犬のアレルギーの正しい知識について ~症状から治療法まで~

【獣医師監修】犬のアレルギーの正しい知識について ~症状から治療法まで~

愛犬が丹念に体を舐めることはよくありますが、執拗に肉球や指の間を舐めていたり、お腹を床にこすりつけたり、耳や目を痒がったりしていませんか?その仕草はもしかしたらアレルギーかもしれません。

はてな
Pocket
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

犬のアレルギーの概要

口をあける犬

人間や動物の体には、病原体の侵入から体を守る『免疫』という働きがありますが、この体を守る免疫が、本来無害とされる食材や草木などに過剰に反応して、自分自身を傷つけてしまうことを『アレルギー』といいます。

その原因は様々で、引き起こされる症状も多岐にわたります。

気管の粘膜で起きるアレルギー反応を『アレルギー性喘息』鼻の粘膜で起きるアレルギー反応を『アレルギー性鼻炎』皮膚で起きるアレルギー反応を『アレルギー性皮膚炎』といいます。

その皮膚炎には「遺伝要因」や「皮膚のバリア機能低下」という2つの要因が関わる『アトピー性皮膚炎』という種類もあります。遺伝的にアレルギーの抗体を作りやすい体質を『アトピー体質』ともいいます。

とある調べでは約40%の犬が食材を原因とするアレルギーを持っているとされています。成長や除去食を継続したことで再び食べられるようになるケースもあれば、一生付き合っていかなくてはならないケースもあります。

愛犬が掻いたり噛んだりしている行動を放置することで悪化し、治療が遅れることで完治は難しく、改善にも長い時間を要することになりうるので、まずは執拗にどこか舐めたり噛んだりしていないか、早めに気づいて対処してあげれば症状も軽く済みます。

その様な行動がみられた際には、早めに動物病院に診てもらいましょう。

主な症状

体をかく犬

発症し始めの頃は、春だけ、梅雨の時期だけ痒がるなど、ある季節のみに痒みが生じますが、年月を経る頃にはだんだんと痒みが慢性化して一年中痒がるようになります。

アレルギーの初期症状で起こりやすいのは、まず皮膚の疾患です。体を痒がり、フケが多くなり発疹や脱毛が見られます。

また、目や鼻の炎症を起こすこともあり特に目が痒くて目やにが多くなり、掻くことで眼球に傷がついて結膜炎や角膜炎・角膜潰瘍などの炎症を起こすこともあります。これらが長く続くと、皮膚が湿っぽくなり脂漏症という皮膚がべたつく状態になり、独特なきつい体臭も出てきます。

そして掻破痕(そうはこん)というひっかき傷の痕や紅班(こうはん)という発赤して皮膚が真っ赤になったり、色素沈着(しきそちんちゃく)で皮膚や被毛が黒っぽくなったり、苔癬化(たいせんか)という皮膚が硬く分厚くなり、脱毛(だつもう)局部的または全身の毛が抜け落ちるなど炎症が進んでいきます。

また、耳も皮膚の一部なので外耳炎になりやすくなるでしょう。このような状態が続くと皮膚のバリア機能が低下し、皮膚の水分が流出して皮膚がカサカサの乾燥状態になることでアレルゲンが侵入しやくなってしまいます。

空中に浮遊するものにアレルギーが引き起こされている場合には、鼻水やくしゃみが止まらなくなることもあります。

痒みは全身に見られる場合もありますが、顔や耳の内側、目や口の周り、股の内側、足の裏や指の間に多く症状が見られ執拗に舐めたり噛んだりします。時に下痢や嘔吐などを引き起こすアレルギーもあります。

また、アレルギーによってはアナフィラキシーという全身性に症状が出てショックを起こし最悪の場合に命を落とす危険性もあります。

原因

アレルギー性皮膚炎の中で多く見られるのは『アトピー性皮膚疾患』で「遺伝要因」や「バリア機能低下」によってアレルギーの原因となる『アレルゲン』が皮膚や呼吸器から体内に侵入しておこる病気です。

それらの原因が一つであるケースもありますが、いくつもが重複して症状が引き起こされている可能性もあります。

アレルゲンにはお肉や魚などの『食物アレルギー』や花粉やハウスダスト『環境アレルギー』とあり、食物アレルギーでも一般的なドッグフードに使用される牛肉や鶏肉、仔羊肉、とうもろこし、卵、大豆、乳製品を始め、野菜や魚、果物でもアレルギーを起こすことがあります。

