柴犬が老犬になった時に気をつけたい病気や症状

【獣医師監修】柴犬が老犬になった時に気をつけたい病気や症状

仔犬の頃はコロコロして可愛らしく、成犬になれば凛としてどこか古き良き日本の心を感じさせてくれ る家庭犬としても人気の柴犬。そんな柴犬の老後にスポットを当ててみました。

はてな
Pocket
お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

犬は人間よりも成長が早い生き物

犬の人生のスピードは人間よりも速く流れています。

近年、動物医療も発達しその寿命も長くなって来ていると言われますが、基本的に犬は7歳からシニア世代の入り口に差し掛かります。

アップの柴犬

今回はそんなシニア世代でも柴犬にポイントを当て、柴犬が老犬になった時に気を付けたい病気や症状をまとめてみました。

【犬の7歳からの体の変化】

  • 全身→だんだん体重が減る。
  • 皮膚→光沢がなくなり、乾燥したり脂でベトベトしたりする。
  • 筋肉→筋肉量が落ち、筋力も衰える。
  • 関節→関節のなめらかさが失われ骨が変形したり、痛みが出たりする。
  • 被毛→色が薄くなったり、白髪が出たり、毛艶が なくなったりする。
  • 歯→歯周炎になりやすくなる。
  • 鼻→嗅覚は最期まで衰えないといわれている。
  • 目→白内障になり、視力がだんだん衰える。
  • 耳→耳アカがたまりやすく、聴力がだんだん衰え る。

【犬の7歳からの行動の変化】

  • 名前を呼んでも反応が鈍い。
  • 立ち上がる動作が鈍い。
  • 散歩を好まなくなる。
  • 頻尿になる。粗相するようになる。
  • 睡眠時間が長くなる。

柴犬を含む日本犬が痴呆犬の8割以上を占める

散歩中の柴犬

犬にも痴呆があります。『高齢化に伴って、いったん獲得した学習及び運動機能の著しい低下が始まり、飼育困難になった状態』と定義され、13歳くらいから始まるものとされています。
特に柴犬を含む日本犬は痴呆になる確率が高いそうです。

痴呆の具体的な症状として、

  • 大きな一定の声で鳴き続ける。
  • 夜中に徘徊する。
  • 飼い主の識別ができない。
  • 表情が変わらない。
  • 若い犬の頃に教えたことを忘れる。
  • 円を描くように同じ方向へ歩く。

などがあります。

※ただし、脳腫瘍や髄膜腫などによっても同じような症状がでる場合があります。

犬の痴呆で一番の問題になるのは「鳴き続ける声」です。

老化により声帯が硬化し無理に鳴こうとする声は非常に高周波であり、壁や障害物を通過して遠方にまで響き渡るという特質があります。

その周波数は人間にも不快感を与えます。
昼夜問わずの鳴き声が近所迷惑になる心配、その声を聞き続ける不快感により、飼い主が一番の苦痛と感じると同時に犬の体力も失われていきます。

現在は、痴呆の症状がEPA、DHAを与えることで改善されることがわかっており、サプリメントが開発されています。「犬の痴呆」が疑われたら家族で問題をかかえ込まず動物病院で相談しましょう。

最近では老犬に焦点を当てた専門機関も増えてきています。

柴犬が老犬になった時に気をつけたい病気

寝ている柴犬

痴呆

コミュニケーションがとれなくなり、異常な行動をコントロールすることができなくなります。

白内障

目が白く濁り、視力が低下します。

歯周病

歯茎が腫れたり、口臭が強くなったり、口に痛みを感じ食事が困難になったりします。

僧帽弁閉鎖不全症

軽い咳から始まり、症状が進むと肺に水が溜まりゼーゼーした呼吸をすることがあります。

変形性脊椎症状

関節が炎症を起こし、関節部分に痛みが生じ運動困難や触られるのを嫌がるようになります。

副腎皮質機能亢進症

水をたくさん飲むようになり、尿の量が増えます。
お腹が張ってきたり、皮膚がうすくなってきたり、体毛が薄くなってきたりします。

尿路結石

オシッコしたそうなのに出ない、オシッコをする時に痛がる、血尿がでることもあります。

膿皮症

皮膚に強いかゆみを伴う赤みがでます。患部が脱毛したり赤く腫れたりします。

腫瘍

しこりや腫れ、食欲不振、嘔吐・下痢、腫瘍のできる場所によって症状は様々です。

前立腺肥大

ウンチやオシッコがでない、逆に失禁してしまうこともあります。

まとめ

犬を飼うことは最期を看取るということです。
最期のありかたはその犬によって異なりますが、特に柴犬はそのありかたの中に、痴呆の症状が出ることが多いとされています。

柴犬を飼いたい、飼っている飼い主さんは「うちの子が痴呆になったとき」を考えておくと、いざという時に良いかと思います。一人で抱え込まず、様子がおかしいと思ったら動物病院に相談してみましょう。

