「ミニシュナ」こと、ミニチュアシュナウザーってどんな犬?その性格や特徴、人気のわけとは

「ミニシュナ」こと、ミニチュアシュナウザーってどんな犬?その性格や特徴、人気のわけとは

お気に入りに追加

長い口ひげと眉毛が特徴的な「ミニシュナ」ことミニチュアシュナウザーは、可愛い容姿と飼育のしやすさから常に人気ランキングの上位に入っています。テレビドラマでミニシュナを見かけて、興味を持った人もいるのではないでしょうか。今回は、ミニシュナの性格や特徴の他に、おすすめのブリーダーやかかりやすい病気などを紹介します。

5338view

ミニシュナとは

ミニチュアシュナウザー

ミニシュナとは、19世紀後半のドイツで誕生したミニチュアシュナウザーの愛称です。スタンダードシュナウザーとプードルやアーフェンピンシャーなどを交配させ作出されたミニシュナは、ドイツの農家でネズミなどの害獣駆除や家畜の番犬として飼われていました。

その後ミニシュナはアメリカに渡り、家庭犬として飼いやすいように改良されたことで犬種として安定し現在に至ります。そのためアメリカでは、ミニシュナの原産国であるドイツよりもはるかに多い数のミニシュナが飼育されています。

家庭犬としての飼いやすさと、使役犬としての役割を担ってきた勇敢さを兼ね備えたミニシュナは世界中で広く親しまれています。

ミニシュナ(ミニチュアシュナウザー)の性格

ミニチュアシュナウザー横向き

活発で好奇心旺盛

ミニシュナは何に対しても好奇心旺盛です。非常に活発で、遊びや運動など体を動かすことを好みます。元々ネズミを狩る仕事を行ってきた犬種なので、四方八方に気が回りさまざまなことに興味を示します。その好奇心の強さから、怖いもの知らずで勇敢な一面を見せることもあるようです。

明るく甘えん坊

とても陽気で明るい性格のミニシュナは、家族みんなに元気を与えてくれます。興味のない人には気のない態度を取ることもありますが、自分が心を許した相手には甘えん坊なので、飼い主さんと頻繁にコミュニケーションを取りたがるでしょう。

基本的に子どもや他の犬とも仲良く接することができるため、家庭でも非常に飼育しやすいです。

賢く従順

ミニシュナは小型犬の中でも賢く頭脳明晰な犬種です。それに加えて、従順な性格をしているため飼い主さんの言うことをよく聞きます。飼い主さんや家族の様子をよく観察して意図や気持ちを読み取り、状況に合わせた行動をとることができるでしょう。

ミニシュナの元となったスタンダードシュナウザーは、人の頭脳を持つ犬と言われるほど知能の高い犬です。ミニシュナは、そんなスタンダードシュナウザーの聡明さをしっかりと引き継いでいます。

ミニシュナ(ミニチュアシュナウザー)の特徴

伏せするミニチュアシュナウザー

ミニシュナの大きさ

体高:30cm~35cm
体重:4.5kg~7kg

ミニシュナは小型犬に分類されています。オスとメスの体高や体重にはそれほど差はありません。個体差はありますが、1歳までの間に早いスピードで成長していき、それ以降は成長が緩やかになる傾向があると言われています。

見た目以上にしっかりと筋肉がついているため、抱っこすると実際の体重よりもずっしりと重く感じるでしょう。

ミニシュナの毛色/毛質

JKC(一般社団法人ジャパンケネルクラブ)では、「ブラック」「ソルト&ペッパー(グレー)」「ホワイト」「ブラック&シルバー」の4種類をミニシュナの毛色のスタンダードとして認めています。

被毛はダブルコートで下毛は密集して生えており、上毛はワイヤーのように硬くしっかりとした毛質です。

ミニシュナの見た目

ミニシュナは体長と体高はほぼ同じくらいで筋肉が発達したスクエア型の体型です。特徴的な眉毛とヒゲが生えており、ドイツでは「ツベルグ・シュナウツァー(小さなヒゲ)」とも呼ばれるほどです。

耳は前の方向に折れていることがほとんどですが、生まれつき立ち耳のミニシュナもいます。また、長い尻尾が本来の姿ですが短い尻尾のミニシュナもいます。耳や尻尾に違いが現れる理由は、過去に仕事の邪魔にならないよう断耳や断尾が行われていたためと言われており、立ち耳と短い尻尾を持つミニシュナが多い時代もあったようです。

