犬のフィラリア予防薬がコロナウイルスに効果?ただし絶対に勝手に使わないで!

犬のフィラリア予防薬がコロナウイルスに効果?ただし絶対に勝手に使わないで!

犬のフィラリア予防薬としておなじみのイベルメクチンが新型コロナウイルスに効果があるという発表がありました。その内容と注意点をご紹介します。

はてな
Pocket

イベルメクチンが新型コロナウイルスに効果

新型コロナウイルスに感染した人への治療法をテストするため、世界各国でいくつかの臨床試験が進行中です。

そんな中オーストラリアのビクトリア州伝染病リファレンス研究所から、イベルメクチンが新型コロナウイルスの阻害剤となるという報告が発表されました。イベルメクチンと言えば犬のフィラリア予防薬の成分として、愛犬家にはなじみのある名前です。

新型コロナウイルスに感染させた人工的に培養した細胞に、イベルメクチンを単一回投与したところ48時間でウイルスの増殖がほぼ止まったことが確認されました。

ただし、これはあくまでも試験管やシャーレの中の培養細胞での結果なので、人体への効果の可能性はこれからさらに研究が必要となります。

注意すること、必ず守ること

フィラリア予防薬とトイプードル

この発表がネットニュースなどで流れた時、多くの愛犬家が「イベルメクチンならうちに犬のフィラリア薬がある!」と半分冗談でコメントを書き込んでいました。

上にも書いたように、今のところはあくまでも研究所の試験管の中での結果です。どれだけの量を投与するのか、本当に人の体の中でも効果があるのかなどは未知の状態ですから、絶対に犬のフィラリア薬を勝手に人間が服用したりスポットタイプを投与したりしないようにしてください。

これから暖かい季節になり、フィラリア薬は愛犬の命を守るために絶対不可欠なものですから、その点でも人間が勝手に使って数が減ってしまってはたいへんです。

イベルメクチンは他の目的ではすでに認可されている薬剤ですから、効果や安全性が確認できれば各国での承認が早い可能性があります。また広く入手可能な薬剤であることも大きなメリットです。
次の明るいニュースを期待を持って待ちたいと思います。

新型コロナについてのアンケート実施中

「新型コロナウイルス」感染拡大で緊急事態宣言が発令されるなど、日常生活に制限や変化が出ている方も多くいらっしゃることと思います。わんちゃんホンポでは、犬を飼っている読者のみなさまの、新型コロナウイルスに関連しての不安を少しでも解消したいと考えております。

そこで「新型コロナウイルス」について『犬とともに生きている人間として』の心配や疑問に思うことのアンケートを実施しております。いただいた回答をベースに記事としてお届けいたしますので、ご協力をお願いいたします。

文|雁秋生

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。