愛犬に上手くお留守番してもらうためには!?飼い主がするべき4つのこと

愛犬に上手くお留守番してもらうためには!?飼い主がするべき4つのこと

お気に入りに追加

犬にとって留守番とは、大きくストレスを与える事です。上手に留守番をしてもらうために、犬の行動ニーズ満たす環境を整えましょう。また、家を出る時や帰ってくる時の対応も重要です。

13373view

留守番する犬

犬は群れる動物です。連日、半日以上も留守番をさせるのは犬にとって、とても負担が大きくストレスを与えることになります。

やむを得ない事情で愛犬に留守番をさせなければならない飼い主さんは、是非参考にしてください。

愛犬に、上手に留守番をしてもらうためには、留守番の前に環境を整えることが大切です。

行動ニーズが満たされる留守環境を整える

犬の行動ニーズとは以下の4つがあります。

①いつでも自由に動きまわれること
犬がいつも過ごす場所は、自由に動くことができて退屈しないということが大切です。大型犬ほど広いスペースが必要になります。

②目新しいものを探して調べられること
犬は下界の刺激を体で感じることが必要です。周囲を調べまわる探索行動は犬の自然な行動です。

③環境に対処する行動がとれること
犬はストレスを感じたとき、物を舐めたり、噛んだりしてストレスを解消しようとします。

④飼い主や他の人、他の犬と触れあうこと
犬は社会性が高く、人や他の犬との触れ合いを強く求める動物です。


行動ニーズを満たしてあげるためには、留守番中にかむオモチャや十分なスペースを用意してあげることが必要です。
環境を整えてあげないと、犬は退屈やストレスからいたずらやそそうをする状況になります。いたずらされて困るものは、隠しておくことも大切ですね。

物を噛む犬

外出前・外出時・帰宅時・帰宅後はこうしよう

〈外出前〉
普段の犬の生活が妨げられないようにしましょう。留守中だけケージの中や、ひとつの部屋に閉じ込めるのはやめましょう。

〈外出時〉
物を噛むことが好きな犬には、必ず噛むオモチャを与えてから出掛けましょう。家を出る時には、大袈裟に別れを惜しむ仕草をしたり、声をかけたりしないで何気ない様子で出掛けましょう。

〈帰宅時〉
愛犬のお出迎えはうれしいことですが、クールにかわしましょう。興奮して飛びつくときには、「まて」や「おすわり」などをさせて、犬が従ってからかまってあげましょう。

〈帰宅後〉
留守中のいたずらやそそうがなかったかチェックします。あったとしても、留守中の出来事を叱るのは無意味なのでやめましょう。もう一度、留守番中の環境が愛犬にとって快適だったか振り返ってみてください。一息ついたら、たっぷり遊んであげます。

主人を迎える犬

最後に

留守番は、予防が肝心です。愛犬の留守番中のいたずらでお困りの飼い主さんは、愛犬を叱る前に、愛犬が留守番中に過ごす環境を見回してみましょう。

この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。