現在では動物愛護の精神が広がったことでミニシュナの断耳や断尾は行われなくなってきています。

ミニシュナの価格

子犬の平均販売価格は、約13万円~30万円くらいと言われています。オスよりもメスの方が値段が高く、その理由として子犬を生むことができることと、メスの出生率が元々低く希少価値が高いことがあげられます。

また、毛色によってもミニシュナの値段に違いが出ます。ブラックやブラック&シルバーはあまり市場に出回らないため値段が高くなる傾向にあり、さらに色がくっきりしていればいるほど価値が上がるようです。その他に、両親犬がチャンピオン犬の場合も値段が高くなります。

ミニシュナ(ミニチュアシュナウザー)の人気の理由

伏せする二匹のミニチュアシュナウザー

最良の家庭犬

ミニシュナは「最良の家庭犬」と言われるほど、家庭で飼うのに適した犬種です。従順でしつけがしやすく、マナーが良い犬として知られています。

コミュニケーション能力に長けているので、ミニシュナと過ごしているとまるで人と一緒にいるような感覚になるかもしれません。そんなミニシュナを家族として迎え入れれば、飼い主さんにとって最良パートナーとなるでしょう。ミニシュナの魅力に魅了されて、多頭飼いする飼い主さんも少なくないようです。

お洒落な容姿とカット

ミニシュナの特徴的な容姿が人気の理由の1つとも言えます。紳士的で気品溢れる姿に魅了されて、ミニシュナを飼い始める飼い主さんも多いようです。

ミニシュナの魅力を引き出すさまざまなカットをすることも、飼う上での楽しみになります。ミニシュナのカットは、眉毛と口ヒゲを残したシュナウザーカットが基本となります。全体的に丸みを持たせた雰囲気が可愛いムックカットも人気です。その他にも、モヒカンカットやまつ毛残しカットなどさまざまなカットが楽しめるようです。

ミニシュナ(ミニチュアシュナウザー)の飼い方

走るミニチュアシュナウザー

環境

寒さには強いミニシュナですが、暑さにはそれほど強くないため室内飼いが適しています。室内の温度は23℃~25℃くらいに設定しておきましょう。また、活発で動き回ることが好きなので、床がフローリングの場合はカーペットを敷くなどしてミニシュナの関節に負担がかからないようにしておきましょう。

お手入れ

抜け毛の量はそれほど多くありませんが、絡まりやすい毛質をしているため毎日のブラッシングが必要になります。また、トリミングは2ヶ月~3ヶ月に1回程度が理想です。

ミニシュナ特有の太くて硬い粗毛は、抜くことでより頑丈で美しい毛が生えてきます。トリミングサロンの中には、スリッピングと言われる毛を手で抜くケアをしてくれるところもあります。ドッグショーに出る場合はスリッピングが必要になりますが、家庭で飼う場合はしなくても特に問題はありません。

食事

ミニシュナのようなスクエア型の体型の犬種は、太りやすいと言われています。特にミニシュナは、食欲が旺盛なので食事の管理が欠かせません。個体差はありますが、大体1歳頃の体重がミニシュナの成犬の平均体重と言われています。

肥満は病気を引き起こす原因にもなるため、体重が増え続けている場合は食事量を調整しましょう。

運動

ミニシュナは1日2回、20分~30分程度の散歩が必要です。日常的に激しい運動はしなくても大丈夫ですが、ロープを引っ張り合ったりボールを投げたりする遊びを日々の生活の中に取り入れましょう。

活発で好奇心旺盛なミニシュナは、定期的にドッグランなどに連れて行くのもおすすめです。思う存分走ったり他の犬と交流を持ったりすることで、ストレスを解消することができるでしょう。

ミニシュナの性格や年齢によって、必要な散歩時間や運動量は異なります。ミニシュナが満足しているか負担になっていないか様子を見ながら、それぞれに合った内容の散歩や運動を行いましょう。

しつけ

従順で学習能力が高いミニシュナは、しつけがしやすいです。家族として迎え入れたら早めにしつけを始めるようにして、お互いに気持ちよく過ごせるようにしましょう。

飼い主さんに対する愛情深さや従順な性格を活かして、積極的に触れ合って信頼関係を築きながらしつけを行うと良いようです。また、生後1ヶ月~3ヶ月の社会化期に人や他の犬と数多く交流するなどしてさまざまな経験をしておくと、その後のしつけがスムーズに進みます。