環境アレルギーでは化学物質やノミやダニ、ハウスダスト、花粉、草や雑草、樹木、カビ、昆虫、煙草の煙や羽毛、綿、金属、ゴム、プラスチックなど日常にある意外なものにアレルギーを起こしていたり、洋服や首輪、リード、食器、犬用ベッドなどが原因となることさえあるのです。

かかりやすい犬種

遺伝的にアトピーにかかりやすいのは柴犬やシーズー、パグ、ビーグル、レトリーバー系、ウエスティなどテリア系などといわれています。

次のページでは「予防と対策」や「治療方法」に関してご説明いたします!

予防と対策

気になる症状が見られたらそれが季節性なのか、もしくは一年中なのか、外出先か自宅で症状が出るのか、など「いつ」「どこで」起きるのかを知っておくことも重要です。

まずはその症状を抑える抗ヒスタミン剤などのお薬や薬用シャンプーが処方されて様子を見ることが多いと思います。重症の場合はステロイド系の強い薬を投与することになります。

その時には一時的に痒みが改善されても、アレルギーの原因となる物質を取り除くまでは、お薬を止めるとまた再発を繰り返すことでしょう。しかし、ステロイド系のお薬は長期に投与することで内臓への負担が心配されます。

その時は皮膚の痒みが治まり、獣医さんからも微量だから安心と容易にステロイドを長期に渡って投与された結果、内臓への負担は大きくなり他の病気を併発したり、実はアレルギーではない皮膚炎や甲状腺機能低下症などが見落とされがちとなってしまうこともあります。

アレルギーの原因を調べる

動物病院では『抗体価検査』や『食物除去試験』などで原因を調べることもできます。しかし、この検査は時間がかかること、時間をかけても原因の発見まで到達しない場合があることなど問題が多くあります。

近年では動物病院で『血液検査』や『リンパ球反応検査』で調べてくれるところもあれば、人間のために開発された最新鋭機器で犬の体毛から約150物質ほどのアレルギー測定してくれる企業も最近注目されています。

アレルギー反応を起こす物質がわかれば、お薬や動物病院に頼らずに必須脂肪酸の含まれるサプリメントや食品でサポートしてあげたり飼い主の方で愛犬のアレルギーをコントロールできるようになるでしょう。

また、皮膚疾患のある犬はセラミドなどの皮膚の保湿力が不足して皮膚のバリア機能に異常が起きやすくなることがわかっていますので、その際にはセラミドを補ってあげることも良いでしょう。

皮膚のバリア機能を強化する

シャンプーする犬

また、日頃から皮膚の状態を清潔に保ち、その犬に合った薬用シャンプーや保湿力の高いシャンプーを使用し、お湯の温度や洗い方、すすぎ方や乾燥する方などを工夫して皮膚のバリア機能を強化してあげることも有効でしょう。

ワクチン接種によるアレルギー

また、混合ワクチンには牛の血清が使用されていることから、牛アレルギーの犬はワクチン接種でアレルギー反応を起こしやすいという事例もあるそうですが、現在のところ、この関連性は不明な点が多く、全てがはっきりと解っていません。

ワクチン接種により防げるウィルス性疾患は命に関わるものが多いため接種しないということはお勧めできませんので、かかりつけの獣医さんとよく相談しましょう。

治療方法

私たち飼い主が特に多い『食物アレルギー』をコントロールするには、アレルゲンを突き止め、アレルゲンが含まれていない食事を与えることです。

食物アレルギーに対応したドッグフードやアレルゲンとなりうるものを加水分解してあるもの、アレルギー反応を起こしづらいものを主原料に選んでいるものなど愛犬に合ったドッグフードを選んであげることが重要です。

特に近年『EPA(オメガ3必須脂肪酸)』がアレルギー体質を改善するという報告や『プロバイオティックス』がアレルギーに有効という報告もあり、毎日継続して摂取することで効果を発揮するとされています。

このようなことはパッケージに原材料と一緒に記載されており、そのドッグフードに使われている材料の使用量が多い順番に書かれています。愛犬が反応してしまう材料が含まれていないもの、なるべく添加物が含まれていないものを選ぶこともポイントです。

