犬はりんごを食べても大丈夫?与え方や注意点・保存方法について

14028view

犬はりんごを食べても大丈夫?与え方や注意点・保存方法について

「犬にりんごは食べさせても大丈夫なの?」と疑問に思っている飼い主さんは結構多いのではないでしょうか。りんごが日本に入ってきたのは、明治時代と言われており、歴史は比較的浅いのかもしれませんが、今では私たち人間の食生活の中でとても身近な果物になりました。では、犬にりんごは与えても大丈夫なのでしょうか?今回は犬にりんごを与えることについて紹介したいと思います。

犬とりんご

犬にりんごは食べさせても大丈夫?

結論から言いますと、犬にりんごは食べさせても大丈夫な果物です。食べさせてもいいというよりは、体によいといわれている栄養素がたくさん含まれているので、上手に食生活に取り入れて活用すれば、犬の健康の向上にも役立つ食べ物だといえます。

りんごに含まれる成分

ポリフェノール

ご存知、抗酸化作用のあるポリフェールは、りんごの皮に多く含まれていて、活性酸素を抑えてがん予防にも効果があります。

ペクチン

こちらも皮に多く含まれていて、整腸作用があり、コレステロールを体外に排出して、大腸がんの予防になるといわれています。

有機酸(クエン酸、りんご酸)

スポーツ飲料などにも多く含まれている、クエン酸の効果としては疲労回復が有名ですが、実は胃腸の働きをよくし、殺菌作用もあります。

食物繊維

私たち人間も不足しがちの食物繊維ですが、こちらは腸内の乳酸菌を増やし、腸内を整えてくれます。

その他

この他にもいろいろな栄養素も含まれていますが、特に犬に食べさせると良くないと言われているものはないようです。

犬にりんごを与える方法・注意点

リンゴを与えるときの注意点やポイントをまとめました。

犬に与える場合、りんごは生で切っても、すりおろしても、加熱しておやつとして加工しても食べさせることができます。

すり下ろす

りんごの中に含まれるポリフェノールは酸化しやすく、金属イオンとも反応しやすいため、すりおろす場合は陶器やプラスチックが望ましいです。

小さく刻む

りんごは喉に詰まらせる犬も多いため、切って与える場合は、小さく切って与える方がいいと思います。

刻んだりんご

犬のおやつ

りんごを使っておやつを自作してみてもいいかもしれません。

これを機会に手作りおやつに挑戦してみてはいかがでしょうか。しかし、身体によいからといって、与えすぎず、偏らないように食べさせたあげることが大切です。

与える量

単純に言えば、犬の大きさによってフードの量が違うように、りんごなどの果物も与える量は個体によって異なります。

また、整腸作用があり、水分も多く含むためにお腹を壊してしまう犬もいるかもしれません、中には苦手な犬もいるでしょう。

その犬の個性に合わせた給餌方法が必要です。特に初めて与える場合は、少量を飲み込んでも喉に詰まらない程度の大きさに刻み与えてみてください。その後の体調の変化もよく観察しながら、愛犬の適量を見極めてください。

りんごは喜んで食べる犬が多いですが、もし、愛犬が苦手とするようでしたら、与え方を変えてみたり、分量を調節したりひと工夫が必要かもしれません。

そして、体質的に受け入れられないようならば、無理強いしないようにしましょう。

美味しいりんごの見分け方

りんご

果たして、りんごの味やみずみずしさをどれくらい犬が、感じとるかは疑問ですが、できればおいしいものにこしたことはありません。

人が食べるときも役にたつので、是非、お店で見極めてみてください。

見た目

赤いりんご

お尻の方の下までしっかり赤くなっている方が熟しています。

また、底の部分が黄色っぽくなっていて、お店でそうそうたたくわけにはいきませんが、たたくと金属音のするものがよいとも言われています。

青いりんご

全体的に色むらのないものがおいしいです。

大きさ

中くらいのものが、当たり外れが少なく、日持ちします。

りんごの頭に付いている枝

干からびているものは、水分が抜けていることが多いです。

重さ

手に取って持った時に、ずっしりとしてしっかりした感じのものの方が、果汁がたっぷり詰まっています。

香り

おいしいりんごは、皮の上から嗅いでもよい香りがします。

りんごの表面のきらきら

薬剤などのワックスや防カビ、防腐剤ではなく、りんご自体から生成される成分なのだそうです。
ただし、商品によっては、ワックスを使用して磨いているものもあるので、表示など注意深くチェックしたほうがいいでしょう。

犬のためのりんごの保存方法

段ボール箱に入ったりんご

りんごは涼しいところや暖房がついていないところであれば、新聞紙に包んである程度の長期保存が可能な果物です。

エチレンガスを出す特徴があるので、他の果物等を早く熟させる働きがあります。

傷みやすい果物や野菜と一緒の保存は避けた方がよく、この特性を活かして、固くて青いキーウィやバナナなどは一緒に保存することで早く熟れます。

また、エチレンガスはジャガイモの芽が出るのを抑える働きもあるため、ジャガイモと一緒に保存、と昔から言われています。

まとめ

最近では一年中食べられる「りんご」。

いったいいつがりんごの収穫時期かご存じですか?品種にもよりますが、8月の下旬から12月に入るくらいです。

出来る事ならば、りんごに限らず、人も犬にも「旬」の食べ物を口にしたいものですね。

それが無農薬や有機栽培であれば、もっと望ましいかもしれません。

それには、多少のコストもかかることになるのでしょうから、どのあたりで折り合いをつけて、犬の身体に良いものを食べさせてあげることが出来るのか、悩ましいかぎりです。

りんごを食べたい犬

そのためには、飼い主である私たちが日々、いろいろなところに目をむけ、たくさんの情報の中から、その子にあったものをチョイスしていくことが、クオリティオブライフにつながるのかもしれません。

▼犬が食べてはいけないものについてもっと知りたい方はこちら
犬が食べてはいけないもの一覧

  • 40代 女性 Koume

    我が家の愛犬・パグのウメも、リンゴが大好きです。私がリンゴを食べる時に出す「サクッ」という音を聞くと、どこに居てもすっ飛んでくるのです!
    リンゴは皮ごと食べる方が健康にも良いと言われたので、なるべく有機栽培のリンゴを選んで買っています。
    食べる前には塩でよく洗い、記事にも書いてある通りに小さく切ってあげています♪
  • 40代 女性 TIKI

    今回記事を読んで、リンゴが犬にも良い成分がたっぷりあると知って安心しました。実は近所の人がよく我が家の愛犬におやつとしてリンゴをくれるからです。
    ポリフェノールはがん予防にも効果があるそうで、人もワンコも嬉しい成分ですね。美味しいリンゴを選んで 愛犬と一緒に食べたいと思いました。
  • 40代 女性 さら

    我が家ではもともとりんごを食べる習慣があり、自然にワンコたちにも与えるようになりました。与えすぎるとお腹を壊すかもしれないと思い、あまりたくさんはあげないようにしています。小さく切ったりんごをしゃりしゃりと美味しそうに食べるワンコたちがとても可愛いです。
記事を読んで、他の飼い主さんの役に立つ情報を書き込もう!

キャンペーンのお知らせ!

>
人気の高級ドッグフード「カナガン」を100円でお試し!特別モニターキャンペーン開催中!