ウェルッシュコーギーが英国王室で過ごすセレブな日常がすごい!

ウェルッシュコーギーが英国王室で過ごすセレブな日常がすごい!

エリザベス女王の愛犬として有名なコーギーは古くからイギリス王室で寵愛されてきました。ロイヤルファミリーと共に生活してきたコーギーの歴史やそのセレブすぎる生活をお伝えします。

はてな
Pocket
お気に入り登録

ウェルッシュコーギーの歴史

ピンクのコーギー

ウェルッシュコーギーは、イギリスのウェールズ地方の農家で古くから牧畜犬として愛され、人間と生活を共にしてきました。

「コーギー」とはウェールズ語で「犬」を意味し、ウェルッシュコーギーという名前は、その名の通り「ウェールズ地方の犬」という意味から来ています。

働き者の牧畜犬

ウェルッシュコーギーは牧畜犬として、農家の牧場の仕事を助けてきました。
牛を牧草地まで誘導し、外敵や危険から守り続け、飼い主の合図によって連れ戻すという重要な役割を担っていたのです。

では、体の小さなコーギーが大きな牛を誘導するには、どのようにしていたのでしょうか?

実は、牛のかかとやくるぶしに噛みついたりする事で、群れを操っていたのです。
そのため、ウェルッシュコーギーはヒーラー(ヒール=かかと)と呼ばれます。

牛も噛まれると痛いので、本気で反撃してきます。
群れの中で、家畜の蹴りをかわしながら機敏に動き回るには、体高が低いほうが都合よかったので、交配が繰り返され、胴長短足の姿になりました。

コーギーの胴長短足のポテッとした姿は可愛いだけじゃなくって、ちゃんと意味があったのですね。

性格

ウェルッシュコーギーはとても賢く、言われた事はすぐに覚えてしまう頭の良い犬種です。
飼い主には従順で人懐っこく、一度友達と認定した人の事は忘れず、愛嬌をふりまきます。

その一方で、大きな牛にひるまず、果敢に足に噛み付くようなお仕事をしていたため、用心深く、勇敢で、運動が大好きな一面も持っています。
愛くるしい見た目からは想像がつかないくらいパワフルで「小さな中型犬」と称されるくらいです。

きちんとリーダーシップを取れる飼い主でないと、自分より序列が下だとみなして言う事をきかない犬に育ってしまうので、小さい頃からのしつけが非常に大切です。

抱っこのコーギー

カーディガンとペンブローク

実はウェルッシュコーギーには、ウェルッシュコーギー・カーディガンとウェルッシュコーギー・ペンブローグの2種類がいます。

2犬種は姿形がよく似ていて、もともと同犬種として扱われてきましたが、その祖先となる犬は明らかに別の系統の犬です。
1934年に英国ケンネルクラブによって別犬種として登録されました。

ウェルッシュコーギー・カーディガン

ペンブローグより歴史が古く、丸くなった大き目の耳とフサフサのしっぽが特徴です。大きさはペンブローグよりやや大きいです。

ウェルッシュコーギー・ペンブローグ

日本で見かけるのはほとんどがウェルッシュコーギー・ペンブローグの方です。

ペンブローグの特徴は、しっぽがほとんど無い事です。
もともと無いのではなく、しっぽが長い子は生まれた時に切ってしまう断尾という習慣があるからです。
これは、牧羊犬時代、牛を追いかける際に、しっぽを牛に踏まれて怪我をする子が多かったため、怪我を未然に防ぐために断尾をするようになったと言われています。

また、カーディガンより落ち着きがなく、興奮しやすい子が多いといわれています。

英国王室とコーギー

バッキンガム宮殿

イギリスの王室では代々「ロイヤルドッグ」と呼ばれる犬を飼う習慣があります。
ウェルッシュコーギーの人気に火がついたのも、1930年代にジョージ6世とエリザベス女王2世にコーギーが飼われ、寵愛を受けたことがきっかけです。

王室に関する著作を40年にわたり書き続けているブライアン・ホイ氏は「王室の人々は王室外の全ての人間を信用していないと言っても過言ではなく、よって本当に信用をおいている生き物は人間ではない」と語っています。
王室の人々にとって心から気持ちを許せる相手が犬だったのでしょう。

現在も、王室ではウェルッシュコーギー・ペンブローグが飼育されていて、エリザベス女王は大のコーギー好きとして知られています。

エリザベス女王とコーギー

英国王室史上最長の在位期間を更新中の女王にとって、コーギーは、「家族」と言える特別な存在であり、常に傍に寄り添って女王を支えてきたのがコーギーたちです。

コーギー歴80年以上!

