犬にとって豆腐は与えても良い食品!ただしアレルギーに注意

18757view

犬にとって豆腐は与えても良い食品!ただしアレルギーに注意

豆腐ってどんなイメージがありますか?体に良さそう?料理の脇役?意外に知らない豆腐のこと。調べてみたらとっても体に良い食品でした。では犬が豆腐を食べるのは問題ないのでしょうか?

監修:獣医師 平松育子先生

(ふくふく動物病院)

犬にとって豆腐は優良食品

一丁の豆腐

豆腐は主原料が大豆だし、大豆は人にとって体に良いものだから、犬にも良さそうな気がしますよね?しかも「大豆は畑のお肉」なんて言われるから、栄養価も高そうだし、力が出そう…ということで、実際に豆腐を犬に与えてる方も多いと思います。でも本当に与えても良いのでしょうか?

その答えはもちろん、豆腐は犬に与えても「良い」食品です。では、犬に豆腐を与える利点や欠点はどんなものがあるのでしょうか?

豆腐に含まれる栄養素は犬の健康維持に役立つ

食事をしている犬

豆腐の原料は大豆と水ですが、ではそんな豆腐にはどんな栄養素が含まれているのでしょうか。自分自身も食べているけど、意外に知らない人も多いでしょう(私も知らずに食べていました…)

  • たんぱく質
  • サポニン
  • イソフラボン
  • リノール酸
  • 不飽和脂肪酸

たんぱく質

体を作る栄養素として大切なもの。犬の場合、毛艶を保ち健康を維持する効果が期待できます。豆腐は高たんぱく質の食品です。しかも、絹ごしより木綿豆腐の方が、たんぱく質&カルシウムが多いというのを知って驚きました。

サポニン

抗酸化物質で血中のコレステロールや脂肪などを洗い流してサラサラにし、動脈硬化を予防する。口にすると渋みや苦味を感じる。アンチエイジングで広く知られる成分。サポニンには抗ガン作用があることからその効果も期待されます。

イソフラボン

健康をサポートする。骨粗鬆症、循環器系疾患の予防効果があると言われ、近年ではがん予防の効果も注目されています。

リノール酸

コレステロールを下げる効果があります。

不飽和脂肪酸

大豆由来の必須脂肪酸が全体の約80%を占めています。オメガ6系脂肪酸であるリノール酸はコレステロール値を下げ、オメガ3系脂肪酸であるリノレン酸はアレルギーを抑制する効果が期待できます。やはり豆腐は人にとっても、とても体に良い食品のようですね。人も犬も一緒に食べられて、体に良い食品「豆腐」。ぜひ取り入れていきたいですね。

犬に豆腐を与える前に知っておきたいこと

賢い犬

犬に豆腐を与えることで以下のデメリットが考えられます。

下痢をしやすくなる

豆腐の成分には、水分が多く含まれています。なので大量に与えるとお腹が緩くなり、下痢をしやすくなります。また、冷たいまま与えることにより、お腹を壊す子もいますので注意してあげましょう。

太りやすくなる

豆腐には脂質もたくさん含まれていますので、豆腐+いつもの食事量を与えると太りやすくなる可能性があります。豆腐をプラスしていつもの食事カロリーになるように量を調整しましょう。また、脂質はお腹に溜まりやすいので、豆腐だけを多く与えてしまうと、他のものを食べられなくなり栄養が偏ってしまうことも考えられます。

結石持ちの子は注意

豆腐にはリンやマグネシウムが豊富に含まれています。このリンやマグネシウムを主成分として尿石になるストラバイト結石がある子は豆腐を控えた方がよいでしょう。

アレルギーに注意

なかには大豆アレルギーを持っている子もいます。アレルギーがある子には与えないように注意しましょう。また、アイリッシュセッター、シベリアンハスキー、シャーペイは大豆耐性を持たないとされているため、アレルギーが起こりやすい犬種であると言われています。

その他の犬種でも、アレルギーではなくても体質に合わない場合もあるので、最初は注意しながら与えるようにしましょう。当たり前の話ですが、どんなに体に良いものでも「与えすぎ」には注意が必要です。

愛犬のための豆腐の与え方

飼い主とご飯を食べている犬

まずは少量ずつ与えてみて、アレルギー反応が出ないかどうか、お腹を壊さないかどうかなど見てみましょう。大丈夫そうであれば、レパートリーに加えましょう。また、こんなことに注意してみてください。

  • 豆腐を冷過ぎないようにする
  • 豆腐を与えすぎないようにする

冷蔵庫から出してすぐに与えてしまうと、冷たすぎる場合があります。少し温めてあげると食べやすいでしょう。この時、温めすぎないように人肌程度にしましょう。前述したように、与えすぎるとお腹が緩くなったり、太りやすくなってしまうことがあります。