賢いミニシュナだからこそ、ルールの中で心を落ち着かせた生活ができるようにしっかりとしつけを行いましょう。

ミニシュナ(ミニチュアシュナウザー)のおすすめブリーダー

ミニチュアシュナウザーの子犬達

大堀美津子ブリーダー

ミニシュナの専門ブリーダーとして、容姿だけではなく健康状態にも気を使って交配を行っています。定期的にワクチン接種や健康診断を受けており、駆虫薬やフィラリア予防の対策も万全です。

ミニシュナの子犬を引き渡した後も飼育方法やしつけ、トリミングなどの相談にいつでも乗ってくれるため初めてミニシュナを飼育する人にも安心です。

大堀美津子ブリーダー

撫養香織ブリーダー

ミニシュナを専門として、他の小型犬のブリーディングも行っているブリーダーです。犬が大好きなスタッフが愛情をたっぷり注ぎながら大切に育てています。

積極的にドッグショーに出しており、ミニシュナのチャンピオン犬を数多く作出しています。ドッグショーを目的とするだけではなく性格にもこだわって、家庭犬として飼育しやすいミニシュナの育成を心がけているようです。

撫養香織ブリーダー

川村不三江ブリーダー

広い施設を利用してストレスフリーな環境の中で、ミニシュナの繁殖や飼育を行っています。のびのびと活動してしっかりと社会性を身につけているため、人懐っこいミニシュナが多いようです。

併設された店舗には管理栄養士資格を保有しているスタッフも在籍しているので、飼育する上での相談にも乗ってもらえます。

川村不三江ブリーダー

ミニシュナ(ミニチュアシュナウザー)のかかりやすい病気

ミニチュアシュナウザーアップ

尿路結石

腎臓で作られた尿を排出するための通路に、結石と言われる石のようなものができる病気です。結石が大きかったり数が多っかたりすると、完全に尿路を塞いでしまいます。尿を排出することができなくなると腎臓がダメージを受け、尿毒症を引き起こし死に至ることもあるようです。

症状には、頻繁にトイレに行ったり、排尿する姿勢をとっているのにおしっこが出なかったりする様子が見られる他に、血尿が出ることもあります。尿路結石は尿道炎や膀胱炎を併発していることも多く、しっかりと治療を受け完治させないと繰り返すことが多い病気です。

ミニシュナは遺伝的に尿路結石になりやすいため、症状が見られた場合はすぐに動物病院を受診しましょう。

若年性白内障

目のレンズの役割をしている、水晶体のタンパク質が白く濁る病気です。若年性白内障は、5歳以下の犬に見られる白内障で、ミニシュナは遺伝的に発症しやすいと言われています。

急速に進行するのが若年性白内障の特徴で、短期間で失明してしまうこともあるようです。目が白くなる他に、よくつまずくようになったり物にぶつかったりするなどの症状が見られます。

一度白内障が発症すると完全に治すことはできません。視力が少しでもある場合は、点眼薬を用いて進行を遅らせます。症状が進んで視力を失ってしまった場合は、手術をするケースもあるようです。

ミニシュナ(ミニチュアシュナウザー)の寿命

ミニチュアシュナウザー

ミニシュナの平均的な寿命は12歳~14歳くらいと言われています。他の小型犬より比較的長い傾向にあります。ただし寿命は平均的なものなので、個体差があることを理解しておきましょう。

健康寿命を伸ばすためにも食事や運動に気を配って、ミニシュナがストレスを溜めないような生活を心がけましょう。

まとめ

二匹のミニチュアシュナウザー

家庭での飼育に適した賢く従順で穏やかな性格とおしゃれな容姿が、ミニシュナの人気の理由です。ミニシュナと一緒に生活することで、今回紹介した以外にも飼い主さんにしか分からない魅力に気づくかもしれません。

生活環境や食事、運動、お手入れなど気をつけるポイントはいくつかありますが、ミニシュナは基本的にあまり手がかからない犬種です。そのため、子どもがいる家庭や初めて犬を飼う人にもおすすめです。「最良の家庭犬」と言われるミニシュナを家族として迎えるための参考にしてもらえればと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。