犬にマイクロチップを埋め込むことの賛否両論

犬にマイクロチップを埋め込むことの賛否両論

マイクロチップとは円筒形のガラスのカプセルで包まれた、簡単に言えば体の中に埋め込むタイプの小さな身分証明書のようなものです。賛否両論ある中、その必要性が叫ばれているのはなぜか?詳しく見ていきましょう。

はてな
Pocket
お気に入り登録

マイクロチップとは

マイクロチップとはどのようなものなのでしょうか?

水色の首輪をした犬

マイクロチップとは、直径約2㎜、長さ約8~12㎜円筒形電子標識器具です。
電子標識器具…と聞いて頭の中が?だらけになった方もたくさんいらっしゃると思います。
わかりやすく言えば犬の個体を識別するもの、名札や迷子札といった犬にとって一種の身分証明書となるものを進化させたものと思って頂ければ大丈夫です。

しかし、名札や迷子札との大きな違いとして、マイクロチップは体の中に埋め込むということが挙げられます。チップには世界で唯一の『国コード、動物種コード、メーカーコード、個体番号からなる15桁の数字(番号)』が記録されており、この番号を専用のリーダー(読取器)で読み取ることが出来ます。番号と同時に飼い主の連絡先などの情報も登録できるようになっており、いざ愛犬が迷子などになってもすぐに飼い主への元へ戻ることが可能になります。体内に埋め込むことによりなくしたりすることがなくなり、データが書き換えられることもないため確実な証明となるわけです。

またリーダー(読取器)から発信される電波を利用して、データを発信するので面倒な電池交換をする必要もなく、半永久的に使えるようです。
アメリカやヨーロッパなど世界中で使われており、最近では日本においても話題にあがる機会が少しずつ出てきているようです。

埋め込むための費用と登録方法

書類と電卓

埋め込むための費用は、その動物や病院によっても違いますが数千円から1万円程度が一般的です。チップには番号や飼い主の連絡先などを登録する必要があるため登録料として別途に千円程度かかります。

マイクロチップの埋め込みは動物病院で行いますので、そこで犬や飼い主の連絡先などの登録も行えます。ただしどこの動物病院でもマイクロチップを取扱っているわけではないようです。詳しいことはかかりつけの動物病院、または各都道府県の獣医師会にご相談ください。

埋め込み手術について

太い注射針

埋め込み手術なんて…そんな大掛かりなことを?…と思ってしまいますが、実際お腹を切って埋め込みを行うわけではありません。

マイクロチップは、普通の注射針より少し太い専用の注入器(インジェクター)を使って体内に注入するかたちになります。針が太かったらすごく痛いであろうと心配になりますが、 普通の注射と変わらない程度の痛みで、麻酔薬や鎮静剤の必要もなく短時間で終えることができます。

マイクロチップを注入する体の場所ですが、背側頚部(首の後ろ)が一般的で、体内で動いたりするようなことは通常ないようです。犬は生後2週齢から埋め込みが可能となります。
マイクロチップの埋め込みは、獣医療行為にあたるので一般の方はできません。

犬にマイクロチップを埋め込むことの賛否両論

クエスチョン

マイクロチップは30年程度の耐用年数があるとされています。また、埋め込んだことで起きたとされる事故などの報告も現在は確認されてはおりません。しかし国内ではマイクロチップの埋め込みに関して認知度の低さも伴って、様々な意見が出ており、賛否両論あるようです。
では、その理由とはどのようなものなのでしょうか?

