愛犬が新型コロナウイルスに感染しているかどうか、判断する手段はある?

愛犬が新型コロナウイルスに感染しているかどうか、判断する手段はある?

愛犬が新型コロナウイルスに感染しているかどうか気になってしまうという飼い主さんもいるかと思います。判断する手段はあるのか?どのようなことを気をつければ良いのかをご紹介します。

はてな
Pocket
お気に入り登録

アンケートに寄せられた質問

わんちゃんホンポで実施している新型コロナに関するアンケートに、以下の質問が寄せられました。

アンケート回答者
女性 京都市 ポメラニアン
無症状の場合、愛犬が新型コロナに感染しているか判断できない。何か判断をする手段はないのか?

一般のペット向けのコロナウイルス診断テストは無い

小型犬とコロナウイルスと書いたボード

ウイルスに感染しているかどうかを判断すると言えばテストですが、今のところ一般のペット向けの新型コロナウイルスの診断テストはありません。

アメリカの2〜3の私企業が動物向けの診断テストを開発し研究のための診断テストは実施されていますが、一般のペット向けには米国農務省が許可していません。

アメリカに限らず他の国の政府も、世界の獣医学の専門家の多くも、家庭のペットが新型コロナウイルスに感染しているかどうかを日常的にテストする必要はないとしています。

その理由は「緊急性が無い」からです。
もし新型コロナウイルスが家庭で飼われている犬や猫などのペットにも人間の場合と同じような影響を及ぼすとしたら、大規模なパンデミックが起きている国々で大量のペットの死亡が報告されているはずですが、幸いなことにそのような事は起きていません。

現時点で新型コロナウイルス 陽性が確定した犬は世界で2例で、そのどちらも症状を示していませんでした。ですから症状で感染を予測することもできません。

犬が新型コロナウイルスに感染する確率は非常に低いものですから、常識的な対策を行った上で過剰な心配をしないことが、飼い主さんの心の安定のためにも大切です。

ではどんなことに気をつければ良いの?

手を洗うマスクを着けた男性

新型コロナウイルスに関することで愛犬のために最も気をつけなくてはいけないこと、それは飼い主であるあなたが感染しないということです。

世界でたった2件の犬の感染例も飼い主からであったと考えられます。もしも感染してしまった場合には、可能であればペットの世話は他の人に任せます。それが無理であれば、マスクや手洗いをしっかりと行った上でペットとの接触を必要最低限に抑えてください。

飼い主さんの健康が損なわれると、ペットの基本的な世話もできなくなってしまいます。

大切な愛犬や愛猫のためにも、マスクや手袋の着用、正しい手洗いや消毒、外出の自粛、ソーシャルディスタンスを保つ努力などを徹底して、食事や睡眠にも気を配り、コロナウイルス対策を万全にしてください。

《参考URL》
cdc.gov
https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/daily-life-coping/animals.html
oie.int
https://www.oie.int/scientific-expertise/specific-information-and-recommendations/questions-and-answers-on-2019novel-coronavirus/

文|雁秋生

新型コロナについてのアンケート実施中

「新型コロナウイルス」感染拡大で緊急事態宣言が発令されるなど、日常生活に制限や変化が出ている方も多くいらっしゃることと思います。わんちゃんホンポでは、犬を飼っている読者のみなさまの、新型コロナウイルスに関連しての不安を少しでも解消したいと考えております。

そこで「新型コロナウイルス」について『犬とともに生きている人間として』の心配や疑問に思うことのアンケートを実施しております。いただいた回答をベースに記事としてお届けいたしますので、ご協力をお願いいたします。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。