ゴールデンレトリバーの里親について

ゴールデンレトリバーの里親について

ゴールデンレトリバーの里親になりたいという方のために、選び方や入手法、事前に確認すべき注意点をご紹介します。

はてな
Pocket
お気に入り登録

ゴールデンレトリバーの里親になるという責任

ペットの里親とは、行き場を失った犬を引き取り、終生飼育をする人のことです。終生飼育と言うと、なんだか堅苦しいですが一言で表せば”その犬の最後まで責任を持って飼うこと”です。

ゴールデンレトリバー

最後まで責任をもって飼うのは当たり前の事です。しかしながら、様々な事情で一度飼った犬が飼えなくなり、保健所に持ち込んだり、保護団体に引き取ってもらう人がいます。こうして行き場の無くなった犬を飼う事が里親の定義です。

人気犬種であるゴールデンレトリバーも、里親募集されることがあります。また、血統書などの書類は無いことが多いのが実情です。

里親を募集しているゴールデンレトリバーの選び方

日本全国には里親を募集している犬達がたくさんいます。ペットの里親を募集するサイトなどで犬種別検索をすれば、見ることができます。募集の記事には、その犬の性格や保護をした経緯が書かれています。たとえば「とっても友好的で甘えん坊」や、「人見知りだけど、慣れたら甘ったれです」などです。さらに健康状態の事や、保護した人が行った医療処置についても書いてあることがあります。その中で気に入った犬がいたら問い合わせてみましょう。

そして実際に犬を迎えることになれば、その犬の一生の責任を持たなければなりません。なので犬を選ぶ際に気をつけたいポイントをご紹介します。

気に入った犬がいたら早速、保護者と連絡をとりましょう。犬を迎えるに当たって、まず最初にすることは犬を保護している者との連絡です。保護している側は大きく別けて2種類あります。1つ目は保健所です。行政の動物愛護センターでは常に里親を募集しています。2つ目は動物保護団体や愛護団体です。これらの2つについて、それぞれの注意すべきポイントを挙げます。

行政の動物愛護センター(保健所)

県や市などの行政では、持ち込まれた犬や、迷い犬などを保護しています。多くの保健所で沢山の犬が保護されています。それぞれの地域の保健所のホームページには里親を募集している犬が紹介されています。気に入った犬がいたら問い合わせてみましょう。保健所から犬を引き取る場合には譲渡費用などがない事がほとんどです。その点もメリットと言えるでしょう。ただし行政によっては適切な医療行為がされていない事もあるので、事前に健康状態についても詳しく聞きましょう。

また保健所では、譲渡対象者の条件が規則によって定められていることが多く、住んでいる地域の保健所でないと対象外になることがあります。しかしこれを例外としている保健所もあります。

保健所の収容頭数が限界になると、殺処分されることがあります。もちろん保健所の職員も、好きで殺処分をしているわけではありません。これ故に、里親となる人を厳しく選ぶ事はしない所が多いようです。

譲渡の際は、事前に講習を受けることを義務付けている所もあります。

保健所のメリット

  • 譲渡費用が基本的にかからない
  • 行政の指定する条件を満たしていれば譲渡されやすい

保健所での注意点

  • 医療処置や健康状態などの確認を事前にすること
  • 住んでいる地域の保健所からでないと譲渡されない(例外あり)

動物保護団体

子犬と母犬

動物の保護を行っている法人(NPO法人や一般社団法人など)を一般に保護団体や愛護団体と呼びます。ここで活動する人は、本当に犬を助けたくて日頃から必死で活動する人たちです。そのため、健全な団体ほど里親をしっかりと選びます。応募があれば誰にでも譲渡するようでは、また犬を捨てるような人に渡しかねません。なので、彼らは里親となる人をしっかりと確認し、信頼のおける人にしか譲渡しないが常識です。里親候補者への選定基準は、その保護団体によっても違います。一例を挙げると、家族構成や、住んでいる環境、他の動物を飼っているか、などが挙げられます。一般的に留守がちな家には譲渡しないことも多くあります。

保護団体では必要最低限の医療処置がされていることが多く、健康管理の点では良いと言えます。しかし、団体によっても様々なので注意が必要です。

保護団体では、主に各ボランティアが自分の家で犬を保護し飼育しています。なので、人との暮らしに慣れている犬も多くいます。また、その担当ボランティアに日頃のケアなどの質問ができるのもメリットとなります。

