守番について##

赤ちゃんのときからクレートやサークルに慣れさせるのはとても大変でしたが、
いまではクレート大好きになってくれました。
誰も入ってこない自分だけが落ち着ける場所、理解しているみたいです。

広めのサークルのなかに、クレートを置いて、数時間以上の留守番にはトイレも設置。

わたしが出かけるのはなんとなく察知するようで、(そーゆーワンちゃん多いですよね!)
ハウスしてくれる~?というとサークルに向かっていきます。
クレートに上手にはいったらご褒美のおやつを忘れずに!

あとはなるべく声をかけず、さっさと支度をして出かけます。

まとめ

今ではこんな感じで上手にお留守番してくれますが、赤ちゃんの時はサークルに入れるだけで
クンクン、ピーピー大変でした。
でも、どんなに大切な家族の一員でも、飼い主さんの生活に合わせてもらう必要があります。
仕事、買い物、病院なんかは連れていけませんもんね。

いつもはママやパパにべったり甘えん坊のワンちゃんも、
実は一人の時間を楽しんでいたりして。
ぐっすり眠ってるかな~。って思いながら外出できるのが理想ですね。

##犬の留守番について##

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。