犬はチーズが大好き!でも与え過ぎに注意が必要

15196view

犬はチーズが大好き!でも与え過ぎに注意が必要

愛犬のご飯にチーズをよく使いますか?犬のおやつでもチーズ関連のものがよく出ていますが、気をつけて上手く使わないとリスクもあるんです。では、愛犬にチーズを与えるときはどうしたらいいのでしょうか?

犬にチーズを与えるには少量であれば大丈夫!

犬のおやつで、よくチーズのものは売られていますよね。昔から犬はチーズが好きというイメージも持たれているようにも思えます。でも実際に、本当にチーズを与えても良いのか、分からずに与えている方も多いのではないでしょうか。なんとなく、チーズのイメージは「乳製品だからカルシウムが豊富!」と言うものがあるのでは?

その通り!豊富に含まれています。また、鉄分は貧血などを防止する成分としても知られていますね。与えても良いものかどうかの結論としては「与えても良い」と言えます。しかし、ここではあえて「少量なら」と条件を付けましょう。

チーズの成分
  • たんぱく質
  • ビタミンが豊富
  • カルシウム
  • 鉄分

犬に与えるチーズが少量でなければいけない理由

ほとんどの犬が好きと言ってもいいほど、嗜好性抜群のチーズ。ではなぜ少量でなければいけないのでしょうか?それは、チーズには多くの塩分が含まれているからです。塩分を取りすぎると、人間でも体に悪影響を及ぼしますが犬も同じです。腎臓や心臓に多大な負荷を掛け、病気になるリスクが高まってしまいます。

なぜ犬はチーズが大好きなの?

チーズが気になる犬

ちょっと話は脱線しますが…なぜチーズはこんなにも嗜好性が高いのでしょうか。
犬は匂いが強いものに惹かれます。ドライフードよりウェットフードを好んで食べる子が多いのはそのためです。チーズは発酵食品なので、人でも感じますがかなり匂いが強いです。なのでそれを犬が嗅ぐと食欲が増し、実際に食べると味も濃いので食いつきがとても良いのです。

犬にチーズを与えるときの活用方法

少量なら与えても良いとしましたが、実際にはどのように与えたら良いでしょうか。また、チーズを上手く活用するには、どのように与えると良いのでしょうか。

犬にチーズを与えるときの注意点

犬にチーズを与える場合は、基本的に「ペット用」とされているものを与えましょう。ペット用は人用よりも塩分が控えめに作られています。どうしても人間用を与える場合は、モッツァレラチーズやクリームチーズ、カッテージチーズなどは塩分が他のものに比べて少ないようです。与える際は塩分がどのくらい入っているか確認しましょう。

チーズスティック

犬にチーズをおやつとして与える

あくまでチーズはおやつとして与えます。おやつは全体のカロリー量に対して20%以内と言われています。全体が100%を超えないように調整しましょう。

トレーニングで効果的に犬にチーズを与える

ご家庭でトレーニングを頑張っているワンちゃん&飼い主さんもいらっしゃるでしょう。そんな方はチーズを効果的に使いましょう!チーズは前述した通り、匂いも強く食いつきも抜群です。それを利用して「切り札」として使います。おやつを使ってトレーニングしている方は、最初からチーズを使ってはいませんか?

食いつきが良いからと言ってずっとチーズを使ってしまうと、集中力が切れた時などにモチベーションを上げるものがなくなってしまいます。おやつをランク付けし、トレーニング後半になった時や外などの集中を取りづらい場所で練習する時に使うのがおすすめです。

集中させるために犬にチーズを与える

紫の知育玩具

知育玩具などと併せて、集中してほしい時に利用します。柔らかめのチーズはよく伸びます。それを知育玩具に塗りつけます。匂いはするけどなかなか食べられないと必死になったりします。そのため知育玩具に集中していられるようになり、留守番時やカフェなどで大人しく待機するきっかけになります。ぜひお試し下さい♪

薬などを飲ませるとき、犬にチーズを与える

匂いが強いので、薬を飲ませるときなどに隠して与えることも出来ます。(どの子に対しても、ではありませんが…)錠剤なら小さく割ってチーズで包んで、粉状なら少量ずつチーズに混ぜ込むと良いでしょう。柔らかめのチーズの方が使いやすいです。