保護団体からの譲渡には、ほとんどのケースで譲渡費用が発生します。これはその犬にかかった医療費などが主な内容です。まれに「非営利組織が金を取るのか!」と言い回る人がいます。しかし各ボランティアが無償で全ての業務(動物病院代やエサ代、飼育にかかる費用)を自腹で払っていては、あっという間に破産してしまいます。破産してしまっては保護活動も続けれられなくなるのです。なので必要最小限の経費を請求するのは当然の事と言えます。譲渡費用は団体によっても異なり、相場というものはありません。ゴールデンレトリバーなどの大型犬の場合では3万円~5万円が多いようです。

また、よほどの医療費がかかっている場合を除き、無条件に数十万円などと謳っている所は健全な団体ではない可能性があります。高額の医療費がかかっている場合は、詳細(動物病院の明細書など)を確認しましょう。

動物保護団体のメリット

  • 日頃の様子や、飼育の際の注意点などを細かくきける
  • 最低限の医療処置が施されている
  • 団体によっては専属のドッグトレーナーの無料指導が受けられる

保護団体から譲渡を受ける際の注意点

  • 生活環境や家族構成など細かく聞かれることがある
  • 保護者側によって選定されることがある
  • 譲渡費用の確認

動物保護団体では、里親になる人の選定基準が厳しい所もあります。しかしこれは、不幸な連鎖を断ち切るために保護団体も苦渋の決断をしているのです。仮にあなたが里親に申し込んで、断られたとしても気分を悪くしないでください。その犬とあなたの相性が悪かっただけと思って、また新たな犬をオファーするか、違う団体を当たってみましょう。

次に、個体の選び方をご紹介します。もし、引きとった犬が問題行動を起こしてしまっては大変です。個体をしっかりと選ぶことでそのリスクを下げることができます。

犬個体の選定

犬3頭

ゴールデンレトリバーという犬種について知ること

ゴールデンレトリバーは活発な犬種です。飼うには、運動をしっかりとさせてあげる必要があります。毎日の散歩はもちろんのこと、しつけも適切に行なう必要があります。ゴールデンレトリバーは温厚だと言われていますが、攻撃性の高い個体もあります。体重30kg近くの犬が問題行動を持てば、飼うことすら困難になります。犬種の特性をよく調べてから、あなたのライフスタイルに合っているかどうか判断しましょう。

極度に興奮している犬は避ける

興奮しやすい気質は、飼主による制御が難しくなります。そういった犬に慣れてないのなら、できるだけ穏やかな犬を選ぶようにします。穏やかな犬はしつけやすく、問題行動にも発展しにくいのがメリットです。面会に行って、やたらに飛びつくや、吠える、常に動きまわっているようなら、避けたほうが良いでしょう。

臆病な犬には要注意

臆病で常にどこかに隠れているような個体は、精神的に不安定です。このような犬を引き取る場合は、心のケアの方法を知っていないとなりません。よく臆病な犬は、大人しく見えるので、良い子だと誤解されること多いのです。しかし、これは全くの間違いです。臆病な犬ほど吠えるや噛むなどの問題行動に発展しやすいこと知っておきましょう。

フレンドリーでハッピーな犬を選ぶ

人に会っただけで幸せそうな表情を浮かべたり、人懐こい犬が理想です。ただし、これも行き過ぎると、先述のような興奮しやすい犬になってしまいます。人に対して穏やかに近付き、ハッピーな表情で大人しくできる犬が理想です。

犬を迎えた後は、しつけを行なう。

犬が新たな環境に馴れるまでの間は、あまり過度な接触はしないようにしましょう。徐々に信頼関係を深めていくことで、犬にとってもスムーズに環境に馴染むことができます。慣れてきたら、ドッグトレーナーやドッグビヘイビアリストなどの専門家に依頼して犬への接し方や、しつけについて適切なアドバイスを受けましょう。

ゴールデンレトリバーのおすすめ里親リスト

多くの人が利用している里親募集サイトを紹介します。
お気に入りの子を見つけましょう。

ペットのおうち

http://www.pet-home.jp

または、地元の動物愛護センターのホームページも探してみましょう。

地域の保健所のホームページ

ゴールデンレトリバーの里親に関するまとめ

ゴールデンレトリバーという犬は、温厚で飼いやすいとされています。しかしこれは一般論でしかなく、実際は個体差によって大きく異なります。あなたと犬の相性も大切な要素です。募集されている犬の個体をしっかりと見極めて、この子を一生大切にするという覚悟を持ってから迎え入れるようにしましょう。

保護犬達の多くは、何かしらの辛い過去があるものです。それは本当に不幸な事です。だからと言って、犬に過度な同情を持つことは、多くの場合で犬の行動に悪影響を及ぼします。新たに迎えられた犬は既に幸せになったのです。なので過去に同情する必要はありません。”肝っ玉母さん”のように逞しく犬を育ててあげてください。

