犬にはちみつを与えても大丈夫?効果や与える量、注意点について

犬にはちみつを与えても大丈夫?効果や与える量、注意点について

お気に入りに追加

人間の美容や健康にいいと注目されているはちみつですが、犬にとってもはちみつを食べることはいい効果をもたらすのでしょうか?愛犬の健康維持に役立つのなら、はちみつを与えてみたいですよね。この記事では、犬にはちみつを与えたときの効果や注意点をまとめています。

92062view

犬にはちみつを与えても大丈夫?

棒から垂れるはちみつ

犬にはちみつを与えることは自体は問題ありません。優れた抗酸化作用や栄養素を持つはちみつを、愛犬にも食べさせたいと考える飼い主さんも多いかもしれませんね。

はちみつは私たち人間の間では、古くから健康維持に様々ないい効果をもたらす食材として知られており、美容用品や健康食品など幅広く使用されています。はちみつは犬にとっても人間と同じように健康に効果的な食材なのでしょうか?

実は犬にはちみつを与えることについては、賛否両論様々な意見があります。はちみつがもつ優れた抗酸化作用や殺菌作用は犬の健康維持に役立つ反面、カロリーが高いことや中毒の危険性などがあり、与えるときのリスクが存在するためです。はちみつを犬に与えるときの、メリットと注意点にはどのようなものがあるのでしょうか。

犬にはちみつを与える事で期待できる効果

ハチの服の犬振り向き

毛艶がよくなる

はちみつにはミネラル分が豊富に含まれているので、犬の毛艶をよくする美容効果があります。愛犬の毛艶が悪くて困っている飼い主さんは、はちみつを与えて体の中から被毛のケアをしてみるといいかもしれませんよ。

抗酸化作用がある

はちみつに含まれるポリフェノールには抗酸化作用があり、老化予防や免疫力をアップさせる効果があります。病気になりにくい体を作ることで、健康維持が期待出来ます。

殺菌作用がある

はちみつには優れた殺菌作用があり、擦り傷や切り傷などの怪我の際に用いることができます。傷口にはちみつを塗ると優れた殺菌作用のおかげで、傷が化膿するのを防ぐことができ、治りが速くなる効果があると言われています。

あくまで一時的な対処療法として使えることがあるという話しで、実際に家庭で実践するには不安な面があるので、怪我の場合には獣医師の診察を受けるようにしてくださいね。

エネルギー補給

はちみつには、糖分・ビタミン・ミネラル・アミノ酸・酵素といった栄養素が含まれています。そのため、犬が疲れている時や食欲がない時などのエネルギー補給として適しています。砂糖よりもカロリーが低く、血糖値の上昇も穏やかなので、素早いエネルギー補給にはちみつはおすすめです。

犬におすすめのはちみつ

花とはちみつ

はちみつには、アカシヤはちみつやれんげはちみつなど、たくさんの種類がありますね。その中でも犬におすすめのはちみつは「マヌカハニー」という、ニュージーランドに自生するマヌカの花の蜜から取られたはちみつです。

はちみつの王様と言われるほど高機能なはちみつで、普通のはちみつよりも高い殺菌作用を持ちます。そのため人間の間でも人気が高く、健康維持食品として注目されています。実際に食べたことのある飼い主さんもいるかもしれませんね。

犬にはちみつを与える際にも、このマヌカハニーがおすすめです。マヌカハニーには普通のはちみつの8倍ほどの抗菌作用があり、犬の口腔ケアや怪我や病気の治療にも効果があると言われています。歯磨きが苦手で口腔内のケアが難しい犬でも、マヌカハニーを舐めさせるだけで歯周病や口臭の予防ができると、愛犬家の間では注目されています。

普通のはちみつでは逆に歯周病の恐れがあるので、犬の口腔ケアに用いるときには、必ずマヌカハニーを使うようにしてください。マヌカハニーを使った犬用の口腔ケア用品も販売されていますよ。

天然三六五 ペット用歯磨きジェル 歯にマヌカ 30g
1,944円(税込)

犬にはちみつを与える際の量の目安

ハチの被り物したジャックラッセル

犬にはちみつをあたえる時は少量から慣れさせていき、下痢や嘔吐などの体調不良が起こらないかを確認してください。徐々に与える量を増やしていきますが、1日に与える量は体重1kgに対し約1gほどにとどめるようにしてください。

健康にいいと言われるはちみつですが、多く与えればそれだけいい効果をもたらすとは限りません。犬が甘いはちみつが大好きになって、要求してくるようになることもありますが、ついつい与えすぎてしまったりするのは良くありません。

1日の摂取量を守って正しく与える必要があります。ご飯のトッピングに使ったり、おやつの代わりにあげたり、水に溶かしてみたりと、愛犬に合った方法で与えるようにしてくださいね。

犬にはちみつを与える時の注意点

お皿とコーギー

はちみつが犬に与えるいい効果について説明してきましたが、はちみつを犬に与えることは注意点も存在します。はちみつを与えてみたい!と思った飼い主さんも注意すべきことと危険性をしっかりと確認してくださいね。

