区別しておきたい犬のコロナウイルスと新型コロナウイルス

区別しておきたい犬のコロナウイルスと新型コロナウイルス

コロナウイルスにはいくつもの種類があり、その中には犬だけが感染するものもあります。新型コロナウイルスと区別して知っておきたいことをご紹介します。

はてな
Pocket

犬だけが感染するコロナウイルス

ウイルスの模型とジャックラッセルテリア

現在「コロナウイルス」と言うと、2019新型コロナウイルスのことであることがほとんどですが、コロナウイルスにはたくさんの種類があります。アルファ、ベータ、ガンマ、デルタの4つの属に分類され、新型コロナウイルスはベータコロナウイルス属の1つです。

コロナウイルスの中には犬だけが感染するものが2つあります。

消化器に症状が出るイヌコロナウイルス

トイレットペーパーとジャックラッセルテリア

犬のコロナウイルスと言えば、下痢や嘔吐など消化器系の症状を起こす「イヌコロナウイルス」のことを指すのが一般的です。

イヌコロナウイルスはアルファコロナウイルス属の1つです。軽い症状で済む場合が多いのですが、パルボなどと混合感染した場合には重篤な症状になることもあるので注意が必要です。

治療は対症療法として、下痢や脱水症状の治療、細菌による二次感染が起きている場合は抗生物質の投与などが行われます。

ワクチン接種で予防ができる病気ですが、ここで大切なのはイヌコロナウイルスのワクチンは新型コロナウイルスにも効果があると言うエビデンスは全く存在しないということです。

消化器症状を起こすイヌコロナウイルス(アルファ属)と呼吸器症状を起こす2019新型コロナウイルス(ベータ属)は明確に違う型だからです。

イヌ呼吸器コロナウイルス

くしゃみをしているようなジャックラッセルテリア

こちらは上記のイヌコロナウイルスと違って、新型コロナウイルスと同じベータコロナウイルス属の1つです。急性呼吸器感染症を引き起こし、人間が新型コロナウイルスに感染した場合の初期症状と似た症状を示します。伝染性が高く、無症状の場合にも他の犬に感染させる点も新型コロナウイルスと似ています。

治療法はイヌコロナウイルスと同様に対症療法となります。現時点ではイヌ呼吸器コロナウイルスへの感染を予防するためのワクチンはありません。

そして消化器のイヌコロナウイルスのワクチンは全く違う型である呼吸器コロナウイルスには効果がありません。

まとめ

マスクとジャックラッセルテリア

新型コロナウイルスと混同してしまわないために、犬の飼い主さんが知っておいた方が良い2種類の犬だけがかかるコロナウイルスについてご紹介しました。

この2つだけでなく愛犬が伝染性のある病気になった場合には他の犬と接触しないように隔離して、世話をする前後には石鹸でよく手を洗います。多頭飼いなどで他の犬の世話をする場合は衣服を着替えるなどの注意が必要です。

不安とストレスの多い状況ですが、大切な愛犬や自分自身を守るためには正しい知識を身につけて落ち着いて乗り越えて行きましょう。

文|雁秋生

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。