マイクロチップ賛成派

OK

飼い犬に関する責任の所在が明らかになる

残念ながら様々な理由から飼育できなくなった犬を、山などに放したり動物愛護センターなどの行政施設にだまって置いて行くような無責任な飼い主が全くいなくなったとは言えません。マイクロチップを埋め込むことで鑑札などがついていない犬であっても飼い主に関する情報をあきらかにすることができます。

迷子や事故などにおいて飼い主への連絡がスムーズになる

特に遠方で飼い主とはぐれてしまい自力で家に戻ることができなくなった犬が運よく保護された場合でも、鑑札や迷子札をつけていないと飼い主の元へ戻ることはとても難しいと言えるでしょう。
こんな時も犬へのチップの埋め込みが義務化されれば飼い主の元へ戻ることができる犬は圧倒的に増えます。

迷子札のような脱落や書き換えがない

私自身、愛犬に迷子札をつけていたことがありました。カプセルのような小さな入れ物の中に連絡先を書いた紙を入れて愛犬の首輪にしっかりつけておいたのですが、気づいたらカプセルの下半分が脱落して中の紙も紛失してしまった経験があります。

犬が盗難にあったときのための証明書

こちらは実際そういう被害にあわれた方はどのくらいいるものなのかはわかりませんが、いざというときに自分の犬だということの確実な証明になりそうです。

マイクロチップ反対派

NO

埋め込みに使う注入器(注射器のようなもの)が痛そうで心配である

確かに注入器は注射器より少し太い物を犬の体に刺すわけですから、考えただけでも痛そうで心配になる気持ちも理解できるかもしれません。

犬の健康に悪影響がないか心配である

とても小さいとは言え、電子器具を体に埋め込むわけですから影響がないものか考えてしまうのかもしれません。

費用が高すぎ

動物の種類によっても異なりますが犬であれば数千円とは言われています。一生に一度の埋め込みで済みますがこれを安いととるか高いととるかは価値観の問題と言えます。

マイクロチップの信用性がわからない

マイクロチップがどんなものなのかという認知度や普及率を考えると信用を得るにはまだまだ時間がかかると言えるでしょう。

義務化について

つながれた雑種犬

ヨーロッパやアメリカなどでは、早くからマイクロチップの導入が進んでおり、近年ではヨーロッパに限らずアジアの一部の地域などマイクロチップの義務化が世界的に進んでいます。

マイクロチップに登録された情報を管理してりいる動物愛護4団体と獣医師会によって設立された動物動物ID推進会議(AIPO)によるとマイクロチップを埋め込んだペットは、国内において犬と猫を合わせて25万頭弱と言われています(2009年時点)。この数字だけで見ると結構普及しているように思えますよね?でも飼育されているペットの全体数から考えると全く普及しているとはいえません。

そんな中、日本でもマイクロチップの義務化が検討され始めています。
その大きな理由として、捨てられる犬や猫の自治体による引き取り数を減らすためと言われています。

もうひとつの理由は、犬や猫が災害時パニックに陥り、飼い主とはぐれてしまうことを防ぐためです。マイクロチップの埋込みを義務化することで、このような問題を大幅に減らすことが期待されているのです。

まとめ

私個人としてはマイクロチップを埋め込むことには賛成です。
捨てられやむなく殺処分される犬猫の数は毎年数十万頭に上ると言われています。
人の身勝手な飼育により、これだけの罪のない命が消えていっている現実に目を背けることはできません。マイクロチップの埋め込みを進めることで飼育の責任の所在を明らかにし、守れるであろう命を少しでも救うことが、私たちの役目なのではないでしょうか?

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    20代 女性 そそ

    愛犬にマイクロチップを埋め込むことについては私はどちらとも言えません。名前やデータなどが埋め込まれるので、もしも迷子になったりした時にマイクロチップを発見してもらえれば飼い主が特定されるのでそのような場合には確かに助かるしありがたいと思います。ただ、飼い主としてこの気持ちが正しいのか正しくないのか分かりませんが、いま愛犬にマイクロチップを埋め込むというのは考えられません。なんとなく不安に思います。ですが、もしもの時に役立つことも事実なのでこれか飼い主それぞれの考え方にわかれるものだと思います。
  • 投稿者