エリザベス女王は幼少の頃からコーギーとの生活を楽しまれてきました。
それから89歳になる現在まで、80年以上もコーギー共に生活を続けています。
女王に即位してから現在までに飼ったコーギーはなんと30匹以上。
最も多い時は同時に13匹ものコーギーを飼育していたそうです。

女王の周りをコーギーたちが動き回る様子は、故ダイアナ妃に「動くじゅうたん」と揶揄されるほどでしたが、現在は最後まで看取る責任を考慮し、2匹のコーギーのみが飼育されています。

熱心なブリーダーでもある

エリザベス女王が18歳の時に父親であるジョージ6世からプレゼントされたのは「スーザン」という名前のコーギーでした。
このスーザンを女王はたいそう気に入り、唯一無二の親友として大切に育てていました。

現在までに女王が飼われたコーギーは、全てスーザンの子孫に当たります。
現在は、14代目になる2匹が女王の下で暮らしています。
繁殖にも熱心で、コーギーとダックスフントを交配した「ドーギー」という種類も繁殖していた時期がありました。

新婚旅行にも、公務にも出来る限り同行

エリザベス女王は、いつでもコーギーと一緒です。
21歳でフィリップ殿下と結婚された時は、新婚旅行にもスーザンを連れて行ったそうです。

また、公務のときもコーギーと一緒の様子が報道されています。
2012年のロンドンオリンピックの開会式では、ジェームスボンドと一緒にコーギーが登場するオープニングムービーが話題になりました。

多忙な女王にとって、愛犬との時間は癒しのひと時なのでしょう。
コーギーも移動はなれたもので、公用車から王室職員に抱きかかえられ出てくる様子や、専用飛行機のタラップを軽快に駆け下りる様子がとてもユーモラスです。

女王のコーギーのセレブすぎる日常

エリザベス女王が飼育するコーギーは、「ロイヤルドッグ」としてVIP待遇を受けているようです。その華麗な生活をご紹介しましょう。

肉

食事は王室専属シェフの全て手作り

VIPなコーギーは缶詰なんてもちろん食べません。
専属シェフの手作りの食事が毎日午後5時ぴったりに与えられます。

その内容は、ヒレステーキに鶏の胸肉、キャベツ、白米など。ときにはウィリアム王子やヘンリー王子が仕留めた野ウサギまで提供されるとか!

仕上げのグレービーソースは女王自らかけるそうです。本当に愛されていますね。

コーギー・ルーム

ロンドンのバッキンガム宮殿内には「コーギー・ルーム」と呼ばれるコーギー専用の部屋があります。最も多い時には、6名ものスタッフがお世話をしていたそうです。

車もコーギー仕様

女王が所有する高級車は内装もコーギーに優しい特注仕様で、革張りの座席に足を滑らせたコーギーが、座席の横のマガジンホルダーの中に落ちてしまわないよう、特注のカバーがついているそうです。

やんちゃなエピソードも

こんなに女王に愛されているコーギーですが、あまりの元気のよさに王室関係者は手をやいていたというエピソードも残されています。
例えば、故ダイアナ妃の元執事は、階段で9匹のコーギーに追いかけられて転倒し、気絶した経験があると告白しています。

また、エリザベス女王のコーギーたちは、これまでに王室職員、郵便配達の職員、警察官などに噛み付いた「前科」があるとか。
1991年には女王自身が、十数匹のコーギーのけんかを止めようとして手をかまれてしまった事もあるとか。

エリザベス女王の夫のフィリップ殿下もコーギーは「吠えすぎる」からあまり好きではないと言っていたそうです。

でも、可愛いから許せてしまうのでしょうね。

終わりに

いかがでしたか?ウェルッシュコーギーは、牧畜犬としても王室犬としても優秀で、英国の人々に長年に渡り愛されてきた事がおわかりいただけたかと思います。

街で見かけるコーギーを見る目が変わってしまいそうですね。

▼コーギーについて詳しく知りたい方はこちら

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。