日本中に里親を待っている犬がいます。是非、あなたに合った犬をみつけてくださいね。

▼ゴールデンレトリバーについて詳しく知りたい方はこちら

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    30代 女性 Chappy

    里親になるということは、ゴールデンレトリバーのような穏やかで優しそうなワンちゃんなら…
    と簡単に考えてはいけないということですよね。犬や猫の里親が何万という、ものすごい数の募集をしているということに驚きました。全員…みんな良い飼い主さんと出会い、幸せになってほしいですね。
  • 投稿者

    30代 女性 TIKI

    我が家もゴールデンレトリバーを飼っています。うちは里親ではなくペットショップで購入してパピーからしつけをしました。ゴールデンのイメージは穏やかで飼いやすい感じだと思いますが、それはしつけをした子に限ります。
    すぐに大きくなって運動量もあり、ワガママになってしまうと大きさゆえに手が付けられない飼い主も沢山知っています。自分が本当にその子の里親になって、運動もさせてしつけも出来ると確信出来たら是非迎え入れてほしいです。
  • 投稿者

    20代 女性 ゆり

    保護犬は辛い過去を背負って、新しい明るく楽しい未来を待っている犬たちです。そんな犬たちを受け入れる側は、その未来への責任と過去の辛い出来事を背負っていかなくてはいけません。私も保護犬という存在を知ってから様々な団体の活動を見てきましたが、その中には一度里親へ出した犬が見るも無残な姿になり、戻ってきた犬がいた団体がありました。
    一度ならず二度も辛い経験をしてしまった犬ですが、人を嫌いになることはなかったようです。保護団体の譲渡条件が厳しいと思う方もいるでしょうが、それにはきちんとした理由があります。それを理解し、その犬のことも理解し、しっかり考えることのできる里親さんがたくさん増えることを切に願います。
  • 投稿者

    女性 さくらん坊

    以前、ゴールデンレトリバーを飼っていました。うちの家族は大型犬が大好きなので、いつも大型犬と生活しています。愛犬だったゴールデンレトリバーは、とにかくおっとりしていて、賢くてもの静かな犬でした。このゴールデンを飼う時にブリーダーさんから生まれた子犬を何匹か見せてもらったのですが、うちの愛犬は子犬の時からなんだかおっとりのんびりした犬でした。既に数年前にこの愛犬を亡くしてしまいましたが、次に飼うなら絶対にゴールデンの里親になりたいと思っています。飼ったことのある人間から言わせてみると、こんなに可愛い犬種はいないと思います。(かなり毛は抜けて室内が毛だらけにはなりますが・・・)里親を考えている方は、やはり大型犬ということもあるので、事前にゴールデンについて調査しておいた方が良いと思います。
  • 投稿者

    30代 女性 v_v

    私の知っているレトリバーのブリーダーさんは、子犬を迎える方にはしつけ教室の受講を必須としています。それも同居の家族全員参加が条件でした。レトリバーはとても賢くて優しいイメージだったので、そんなに大変なこととはと、少々驚きました。大型犬を飼育することの大変さをなんとなく察したわけですが、考えてみれば当然のことですね。
    うちの犬は小型犬で、若い頃は犬と遊ぶのが大好きだったのですが、一度だけドッグランでレトリバーの子犬とうちの犬のじゃれ合いがハードになりそうで引き剥がしたことがありました。
    飼い主さんは女性だったのですが、自分の犬を制御できない状態で、レトリバーの子犬といっても柴犬よりずっと大きくなっていたため力もかなわず、「そんなんでリード離さないでよ!」とつい大きな声で怒鳴ってしまったことがあります。子犬でもかなりのパワーですので、安易にレトリバーの里親にならずに、必ずその子のトレーニングがどの程度入っているかなどを確認しないといけないと思います。中にはトレーニングがされておらず、それを理由に放棄された子もいるかもしれません。
  • 投稿者

    40代 女性 こたママ

    里親になるって難しそうなイメージがあるけれど、記事を読んでいて感じるのは犬を飼い始める覚悟をするという点ではペットショップで買うのも里親として譲り受けるのも変わらないのではないか?ということです。もちろんペットショップやブリーダーなら素性も性格もわかっているけど、どう育つかは未知数だし、捨てられた子はつらい過去があってもそれを感じさせない天真爛漫タイプかもしれないし…。里親になる方が確かに気持ちの面で色々覚悟が必要かもしれないけど、それ以外でも同じくらい覚悟しないとダメなんだと思います。その覚悟がないから捨てることになるんだと思うんです。ゴールデンも一時期流行って、でも大きいし抜け毛も多いし力も強いし、すべての子が温和で優しいわけじゃないしってことで捨てられた子も多いんですよね。ゴールデン大好きなので、本当に心が痛い。
  • 投稿者