    20代 女性 RINRIN

    私の愛犬2匹と愛猫は動物病院でマイクロチップを埋め込みました。その理由としては、近年震災が増え、愛犬愛猫と離れ離れになってしまう事に不安を感じたからです。また、首輪に鑑札・迷子札・狂犬病予防注射済の3つをつけており、小型犬には重たいので普段家の中では首輪を外しています。そのためとっさの時に間に合わない可能性もあると思いマイクロチップをしました。愛犬(パピヨン)は避妊手術の時に一緒にしましたが、愛犬(キャバリア)と愛猫は診察中にチクッと注射で埋め込んでもらいましたが非常に大人しくケロッとしていました。痛そうでかわいそうと思う方もいらっしゃるかと思いますが、私は一瞬の痛みよりももしもの時大切な愛犬愛猫を失い後悔するより良いと思います。
  • 投稿者

    50代以上 女性 K9-ABC

    欧米ではペットにマイクロチップを埋め込むことはずいぶん前からされていますが、日本では2006年に動物愛護管理法による行政機関導入となり、その後2011年の東日本大震災後のペットとの再会等のニュースを受けて広く知られて、装着率が上がったと聞きます。 我が家では、数年前に渡航の可能性があった時に装着を検討しましたが、渡航計画が変更となった流れで愛犬のマイクロチップも未装着のままです。しかし、本州東海地方在住なので、大地震の可能性が言われて長い事もあり、災害後に迅速に個体識別できるトレーサビリティの利便性を考えると、また実装を検討したいです。もし、平常時に迷子になったり、震災で愛犬がパニックを起こして逃走しても、早期再会したいですから!
  • 投稿者

    50代以上 女性 匿名

    私は愛犬を購入するする前にマイクロチップが埋め込まれていました。識別番号は知らされていますが、実際なんの役にも立っていません。一度脱走した時も交番と、本署にも連絡をし、見つけた方が保護してくれ、交番へ連絡をしてくれ、再会することができました。
    飼い主はまず交番へ連絡をするのでチップを読み取ることもする必要はなく、うちの犬がチップを埋め込まれているなど、かかりつけの動物病院以外は誰も知らないし、なんのためだったかわかりません
  • 投稿者

    50代以上 女性 匿名

    2頭の同年齢の柴犬・チワワを飼ってます。
    飼う前からマイクロチップを埋め込む事を決めてました。
    万が一に盗難や迷子になった場合、迷子札だけだと外れたり外されたりしたら我が家の子だと証明できないのでマイクロチップを埋め込みました。
    切って埋め込む訳ではなく注射1本で済むし小型犬は体格も考慮し6ヵ月の去勢時にお願いしました。
  • 投稿者

    40代 男性 匿名

    マイクロチップの規格は統一されたのでしょうか?
    以前は規格か異なるマイクロチップはリーダーで読み取れない不具合があったし、
    迷子などで保護された犬のマイクロチップを読み取る作業は大変なのであまり行われないという話も聞きます。
    現状の日本ではあまりメリットが無いような…
  • 投稿者

    女性 Ludy

    私個人的にはマイクロチップの埋め込みには大賛成です。

    私達夫婦はペットショップで「目が合った、可愛いから」と言うそれだけで一緒に暮らし始めた不届き者です。愛犬家の皆さんのように終生飼育をする覚悟など考えもせず、安易な気持ちで我が家のワンコと暮らし始めました。
    そんな動機だったので、簡単に飼育放棄できない、命を育むことを放棄する事が難しい状況を自らに与えました、一種の戒めです。
    暮らし始めてすぐに我が家のワンコがくれる癒し、笑い、心が和み家族内が明るくなる生活に居なくてはならない存在になって、今ではワンコに痛い思いまでさせてなんて無駄な事したんだろうって思います。
    けれど、飼育放棄されるワンコ達の多さに悲しい思いがこみ上げます。
    愛情が湧かない飼い主に買われるワンコ達が可哀想です。
    そのような意味合いでは、安易に捨てられない状況を作ると言った価値があると思います。
    (引越しした時に、登録情報が簡単に変更できたのが気がかりです。行政が介入して厳密な登録手法が必要かと感じたこともありますが。)

    暮らし始めて早10年、ワンコのおかげて毎日が楽しい生活を満喫しています。
    おまけと言ったらおかしいですけど、我が家のワンコと海外旅行も一緒に楽しめました。
    Ludyの投稿画像
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。