トイプードルの涙やけ!正しいケア・予防法

【獣医師監修】トイプードルの涙やけ!正しいケア・予防法

お気に入りに追加

トイプードルの涙やけは、多くの飼い主様の問題です。今回は、そんな涙やけのケア方法と、さらにはその予防方法をお伝えします。

46109view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

トイプードルの顔写真

涙やけの正しいケア方法

涙やけはトイプードルを飼っていらっしゃる方のほとんどの方が悩んでいる問題です。

その原因は、涙の成分によるものだったり、あるいは鼻涙管という涙の通り道が狭い、あるいは詰まっていたり、さらにはトイプードルの顔の形自体が問題だったりと、様々な要因が重なっています。

その中で、実に多くの涙やけ対策グッズが販売されていますが、今のところ、完全に涙やけを除去できるグッズは残念ながらありません。

涙やけの直接的な原因は、酸化された涙の脂質成分(涙は水とミネラル以外にも脂質が含まれています)が目の周りの毛に付着して、毛色を変色させてしまうことです。

それに対して、ただただ涙を拭くだけでは涙やけは改善しないので、多種多様な成分を含んだ清拭液が開発されてきました。

しかし、中には多少、涙やけを改善させるものはあるものの、飼い主様の誰もが納得できるレベルの涙やけを改善させるものは、今現在はありません。

ですので、現実的に、涙やけに対してできることは、涙の脂質成分が空気に触れて酸化してしまう前にきれいに拭き取ってあげることです。

すっかりやけてしまった毛はカットして、その後は毎日こまめに目の周りを拭いてあげることが、唯一、涙やけをケアする方法なのです。

まれに、涙やけグッズの中には、除去効果が高いものもありますが、中には涙やけに対する効果はあっても、その分目に刺激が強いものや、より涙の分泌量を増やしてしまい、結果的に涙やけを悪化させてしまうものもありますので、注意が必要です。

トイプードルの涙やけ予防法

涙やけの予防は、毎日の清拭、目の健康チェック、定期的なトリミング、食事やサプリメントで行います。

毎日の清拭

先ほども書きましたが、涙やけは、毛に付着した涙の脂質成分が空気に触れて酸化することで生じます。

ですので、涙が酸化してしまう前に拭き取ることで、涙やけを予防することができます。

拭き取る時、薬品成分が含まれたもので拭くと、今度は残留した薬品成分によって毛色が変色することがありますので、拭き取りは通常の清浄綿で十分です。

トイプードル写真

目の健康チェック

目やまぶたに異常があると、涙の量や質が変化して、涙やけを起こしやすくなります。

まぶたの皮膚に異常はないか、逆さまつげが無いか、目の周りの毛が目に入っていないか、眼瞼結膜(赤目)や眼球結膜(白目)に炎症は無いか、目の表面に濁りや傷はないか、あるいは犬自身が目をこすりつけたりしていないか、定期的にこれらをチェックしてあげましょう。

定期的なトリミング

目の周りの毛が長いと、それが目に入ってしまったり、あるいは少しの涙でも長い毛にたくさん付着してしまいます。

ですので、定期的にトリミングで目の周りの毛をカットしてあげることで、涙やけを予防することができます。

トリミングはさみ

食事やサプリメント

食事を変更したり、サプリメントを使うと、涙やけが治まるというケースはよくあります。

おそらく涙の脂質、あるいは毛のキューティクルの性質が食事やサプリメントの栄養的な要因によって改善するものと考えられています。

ですので涙やけが気になる方は、ぜひ食事の変更やサプリメントの導入を検討してみてください。

私自身の経験では、アレルギー用の療法食や皮膚に有用な脂肪酸サプリメントなどが効果が高いように感じています。

しかし、どの犬にどの食事やサプリメントが合うかが、はっきりしないことがあります。

つまり、「あの犬はこのフードで涙やけが改善したけど、うちの子は逆にひどくなった」ということもあるため、何種類か試していただき、より合うものを選んであげましょう。

まとめ

涙やけは、未だ特効薬的なグッズはありません。

基本的には日々のこまめなお手入れが一番の予防方法ですので、犬とのスキンシップによるコミュニケーションの一環として、こまめなお手入れを心がけてください。

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    女性 ごんた

    結膜炎や逆さまつ毛など、治療が必要な目の疾患でなく涙やけが気になる場合は、お手入れとフードの見直しが一番効果があると思います。うちの犬も鼻涙管が細く涙が溢れてしまうため、お手入れをサボるとあっという間に涙やけができてしまいます。また市販のオヤツで相性が悪いものが何個か見つかっており、それを与えると一晩で真っ赤になってしまったこともあります。うちの犬の場合は、フードを何種類か試し、朝晩2回目元の手入れをすることで涙やけが気にならないレベルまで改善されました。お手入れと言ってもウェットティッシュで目ヤニなどを取り除き、乾いたティッシュで水分を拭き取ってスリッカーで毛をほぐして乾きやすくするくらいです。トリマーさんは、さらにベビーパウダーを目の下の毛にはたくと、涙が滑って目頭にたまらないからおすすめだと言っていましたよ。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。