海辺に捨てられた皮膚病の小型犬を救助。ビフォーアフターに驚き!

海辺に捨てられた皮膚病の小型犬を救助。ビフォーアフターに驚き!

暑い海岸の日陰に身を隠すように寝ていた小型犬は、皮膚病をわずらい、栄養状態も悪い様子。保護後に徐々に健康を回復すると、仲間の犬たちから慕われる存在になりました。

はてな
Pocket
お気に入り登録

目の周りは切れ、体毛ははげ…

発見・救出

爽やかな海岸の片隅に捨てられた病気の犬を、保護団体Takis Shelter が保護しました。

とても暑い日のようで、舌を出して盛んに呼吸しています。

顔をはじめ全身に皮膚病が見られます。

ケア

病院で「皮膚リーシュマニア症」と診断されました。

放置すると脱毛して皮膚が角質化し、それが割れて出血、そこから感染症を発症などと悪化しますが、殆ど薬で治る病気です。

ごはんをしっかり食べた後は、やっと休息。ベッドの柔らかさを堪能するように、「ヘクター」は布に頭をすりすりしています。

経過

薬とごはんと愛情を毎日与えると、ヘクターはどんどん元気に。

回復状況

40日後のヘクター。体毛がだいぶ生えそろい、目の周りや耳もきれいになってきました。

さらに後日。え、これヘクター?

ヘクターがキリッとカメラを見上げている周りで、わさわさ、いちゃいちゃする友達たち。ヘクターは仲間の女子の間で人気だそうです。

今日は車に乗ってどこへ行くのかな?

その後

行き先は、保護施設の新しい敷地でした。広々した屋外の運動場で、たくさんの新しい仲間にあいさつしてまわるヘクター。ここでもすっかり打ち解けます。

あとは、優しい里親さんとの出会いを待つだけですね。嬉しそうに走り回るヘクターを動画でご覧ください。

動画を見ることは保護支援にもつながります!

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:Takis Shelter

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。