犬の夜のお散歩は危険!交通事故防止にとにかく目立つ格好で!

2670view

犬の夜のお散歩は危険!交通事故防止にとにかく目立つ格好で!

暗くなってからのお散歩は、交通事故の危険があります。犬も飼い主もリードにも反射テープを付けましょう。LEDライトを付ける、鈴を付けるなどして安全面に最大の注意を払いましょう。

夜のお散歩はとにかく目立つ格好で!

愛犬を守れるのは飼い主だけ!

ワンコのお散歩は出来るだけ明るいうちに済ませたいものです。でも真夏は、日中のお散歩は無理ですし、冬は日が暮れるのが早くて、暗くなってからのお散歩になってしまう事もしばしばです。

昔、私の友人がワンコを連れて夕暮れ時に散歩していたら、後ろから走行してきた自転車に愛犬をはねられるという悲しい事故をおこした事があるのです。
車や自転車を運転していると、人間は視界に入りやすいので気をつけますが、足元のワンコは見逃してしまうかもしれません。小さなワンコは、植え込みなどに隠れて本当に見えないです。

愛犬を守れるのは飼い主だけ!この事を忘れずに夜間のお散歩は特に注意しています。
そんな我が家で、安全対策に使っているグッズを紹介させて下さい。

①飼い主にもワンコにも反射テープのついたタスキをつけています。

100均で売っている反射テープを利用してタスキを作り、ワンコにも飼い主にも着用しています。
夜、車のライトが反射テープに当たると、本当に目立ちますよ。
ワンコはたすき掛けですが、人間は身体にタスキ掛けだけでなく足首にも反射テープを巻いて、さらに目立つようにしています。飼い主が事故にあったらワンコは、自力で家に帰れないです。

夜のお散歩はとにかく目立つ格好で!

②LEDライトを首輪から下げます。

遠くから見ると、光が宙に浮いて見えるので、何事かと、注目されますので目立ちますよ。

③リードも、ロープ部分に反射素材を使った物を。

うちは、mont-bellの、ノット ア リーシュを使っています。
暗闇では、ワンコと飼い主の間を繋いでいるリードが見えません。自転車が、ワンコと人間の間を通り抜けようとしたら、リードに引っかかって大惨事になりますよね。
前出の、友人のワンコも、このケースでした。自転車にリードが引っかかり、ワンコは自転車に引きずられて亡くなったのです。

夜のお散歩はとにかく目立つ格好で!

④鈴をつける

飼い主がぶら下げています。音で注意をはらってもらえるし、我が家は山の中にあるため、イノシシなどの野生動物との遭遇も回避出来ます。

夜のお散歩はとにかく目立つ格好で!

まとめ

昼間のお散歩より、準備が大変になりますけど、実際に事故にあえば、後悔するのは間違いなしなのです。
大きいワンコも、そして、小さなワンコさんは、必ず、反射テープなどで安全に気をつけてあげて下さいね。

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛犬の為にもなる情報をみんなで書き込んで、犬と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

この記事をシェアする
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。