トッピングの際に気を付けたいこと

よくあるチーズの利用例として、ご飯(ドライフード)をあまり食べない子に対して、チーズをトッピングすることが多いようです。この際、あくまで香り付けとして、たくさん掛けないように注意しましょう。

おすすめとしては、こまかーく砕いたチーズと与えたいドライフードを一緒に入れ、空気を含ませてから振るとまんべんなくチーズが掛かります。この時は固めのチーズの方が使いやすいです。「香り付け」ということを意識しておくと、与えすぎを防ぐことが出来ます。

まとめ

みんな大好きなチーズ!食いつきも抜群だし、愛犬も喜んで食べるのでついついあげたくなってしまいますよね。でもちょっと待って!とても美味しいけれど、塩分も意外と多く入っています。

与えるのは少しだけ。でも上手く使えば色々な活用方法がありますよ。ぜひチーズを上手く使って、愛犬をたくさん喜ばせてあげましょう♪

▼犬が食べてはいけないものについてもっと知りたい方はこちら
犬が食べてはいけないもの一覧

どんな時に犬にチーズを与えていますか?

どんな種類のチーズを、どんなことに注意して与えていますか?犬に与える時のコツやアドバイスをお書き下さい♪

  • 30代 女性 いおり

    我が家のワンコもチーズ大好きです!飼い主が食べていると隣に座ってブルブルしているのでわんちゃん用のフリーズドライのチーズをあげています。がカロリーが高いので特別な時だけにしています。
    記事のように特別な時にあげるにはとてもいいと思います♪
  • 30代 女性 ミニー

    愛犬のココアもチーズが大好きです。少々、食事に対してこだわりがあります。始めて口にするお菓子は中々食べてくれません。でも、チーズは他のお菓子より好んで食べてくれます。ついつい、喜んで食べている姿をみるとあげてしまうので、注意しないと健康的に良く無いと分かりました。
  • 20代 女性 小夏

    我が家の犬はみんなチーズが大好きです。
    おやつにもチーズ味のものがありますし…チーズのふりかけもあります!
    我が家のお犬はチーズ味のボーロが大好きです。
    チーズには塩分がたくさん入っているのは知っているのですが…多くあげてしまいがちなんですよね?気をつけないと…
  • 40代 女性 TIKI

    我が家の愛犬もチーズ風味のおやつはとても食いつきがいいです。しかし、風味ではなくそのままだと、確かに塩分があり健康を害する可能性がありますね。記事のように犬用のチーズを選んだり、薬を飲む際にちょっとだけ与えるくらいならいいのかもしれないですね。
  • 40代 女性 mappy

    わんこって、チーズが本当に大好きですよね!
    うちの子も、チーズの匂いをキャッチするといつの間にか近くにいて、キラキラの目でこちらを見つめています。さっきまで寝ていたはずなのになぁ~?なんてこともしょっちゅうです。

    愛犬にチーズをあげる時は、しつけやアジリティーのトレーニング時、また手作りごはんを食べた後、人間がチーズを食べる時に一緒に食べることが多いです。

    我が家のチーズ選びのポイントは
    「人間用に作られたチーズ」「乳酸菌が生きている」「塩分量」です。
    せっかく大好きなチーズを食べさせるのだから、美味しくて栄養があって身体に良いものを選ぶようにしています。

    よく食べさせているのは「ボーノチーズ」のモッツァレラです。
    小分けパックになっているのでフレッシュなままの状態であげることが出来て、また乳酸菌が生きているのでお気に入り。必ず冷蔵庫に常備してあります。塩分量も控えめなので、安心して食べさせてあげられます。