量を与えすぎない

はちみつは糖分が主な成分でカロリーが高いため、与えすぎると肥満になってしまう危険があります。そうなると心臓病や糖尿病などの別の病気のリスクが高まってしまうので、1日に与える分量を守って与えすぎには気を付けてください。

また、量を与えすぎると下痢や軟便になるリスクもあります。消化機能が弱い犬の場合は過剰な糖分を消化しきれずに、お腹を壊してしまう恐れがあります。人間からしてみれば少ない量でも、体の小さい犬にとっては十分すぎる量なので、くれぐれも与えすぎないように気をつけましょう。

アレルギー症状に注意する

はちみつ自体にはアレルギーを起こすような成分は含まれていませんが、はちみつに花粉が含まれてしまっていた場合には、花粉アレルギーの症状が出ることが考えられます。

少量ためしてみて、涙がでる・体を激しく痒がる・目の周りや口周りの皮膚が赤くなるなどのアレルギー症状が出ないか、注意深く観察してください。もともと花粉アレルギーのある犬にははちみつは与えないようにしましょう。

子犬・老犬には与えないようにする

人間の赤ちゃんにはちみつを与えてはいけない、という話を聞いたことはありませんか?これははちみつに含まれていることがある「ボツリヌス菌」という細菌により、中毒症状が起こる危険があるためです。

腸内環境が未成熟だとボツリヌス菌に感染する確率が高く、犬の場合も同様で、子犬や免疫力の弱った老犬にははちみつを与えてはいけません。ボツリヌス菌による中毒は、命を落とすこともある非常に危険なものなので注意が必要です。はちみつを与えた後に激しい神経障害などの体調不良が起きた場合には、すぐに動物病院で診てもらってください。

腎不全の犬に与えるときは注意が必要

腎不全の犬は高脂肪食の影響で膵炎にかかりやすくなります。膵炎になってしまうと、糖質の取りすぎに注意しなくてはなりません。そのため、糖質が多いはちみつは与えないようにしましょう。

まとめ

ハチの巣とはちみつ

犬にはちみつを与えることのメリットや注意点を紹介してきましたが、いかがでしょうか?危険性があることを考えると、犬にはちみつは無理して与える必要のない物かもしれませんね。ですがいい効果があることも事実なので、愛犬にはちみつを試してみたい飼い主さんは、くれぐれも注意して与えるようにしてあげてくださいね。

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    30代 女性 めだか

    我が家では、飼い犬にはちみつを上げたことがありません。しかし、この記事を見る限り、上げ方次第ではよく働く事も多いみたいですので、機会があれば上げてみたいなと思いました。一見糖分が高いはちみつですが、犬にとっては健康的だなんて初めて知りました。
  • 投稿者

    30代 女性 mimi

    はちみつが、犬の毛をツヤツヤにしてくれる事を知りびっくりです。しかし、歯のケアの事も考えなくてはいけないです。私の愛犬ココアの場合は、体の安全性を考え人間の食べ物はあげられませんが、万が一ケガをした時には応急処置として使用する事を検討します。
  • 投稿者

    20代 女性 そそ

    わんちゃんにはちみつを与えるということに驚きましたが、糖分が高いのでわんちゃんにとって過剰なカロリー摂取は危険ですが与えかた次第では良い作用が働く物もあるのでぜひ試してみたいと思いました。マヌカハニーは、わんちゃんに少量であれば与えても問題がないと記事にあったので試してみたいと思いました。毛艶や口臭予防などわんちゃんにとって嬉しい効果があるみたいなので興味が出ました。
  • 投稿者

    40代 女性 ちえ

    記事で紹介されていたマヌカハニーは、人間にとっても良い成分が豊富に含まれているようです。ただ、高価なものなのでなかなかワンコに与えるのは・・・と思っていましたが、今回その殺菌作用で口臭予防や傷の手当てなどに優れた効果を発揮すると知って興味が湧きました。
  • 投稿者

    40代 女性 まさ

    我が家では、ヒルトンハーブの製品を長い間与えていますので、はちみつはその間ずっと摂取しています。またヨーグルトと一緒に、時々はちみつを少量あげることもありますが、今までお腹を壊したことはありません。

    この記事を拝見して、はちみつが合わない子もいることを知りました。生のはちみつにはたくさんの栄養が含まれています。これからも信頼出来る製品を選んで、体調を見ながら与えていきたいと思っています。
  • 投稿者

    女性 おはら

    「基本的に、犬にはちみつを与えない方が良い」とよく耳にしていたので、今まではなるべく、愛犬にはちみつをあげないようしていました。でも、はちみつにはビタミンやポリフェノールも含まれていて、栄養が豊富のため、あげる際には、ワンコのおやつのクッキーなどをを焼くときに、少量のはちみつを入れる事はありました。クッキーなら、加熱処理されますものね♪

    被毛がツヤツヤになることや、マヌカハニーが口内の殺菌作用や口臭予防につながるだなんて!うちの愛犬もお口の中は歯周病などのトラブルが多いのですが、マヌカハニーを舐めさせておくと、トラブル予防につながりそうですね。