こんな与え方もオススメ♪

いつものドライフードに、トッピングとして与えても良いですが、せっかくなので手作りごはんの材料として取り入れてみるのはいかがでしょうか。

豆腐バーグ

全てお肉ではなく、肉(ひき肉)の量を半分にし、その分豆腐を加えます。具材にニンジンやひじき、ピーマンやキャベツなどを入れ、よく焼いて豆腐ハンバーグの出来上がり!お肉も入っているので食いつき抜群です。

お豆腐プリン

ぷりん

牛乳あるいは豆乳で、裏ごしした豆腐を伸ばします。きなこも入れるとさらに体に良い感じ♪それをゼラチンで固めると、簡単お豆腐ぷりんが出来ちゃいます。お砂糖を入れていないので、安心して与えられますよ♪

黒蜜をかければ、人も美味しく&ヘルシーに頂けます。牛乳はお腹を壊す子がいるので、注意しましょう。犬だけがたべる場合は、犬用のミルクを使っても良いかもしれません。

湯豆腐

これからの時期は温かいものが食べたくなる♪…と思うのは人間だけだとは思いますが…簡単に湯豆腐なんていいかも。豆腐や人参、大根など犬が食べられるものをみんな一緒にコトコト煮たら出来上がり♪愛犬には冷まして与えましょう。人はポン酢などでさらっと簡単に。シンプルだけど美味しいんですよね。 ネギ類は絶対に一緒に煮たりしては駄目ですよ!

犬に豆腐を与えることについてのまとめ

豆腐

人にとっても犬にとっても優良食品のお豆腐は、アレルギーさえなければぜひ与えたい食品の1つです。工夫次第でたくさんの料理の材料として活躍するので、手作りごはんにもチャレンジしてみて下さい。美味しくて愛犬がおかわりを要求してきても、お豆腐だって食べすぎたら太りやすくなってしまうので気を付けてくださいね!

▼犬が食べてはいけないものについてもっと知りたい方はこちら
犬が食べてはいけないもの一覧

平松育子先生

記事の監修
  • 獣医師
  • 平松育子先生
  • (ふくふく動物病院 院長)

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

愛犬にどのように豆腐を与えていますか?

愛犬に豆腐をどう与えているか教えてください♪また、犬が好んで食べてくれる豆腐を使ったオリジナルレシピなどがあればぜひ紹介してください!(^^)!

  • 20代 女性 ゆり

    今まで自分自身のダイエット食品として豆腐を食べてきましたが…
    そこそこカロリーあったんですね…
    愛犬もぽっちゃり体型なので、おからか豆腐でダイエットさせるかーと思っていましたが、豆腐はダイエットには向かないかもしれませんね。
    でも満腹感を得るためにはもってこいの食材なので、手作りご飯に使っていきたいと思います。
  • 40代 女性 MAKI

    確かに豆腐はカロリーが低いし、アレルギーさえなければ犬にとって万能な食材だと思います。我が家の愛犬は健康診断で中性脂肪やコレステロールが高いと言われて、それ以来おやつ代わりにおからや豆乳を与えています。特におからはお腹がふくれて満腹感があるので良いと思います。健康の為に今後も続けて与えたいと思います。
  • 20代 女性 すず

    わたしはまだ、我が家のわんちゃんにお豆腐を与えたことがなかったのですが、今回この記事を読んでみて大豆アレルギーなどでない限り少量であれば問題なく栄養も満点ということなので、我が家のわんちゃんはアレルギーはないのでぜひ少し与えてみたいと思いました。最近わんちゃんに健康になるものを食べさせることにはまり色々な野菜なども与えているので興味がわきました。
  • 30代 女性 ミニー

    お豆腐は、とても栄養が豊富でしかもヘルシーです。お豆腐ハンバーグやプリンの写真は美味しそうで今にもこちらが食べたくなります。愛犬のココアにも食べさせあげたいけど体弱いのでガマンです。
  • 30代 女性 さえこ

    絹ごし豆腐より木綿豆腐のほうが、たんぱく質やカルシウムが高いのは知らなかったです!
    お腹が緩くなる、太りやすくなるのは豆腐を与える量を気を付ければ大丈夫そうですよね。
    豆腐ハンバーグはよく作りますが、豆腐プリンもとっても美味しそうですね!!今度挑戦してみます♪
  • 40代 女性 朝光のママ

    大さじ一杯をフードに混ぜてあげてみたら便がゆるくなってしまい、病院行ったら腸炎と言われました。うちはそれ以来あげてないけど加熱した方がいいのかなと思いました。
  • 女性 匿名

