餓死寸前のやせ細った犬をレスキュー。牙をむくのは怖いから…

餓死寸前のやせ細った犬をレスキュー。牙をむくのは怖いから…

飢餓状態にある犬を保護すると、恐怖心から何度も噛みつこうとします。根気よく人が寄り添い、仲間の犬たちの協力もあって、犬は本来の穏やかさを取り戻しました。

はてな
Pocket
お気に入り登録

鼻づらにしわを寄せ、「カプッ」と噛もうとする

通報・発見

骨と皮だけのようなやせこけた犬がうろついているとの通報で、ギリシャの保護団体 TAKIS SHELTER の代表タキスさんが出向き、餓死寸前のようながりがりの犬を発見しました。

保護

近づく人を恐れて犬は吠えますが、攻撃的ではないようです。よく見てみると、首に巻かれたロープを引きずっています。

タキスさんは「生きのびるために必死でロープを切った」か、または飼い主が「うちで死ぬな」とロープを切って放したのか、と考えます。

TAKIS の収容施設に連れてきました。

1日、2日遅かったら、きっと餓死していたでしょう。歩行もおぼつかない状態ですが、皮膚病はなく、きれいなマーブル模様が見て取れます。瞳もきれいです。

「一体どこなの?私はどうなるの?」という声が聞こえてきそうです。

これは、救助者が頭上に伸ばした手を噛もうとした直後です。カプッと、歯が閉じる音がしました。鼻づらに寄せたしわと、後足の間にしっかり巻かれた尻尾が、彼女の恐怖心を表しています。

人と仲間の犬たち

何時間もかけて少しずつ、人の手に慣れさせます。施設の犬たちも、周りから応援しているようです。

尻尾が外に出てきましたよ。

少しずつ、少しずつ、「レナ」本来の姿を取り戻します。

この穏やかな表情を見て!野の花が似合います。

仲間たちもレナの心を癒します。大きく口を開けて楽しそうにじゃれ合うレナを見てください!

その後

本来の細身の体格と柔和さを取り戻したレナは、里親さんに引き取られました!

動画の最後では、出会った頃には恐怖心から噛みつこうとしてしまったタキスさんに、後足で立ち上がり一生懸命、愛情を伝えています。上からの撮影アングルのため、レナが飛びついてくるのを疑似体験できる動画を是非、ご覧ください。

動画を見ることは保護活動支援につながります。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:Takis Shelter

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。