【新型コロナ対策】犬のお散歩時、ランニングの人とは十分な距離をとって!

【新型コロナ対策】犬のお散歩時、ランニングの人とは十分な距離をとって!

新型コロナウイルス対策として外出を控える中でも、運動や気分転換も兼ねて犬の散歩には出ているという人もいると思います。しかし、外であってもまわりの人との距離の取り方には注意が必要だとされています。

はてな
Pocket
お気に入り登録

犬の散歩中に気をつけたい“ソーシャルディスタンス”

ソーシャルディスタンスのイラスト

新型コロナウイルス対策として、人とは2m離れて“ソーシャルディスタンス”を保つことが大切だと言われています。ソーシャルディスタンスとは社会的距離のことで、人と人が物理的に距離を取ることを指しますが、新型コロナウイルス対策の中では飛沫感染を防ぐ目的で使用されています。

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐためには、6フィート=約2メートル離れること最低限必要だとされています。この距離は会話や咳、くしゃみなどによってウイルスが飛散した場合に届きにくいと考えられている距離なのです。

あいさつする場合は犬のリード分離れること

あいさつしているキャバリア2頭

新型コロナウイルスの飛沫感染や接触感染を防ぐために、密着・密接・密閉の“3密”を避けてソーシャルディスタンスを取ることが必要だとされています。

そのため、屋内で人に会うことは極力控えるために、さまざまな施設やお店が閉鎖され外出の自粛が求められています。しかし、屋外の場合は人との距離が取りやすく換気という観点で問題がないとして散歩やランニング程度であれば許容されているのが現状です。

そのため、飼い主さんの運動や気分転換も兼ねて犬の散歩には出ているという人もいると思います。散歩中に知人・友人に会うこともあると思いますが、人同士であれば離れた距離から声を掛け合ったり手を振ったりしてコミュニケーションを取ることができます。

犬同士に挨拶させたいときの注意点

犬同士もあいさつさせたい場合には距離が近づきすぎることに注意してください。犬同士はにおいをかぎ合うなどして近づいてしまいますが、その際、お互いにリードをある程度張った状態の距離を保つように意識するといいでしょう。

一般的に犬のリードは80~120cm程度なので、リード2本分+腕を伸ばした長さがあれば、新型コロナウイルス対策として必要なソーシャルディスタンスを保つことは十分可能だと思います。

ただし、公園内に大勢で留まって立ち話をしたり、犬同士が遊び出して飼い主同士の距離も近づいてしまうことなどがないよう散歩中のあいさつは手短に済ませるようにしましょう。

犬の散歩ではランニング中の人との距離にも注意

ランニングしている女性の後ろ姿

ソーシャルディスタンスとして約2mの距離を保つことが大切だと言われていますが、実はそれだけでは不十分だとする意見もあります。

歩いたり走ったりして移動している人のすぐ後ろには「スリップストリーム」という領域が発生し、移動している人がいた空間が少しの間後ろに引き伸ばされているという考えがあります。つまり、人が通り過ぎた直後はその空間にまだその人が呼吸によって発生した飛沫が残っているということになります。

時速4kmのウォーキングをしている人によって発生したスリップストリームが残っている時間を考えると、後ろを歩く場合少なくとも4~5mの間隔をあける必要があります。

これがランニングになるとより長い時間スリップストリームが残るので10m程度または10秒程度間隔をあけて後ろを歩くようにするべきだと考えられています。

まとめ

マスクをして散歩する女性

外出自粛が求められる中でも、犬の散歩と同じようにランニングやウォーキングで外を歩いている人が少なくありません。

そのため、散歩をする際にはあいさつで近づきすぎないように気をつけるとともに、前を歩いている人やランニングしている人から十分距離を取るようにして、できれば歩く列をずらすようにして空中に残った飛沫による影響を受けないように気をつけるといいでしょう。

ただし、ここで紹介したスリップストリームについては空気力学の専門家が行った研究によるデータなので、スリップストリームによる感染リスクについては明確にされていません。とはいえ、飛沫が残っている以上そこが感染源となる可能性は十分にあるので注意しておく必要はあると思います。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。