    ウチは多頭飼いなので、市販のオヤツはお徳用でもすぐ無くなってしまいます。普通のサイズのオヤツなら一回で2袋がなくなります。そこでお豆腐スプーン1杯にヤギミルクの粉末を混ぜ、ブルベリーを何粒かいれた物を混ぜてオヤツにあげています。ヤギミルクとお豆腐の自然な甘みが犬達には丁度良いようです。栄養満点でヘルシーでお安いオヤツとして、ウチの子達は全員満足しているようです。
  • 20代 女性 匿名

    うちはミンチ肉、すりおろし人参、卵、豆腐を入れた豆腐ハンバーグなどで豆腐を使ってます☺️
    ワンちゃんはお肉大好きなので食いつきが凄いですよ!茹でた野菜などを添えてあげると栄養ばっちり!
  • 50代以上 女性 匿名

    豆腐よりも、乾燥したワンちゃん用のオカラをフードに小さじ一杯、トッピングに入れてます。以前は動物病院の先生が豆腐(絹)を小さじ一杯与えていたが、アレルギーを心配なので、安全な乾燥した粉末オカラに変えたらダイエットにもなり、お腹の調子も良く便の硬さと色が良いです。
  • 40代 女性 匿名

    基本手作り(野菜、肉の刻みにご飯を入れ水から煮込んでおじや風)の食事なので、豆腐は細かく潰したり、ミジン切り位の大きさにして一緒に煮込んでます
  • 40代 女性 匿名

    うちは、たま〜にお裾分け程度にしか豆腐をあげないのですが、一つ気をつけている事があります。

    それは「動物性たんぱく質」と「植物性たんぱく質」を同時にあげない、という事です。

    犬は同時に消化出来ないので、数時間空けてからあげるようにしています。
  • 40代 女性 匿名

    そのままフードといっしょにあげてます。
    すごいスピードでフードを食べてしまうので、湯がいた白菜と豆腐を一緒にあげています。
    体調もうんちも特に変わりはないし、とっても大事そうに喜んで食べてるで、このままあげてみようと思います。
  • 40代 女性 ベル

    納豆と同じで豆腐も犬にとって栄養の多い優良食品なのですね。我が家も愛犬にお豆腐をあげることがありますが、木綿豆腐の方がタンパク質とカルシウムが多く含まれているとは知りませんでした。一応、あげる際には添加物が心配なので、お豆腐のパッケージに「消泡剤不使用」と書いてあるものを与えるようにしています。お豆腐はお肉のカロリーのだいたい4分の1と聞いたことがあるので、愛犬にダイエットをさせたいときには、お豆腐を乾煎りをして、フードにまぜてあげたりもしていました。

    老犬になってくると、自分からお水を飲む量も減ってきますので、水分が多いお豆腐は夏の水分補給にも良さそうですね。でも食べ慣れないものを食べるとお腹を壊したりすることもあるので、あげすぎには注意をしたいですね!
  • 40代 女性 らいち

    特別なお祝いの時に豆腐とじゃがいものケーキを作ってあげます。
    豆腐はサイコロ切りにして熱湯にくぐらせ水を切ります。一緒に人参のみじん切りも茹でます。
    じゃがいもを良く洗ってレンジでチンして茹でて皮をむきます。
    クッキーの型にじゃがいも、豆腐、人参の順で重ねてかざりにクッキーを乗せて出来上がりです。
    新しい食べ物にビビリなウチの子も喜んで食べてくれました。
  • 20代 女性 とも

    愛犬にはまだ豆腐をあげたことがなかったので、興味深い記事でした。お豆腐が体に良いのはもちろん以前から知っていたのですが、絹ごしよりも木綿の方が栄養価が高いことは知らなかったのでビックリしました!お豆腐はカルシウムやたんぱく質も豊富でさらにヘルシー。栄養のバランスも良いので、人間にも愛犬の健康維持にもピッタリだと思いました。さらにお豆腐を使ったお料理のレシピもかなり多いので、人間用のレシピを塩や調味料を省いて作れば、愛犬にもあげられそうですね。ただし、確かにシンプルに豆腐だけを犬に与える場合は冷蔵庫からすぐに出したものだと下痢をしそうなので、適温になるまで待った方が良さそうですね。きちんと適量をあげながら、愛犬の健康維持にぜひ利用したいと思いました。
  • 女性 ライ

    なんとなく豆腐=ダイエット食品と思っていましたが、脂質が意外と多く含まれていたんですね。これは盲点でした。
    犬用のハンバーグを作るのに、ヘルシーかと思って豆腐もぐちゃぐちゃにして入れていましたが…。たんぱく質やカルシウム、お豆由来の健康成分しか考えていませんでした。
この記事をシェアする
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

愛犬にどのように豆腐を与えていますか?

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。