    女性 ごんた

    我が家の二代目ワンコがゴールデンレトリーバーでした。
    とにかく温厚で、甘えん坊で、とても躾のしやすい子でした。
    ゴールデンが飼いやすいのは見た目はとても大きいのですが、飼い主に従順なところとトレーニングをすればきちんと習得する賢いワンコだということ。
    その反面、かなり大きな体なのに自分は大型犬と思っていません(笑)
    愛情表現で飛びついてくると小さい子や女性は簡単に吹き飛ばされちゃいます。
    飛びつき行為をしないようにしつけるのも大切です。散歩の時に引っ張られると引きずられてしまい、飼い主さんがケガをすることもあります(笑)なのでうちは一ヶ月間、トレーナーさんに来て頂きしっかりとトレーニングしました。

    ただ、記事に書いてあるような里親探しで出会った「ゴールデンの選び方」にはちょっと賛同出来ないものがあります。
    【臆病な子には要注意】とありますが、ワンコの性格や育ってきた環境なども踏まえて臆病な子は沢山います。一概に臆病だから辞めとこということにはならないはずです。時間をかけてゆっくりと接していけばいいと思います。人間のせいで臆病になっている子もいることを分かってあげて欲しいと思います。
    また【フレンドリーでハッピーな犬を選ぶ】だけは賛同できませんね。
    どういった理由で里親探しをしているのか知っていてそのような選択肢を入れたのか分かりませんが、ワンコは皆平等にハッピーでいるべきなのです。ただそれが身勝手な理由から(飼育放棄、虐待、過剰繁殖など)ハッピーじゃない状況にしたのは人間ですよ。
    里親さんがこれからハッピーにしてあげるのが一番です。今まで不幸だったかもしれないワンコを幸せにするための里親探しですから。ワンコの性格が伴ってきますから初めからフレンドリーを求めるのはおかしいと思います。ゴールデンで言えば、基本フレンドリーではありますが、今まで人間に虐待されてきたような子であればフレンドリーではなくなっています。
    そういうことを踏まえての里親探しですから、ペットショップでワンコを飼う、子犬を譲渡するのとは訳が違います。それだけ里親としてワンコを受け入れるのには覚悟が必要だということです。

    ゴールデンは大きいがゆえに、飼えなくなってしまった、手に負えない、散歩に連れて行けないなど無責任な理由から手放す身勝手な飼い主もいます。
    大型犬は毎日適度な運動が必要です。また狭い家やマンションで飼うようなワンコではありません。ストレスが溜まります。大型犬を飼う以上はそれなりの環境を整えて上げられる方でないと飼う資格はないと思っています。
    また、ある程度の手入れも必要です、ゴールデンの毛はとても細く絡まりやすいので毛玉もすぐにできてしまいますから毎日こまめなブラッシングが必要です。そして大型犬ゆえの行動をある程度抑えるためにトレーニングを受けるかまたは飼い主さんのしっかりとした躾が必要です。これらの条件が揃っていて初めて家に迎え入れることができると思います。
    里親探しをしているゴールデンが多いのもそういう条件が揃わずして飼い始めてしまった方が手放す無責任な人が多いということをもっと多くの人に知って貰いたいと思います。

    そして、ゴールデンの老後は意外と大変です。足腰が弱ってくると大人でさえも40,50kgあるようなワンコを抱えるのも大変です。とはいえ、可愛い我が子ですから、最期の最期までしっかりと世話をする、面倒を見る、看取るのは飼い主さんの大事な役割だと思います。
    ワンコをハッピーに出来るのはそういう飼い主さんだと思います。
  • 投稿者

    30代 女性 匿名

    何頭か犬を飼ってきました。
    今はゴールデン♂と暮らしています。

    色々な種類の犬を、幼犬・成犬から飼育してきて言いたいのは、「里親は簡単ではない」ということです。

    理由は
    ○過去の病歴、ケガがすべて分かる訳ではない
    ○幼犬期より動物保険料が高い
    ○しつけの入り易い犬種とされているが幼犬から飼育する事と比べるとかなり入りずらい。
    です。

    頭か良い犬種ゆえに最初の飼い主は忘れません。
    成犬であればその個体の性格や生活リズムが確立されており、人間側が犬に合わせた生活をしなければなりません。
    なのでこの記事を読むとゴールデンを飼うなら里親の選択肢もとありますが、
    個体にはよりますがゴールデンの飼育経験者でもショップやブリーダーから幼犬のうちに迎えるのとは別物だと思った方がよいと思いました。

はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。