▼柴犬について詳しく知りたい方はこちら
柴犬を飼うにはどんな人が向いてる?

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    40代 男性 ぼん吉くん

    柴犬の痴呆になってしまう確率が高いのことの理由として、一説では、昔と比べて食生活が大きく変わってきたことが原因にあるという説があります。
    昔の犬は魚をよく食べていたそうです。現在と違い、ペットフードは当然ありませんので、犬の食事は人間と同じものを食べていました。昔の日本人は今と違い、肉よりも魚をメインに食べていました。特に青魚にはEPA、DHAが多く含まれており、そのおかげで痴呆になる犬が少なかったのではないかと言われています。
    現在の犬はペットフードをメインとして食事をしています。ペットフードには魚がメインになっているものはあまり多くなく、鶏肉などの畜肉と穀物がメインです。ですから、必然的にEPAやDHAを摂取する量が減っているので、痴呆にもなりやすくなっているのではないかと思われています。
  • 投稿者

    20代 女性 みるふぃーゆ

    犬の生涯の半分はシニアの時期と言われていますね。老犬になり子犬の頃や成犬時代と変わって、日々少しづつ変化していきますね。急にあれ?最近はなんて思いがちですが少しづつ体力なども衰えてしまうのは自然の流れですから仕方ありません。7歳頃からシニア期と言われていますが、私が愛犬に対し、この子も歳を取ったんだなぁと実感したのは9歳ごろでしたね。
    7歳ころはまだまだ元気な子も多いですが、この時期から目には見えない範囲で少しづつ体質なども変わり始めるのでペット保険や定期的な健康チェックやフードなどの見直しをし始めました。
    ペット保険に関しては〜歳までに加入と入れる年齢の上限が決まっているのと、シニアになるにつれ病院にかかる事が増えることもあるので病気になるまえに加入しなければ入る意味がありません。

    柴犬など日本犬は痴呆が多いと聞きます。他犬種でもそうですが吠え声やグルグル回る徘徊など多いみたいです。夜中になるとひたすらワンワン吠えてしまうなどで飼い主さんも疲れ果ててしまいますよね。周りへの迷惑も考えてしまいます。
    夜中の徘徊やグルグル回ってしまう場合は折り畳んだりできる広めのサークルに入れる事で、壁などにぶつかりにくく目に届く範囲を動いてるので、対策方法はありますが、吠え声は難しいですね。サプリメントやお薬などで改善する場合もあるので悩んだら動物病院に相談するのが良いと思います。
    痴呆の症状がEPA、DHAを与えることで改善されると言われているそうなので痴呆予防をかねてシニア期になる頃から、サプリメントなどで予防してあげると良いと思います。
    白内障なども目が濁ったり白くなり初め頃に診察してもらうと進行を遅らせたり改善する場合もあるので、診察をおすすめします。

    我が家の愛犬は脳の病気から現在目が視えてないだろうとの事ですが、わんちゃんは鼻や耳で視力を補えるので今のところはお散歩も出来ています。脳からなのでどうしようもなかったのですが、白内障ならば改善する場合もあるので視力なくなる前に治療していましたね、私なら。
    柴犬含め、日本犬は病気になりづらいと言われていますが年齢には逆らえません。老犬になると病院かかることも、介護などもあります。
    記事に書かれている内容は、当てはまる事が多いと思うので参考になるかたも少なくないと思いました。
  • 投稿者

    女性 オオハシ

    年明けに7才を迎える愛犬がいますので、この記事の7才からの変化という項目を読みながら少し悲しくなってしまいました。とても元気で愛らしいまだまだ子供気質のうちの犬も、7才ともなれば身体は加齢の影響が出てくるかもしれないんですね。覚悟しておかないと、と。
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。