    それと、生のリコッタチーズやモッツァレラチーズなどのフレッシュチーズも、人間が食べる時に少しだけ食べさせています。

    おやつやご褒美は、わんちゃんにとっても特別なもの。
    美味しくて、出来るだけ身体に良いものを選ぶようにしています。


  • 女性 バタコ

    最初記事を読むまではチーズは乳製品なので犬にとってよくないもので、下痢などを引き起こすものだと思っていました。記事を読んでいて思いましたが、確かに人間用のチーズではなくて「犬用」をあげた方が安心できそうすね。チーズはカルシウムやたんぱく質も豊富なので、犬にとっても健康的でとても良さそうですね!また、犬用チーズを取り入れれば、普段のレシピの幅も広がりそうです!愛犬のお誕生日などの何かスペシャルな時に、チーズを取り入れたスペシャルフードができそうだと思いました。しかし、うちの犬は食いしん坊なので、食べ過ぎて肥満にならないよう気を付けなければいけませんが・・・。また、しつけの際にも上手く使っていきたいと思います。
  • 30代 女性 38moto

    犬用おやつにもチーズは種類豊富ですね。うちの愛犬も大好きなフレーバーのひとつです。チーズに含まれる成分はどれも犬に必要な栄養素でもあるため、こまめに与えたいものですが、チーズの塩分は腎臓や心臓に負担をかけてしまいます。与えるなら成分をよく見てなるべく塩分の少ないものを選ぶといいかと思います。犬用のチーズなら成分も犬用に調整されているので人間用のチーズより安心して与えられます。
    またカッテージチーズは脂肪分も抑えられているためおすすめです。膵炎の時には回復にすすめられる食材でもあります。こだわるのならカッテージチーズは自宅で作ることもできます。制作過程で出るホエイも栄養豊富で犬に与えても大丈夫です。
    食べ過ぎるとアレルギ―を発症してしまうことがあります。食べさせる時は、カッテージチーズならスプーン1杯から、固形のチーズなら2~3個から様子を見て与えるといいと思います。
  • 40代 女性 ととりこさまんさ

    ペット用(犬用)に作られたチーズの方が安全とよく言われているようですが

    (例1)
    ナチュラルチーズ、植物性油脂、タンパク加水分解物、酵母エキス、食塩、デキストリン、カゼインNa、乳化剤、乳酸Na、調味料(アミノ酸等)、pH調整剤、酸化防止剤(ビタミンE)

    (例2)
    チーズ、でん粉類、小麦粉、ゼラチン、植物油脂、グリセリン、ミネラル類(カルシウム)、プロピレングリコール、増粘多糖類、保存料(ソルビン酸カリウム、デヒドロ酢酸ナトリウム)、酸味料、乳化剤、食用色素(β-カロテン、酸化チタン)、酸化防止剤(エリソルビン酸ナトリウム)、香料

    (例3)
    チーズ、とうもろこしでん粉、小麦粉、植物性油脂、乳清たん白、じゃがいもでん粉、ソルビトール、炭酸カルシウム、乳化剤、食塩、pH調整剤、保存料(ソルビン酸K、デヒドロ酢酸Na)、酸化防止剤(エリソルビン酸Na、ビタミンE)、香料、食用色素(β-カロテン)

    このように様々な添加物、穀物が利用されている質の悪い商品、チーズの栄養を摂るという視点ではどうなのか?と疑わしく思われる商品も多々ありますので、成分表示をよく見て見極めることが大切です。

    チーズにはタンパク質、カルシウム、βカロチンやビタミンA等、愛犬の成長や健康にいい成分も多く含まれていますが、塩分量・カロリーを考えると「とっておきのご褒美」「困った時に使う」食材としてキープしておくのがベターかと思います。(たまに嫌いな子もいるようですが、大体のワンちゃんにとって、チーズはかなり嗜好性が高いようです)
    人間用のチーズなら、カッテージチーズ、クリームチーズ、モッツァレラチーズあたりが塩分控えめなので、極少量なら与えてもいいという話があるようですが、我が家ではフリーズドライタイプのチーズを冷蔵庫に常備しています。かなり小粒・日持ちする・少量・粉になるという4点で、便利ですよ。
この記事をシェアする

どんな時に犬にチーズを与えていますか?

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除処理、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。
「過度と捉えられる批判的な書き込み」「誹謗中傷にあたる過度な書き込み」「荒らし行為」「宣伝行為」「その他悪質と捉えられる全ての行為」
※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。