    はちみつで下痢をしたりするわんちゃんもいるそうなので、量などには気を付けながら、我が家でも普段の食生活にとりいれていようかと思います。
  • 投稿者

    女性 ハニー

    先日、人間の赤ちゃんにはちみつを与えて悲しい事故が起きたというのをニュースで観たばかりでしたが、この時に他の動物はどうなんだろう?と疑問を抱いていました。自分の家には愛犬がいるので、犬がはちみつを食べる時の危険性について知りたいと思いました。記事を読んでみると、意外なことに犬の体に良いのですね!実は飼い主である私自身がマヌカハニーを毎日少しずつ舐めています。マヌカハニーも犬に良さそうですね!しかも、口臭などの口のトラブルにも良いとのことなので、ちょっと愛犬にあげてみたいと思いました。はちみつなのに、薬のような作用があって驚きです。少し値段が高いので、毎日あげることは無理だと思いますが、マヌカハニーが犬にも良いという情報が得られてよかったです。
  • 投稿者

    40代 女性 Connie

    犬にはちみつを与える機会はこれまでありませんでしたが、カロリーが高いことと、ボツリヌス菌の心配、殺菌の手間がかかるのを考えると積極的に与えることはないかなと思います。栄養面での効果はとても魅力的なのですが…。しかしマヌカハニーの殺菌力にはとても興味を持ちました。犬の口内環境は、歯磨きをしてはいますがとても気になります。マヌカハニー配合の口内用スプレーを先日見かけたのですが、そういう理由だったのですね。でもマヌカハニーにはボツリヌス菌は含まれていないのでしょうか。気になって調べてみたところ、やはりハチミツに違いはないので稀に含まれているとのことでした。人間のように赤ちゃんでなければ大丈夫なのでしょうが、うちの犬は小型犬のため、もしものことがあったら心配で躊躇してしまいます。
  • 投稿者

    女性 白川

    犬にはちみつを与えていいかと検索をすると、駄目だったり良いだったりと回答がまちまちで悩んでしまいます。
    実際のところ、問題となるのはボツリヌス菌のことだけなので、これを対処すれば与えても問題ないというところに落ち着きました。愛犬にとってもはちみつは好む味のようで、できるなら少しくらい舐めさせてあげたいものです。

    ボツリヌス菌に感染してもすぐには症状が表れないので油断してはいけません。摂取してからおよそ12~36時間後に吐き気やおう吐、腹痛などの症状が表れます。悪化すると呼吸困難にまで陥ってしまうので、与えた後は1~3日くらいいつもより注意して様子を見ておいてあげてください。

    どうしてもはちみつを与えたい場合、今は犬用のはちみつも存在します。粉末状になっているので、ご飯の上にかけたり、おやつを作る時に混ぜたりとても応用がききます。ボツリヌス菌の心配もないので、安心して与えることができます。
  • 投稿者

    女性 ほっとけーき

    犬のオヤツではちみつを使ったレシピなどもあり、はちみつ自体はわんちゃんも食べても良いものだとは知っていましたが、そのままの非加熱状態は良くなく、加熱してあげれば与えても安心なんですね。
    そういえば、愛犬がまだ仔犬の頃、もしも低血糖症になった場合は、ガムシロップやはちみつなどを舐めさせて応急処置し、動物病院で診てもらうように言われた事がありました。
    その時に、はちみつは犬が食べても問題ないのかと知り、はちみつはおやつに使われていたりする為、加熱した方が安心な事は意外と知らない飼い主さんも多いかもしれませんね。

    私自身はちみつが好きなので、マヌカハニーやその他純粋はちみつを花の蜜の種類に分けて食べていますが、愛犬のオヤツにはちみつを使う場合はあまり癖のない、クローバーやレンゲなど使っています。
    はちみつにも種類があり、純粋はちみつは原材料がはちみつそのものなんですが、はちみつを加工したものも売られている為、与えるなら純粋はちみつをあげてください。

    はちみつは食べる以外にも美容に良い事でも知られています。愛犬に使うシャンプーは、はちみつが入った物を使っています。汚れ落ち良く肌にも優しく保湿力もあるので、おすすめです。
    傷の治療の応急処置にも使えるそうなので、もしもの時ははちみつで代用したいと思います。
    白色ワセリンや馬油なんかでも代用出来るのではちみつを舐めてしまうわんちゃんには、この2つを使ってみるのも良いかと思います。

    はちみつは、加熱処理をしてしまうと栄養が失われてしまう場合もあるそうです。栄養としてより、お砂糖の代わりとして使ってあげると良いかなと思います。
  • 投稿者

    女性 わんこ

    はちみつを乳幼児に与えてはいけない、ということを意外と知らない人が多いようです。昨年死亡事故があった際に大々的に報道され、今後はちみつ製品には大きな表示が義務付けられるとかニュースで見たような気がします。ボツリヌス菌の中毒は、場合によっては深刻になるケースがあるので、わざわざリスクを冒してまで犬に与える必要はないと私は考えています。
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

わんちゃんにはちみつを与える時のアドバイスをお願いします(^O^)

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。