今アレルギーでないものは一生安全とは限らない

しかし、ここには意外な盲点があります。同じものを食べ続けるとその食材にアレルギー反応が出やすく、特に犬は同じドッグフードを毎日食べ続けていることが多いため、それによって今大丈夫とされている食材も、一生安全とは限らないということです。

ですから確実に予防できる方法ではありませんが、ドッグフードは1種類に絞らずに3種類ぐらいをローテーションで与えることも有効ともいえます。ただ消化器系への負担があって下痢や嘔吐してしまう犬には注意が必要です。

散歩コースを変更してみる

また、植物、樹木などによるアレルギーの場合は毎日の散歩コースを変更してみることも有効です。ハウスダストや花粉、ダニなどに反応する場合は掃除機をかけるときは違う部屋に誘導し、湿気や空気にも気を遣ってあげることが大切です。

また、犬が普段使っている犬用ベッドやサークル内、お部屋の絨毯やカーペット、畳、玄関マットや座布団などの掃除をこまめにしてあげましょう。

アレルギーを克服するには免疫力を高め、体に抵抗力をつけることが重要です。食物アレルギーであれば体内に摂取しても腸内環境や体調具合で皮膚の症状が左右されるともいわれています。

体内に入ったアレルギーの原因物質の量がどの位までなら反応しないのかを知っておくこと。この量は血液検査を行うことである程度把握することができます。

また、毎日の積み重ねでアレルギー症状を軽くすることができるかもしれません。

毎日遊ぶときも寝るときも体を痒がったり、鼻水やくしゃみをする愛犬の姿を見ているのは飼い主さんにとっても辛いことでしょう。愛犬が楽に過ごせるように守ってあげられるのは飼い主さんです。愛犬と健やかで楽しい毎日を過ごしてください。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    30代 女性 ちいやん

    犬のアレルギー検査を1度行おうと思いましたが、かなり高価で1回で全てがわかるわけではないと言われたことを思い出しました。
    もし何かの食べ物に対してアレルギーを持っていたとしたら、自分の手であげたものがきっかけで症状が起こってしまうと考えると本当に恐ろしいことです。

    最近は手作りごはんが流行っているので、愛犬たちもカリカリ意外を口にする機会がとても多くなったと思います。
    検査する以外には、少量ずつあげてアレルギー反応がないか様子を見るしかできませんが、それでも意味がないことではないと思うので、今後もその方法で初めてのものは与えてあげようと思います。
  • 投稿者

    40代 女性 秋桜

    我が家の愛犬も梅雨時期になると、お腹や内股などの柔らかい部分に赤いプツプツが出来てしまいます。対処としては、あくまでも家の犬に関して効果があったのですが、黄色い消毒液(人間用)を患部に塗って乾かすと治りが早いです。
    ただ、もっとやっかいな皮膚炎の場合は病院で薬を処方してもらいますが、記事にあるように一時的におさめるだけのステロイドで治ったと錯覚してしまうと、薬を止めた途端に再発してしまう事があるという事です。信頼出来る獣医さんと良く相談した上で、キチンとした薬を飲ませてあげてください。
  • 投稿者

    30代 女性 こみゃこ

    愛犬は、幼い頃健康診断でアレルギーの傾向があると言われたことがあります。肉球の間を痒がり塗り薬も出たことも。シニアに入って、健康診断で紅斑があったと言われて目視で気がついたこともあります。言葉が話せない分、愛犬の観察力がないと細かい反応に気がつかないかもしれませんね。人間と同じように口にするもので体はできているので、きちんと選んであげられる飼い主でありたいです。
  • 投稿者

    20代 女性 レイ

    犬のアレルギーは人間とほぼ似ていて、しかも予防法などや気を付けなければいけないことなども似ているんだなぁと改めて記事を読んで再確認しました。『オメガ3必須脂肪酸』もアレルギーの予防に良いことも知り、人間も摂取すると良いものなので、愛犬と一緒に少しずつ摂取していこうかなと思いました。
  • 投稿者

    20代 女性 伊瀬

    愛犬も体調が悪くアレルギーの疑いがあると医師から伝えられました。まず、フードを病院から処方されました。しかし、改善せずアレルギーで無いと判断されました。犬の体は、本当に繊細だと実感しました。
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。