犬のアトピー性皮膚炎について ~症状や原因、治療法から予防法まで~

39105view

犬のアトピー性皮膚炎について ~症状や原因、治療法から予防法まで~

あなたの愛犬は「アトピー」に苦しんではいませんか?人間と同じように犬にとってもアトピーによる痒みは、耐えられない辛さがある症状です。犬にアトピー症状が現れたら、飼い主としては見ているだけでもつらいかもしれません。犬は「痒いよ、つらいよ」と喋ることも出来ないので、飼い主がしっかりと愛犬の様子を観察し、発見をして、対処する事が大切です。そこで今回は、犬のアトピー性皮膚炎には、どのような種類があり、犬がアトピー性皮膚炎になったら、日常生活にどのような支障があり、どんな症状で苦しんでしまうかを、まとめました。

監修:獣医師 平松育子

(ふくふく動物病院)

犬のアトピー性皮膚炎について

アトピーのトイプー

あなたの愛犬はアトピーに苦しんではいませんか?アトピーという皮膚炎は人間の病気としても認知度が高いものになりますが、その痒さからくる苦痛は測りしれません。

では、愛犬をアトピーから守るために必要な知識とは一体何なのでしょうか?この記事では、

  • 犬のアトピー性皮膚炎の概要
  • アトピー性皮膚炎にかかりやすい犬種
  • 犬のアトピー性皮膚炎の原因
  • 犬のアトピー性皮膚炎の主な症状
  • 犬のアトピー性皮膚炎の予防と対策
  • 犬のアトピー性皮膚炎の治療方法

などについて解説していきます。愛犬が健康的な毎日を過ごせるように、犬のアトピー性皮膚炎についての正しい知識を身につけましょう。

「うちの犬ならアトピー性皮膚炎になんてならないわよ」なんて過信している方は要注意。病気にかかってからでは遅いので、早期発見のためにも読んでみてくださいね。

犬のアトピー性皮膚炎の概要

苦しむ犬

犬のアトピー性皮膚炎とは、アレルギーの原因となる「アレルゲン」というものが、犬の皮膚や呼吸器を通して体内に侵入してしまい、おこる病気(皮膚炎)です。

アレルゲンが犬の粘膜や皮膚から侵入して、「IgE抗体」という物質の放出をします。そのIgE抗体は肥満細胞とよばれている細胞の表面に付着して、次から入ってくるアレルゲンを待っています。

そのアレルゲンが侵入してきた所で、肥満細胞から生物活性物資を放出していきます。(これを、「脱顆粒」(だつかりゅう)といいます。)

放出された生物活性物質が血管に作用すると、「血圧低下」「血管透過性の亢進」という反応を起こしてしまい、その結果「血流が促進されます」。

血の巡りがよくなるだけならよいのですが、過度に血流が促進されてしまうため、体内に異常がおき、結果として、皮膚のかゆみ、呼吸器官の異常(咳、呼吸異常)など、様々な異常が起こります。これを、「アレルギー反応」といいます。

アレルギー反応の種類

  • 気管の粘膜で起きるアレルギー反応・・・アレルギー性喘息
  • 鼻の粘膜で起きるアレルギー反応・・・・アレルギー性鼻炎
  • 皮膚で起きるアレルギー反応・・・・・・アレルギー性皮膚炎

生物活性物質の種類

  • コンドロイチン硫酸
  • 腫瘍壊死因子
  • プロスタグランジン
  • ロイコトリエン
  • 血小板活性化因子
  • ヘパリン
  • ヒスタミン(これが、アレルギーと最も関係が深いといわれている物質)

アトピー性皮膚炎にかかりやすい犬種

正面を向く犬

以下の犬種は遺伝的にアトピーにかかりやすいと言われています。

  • ブルドッグ
  • パグ
  • ゴールデンレトリバー
  • ダルメシアン
  • ミニチュアシュナウザー
  • スコティッシュテリア
  • シェーリハムテリア
  • イングリッシュセター
  • アイリッシュセター
  • ボストンテリア
  • ケアーンテリア
  • ホワイトテリア
  • ウェストハイランドホワイトテリア
  • 柴犬
  • トイプードル
  • ミニチュアダックスフンド

犬のアトピー性皮膚炎の原因

歩く犬

アトピー体質

遺伝的に、アレルギー抗体IgEをつくりやすい体質である。

環境によるアレルゲン

  • ほこり(ハウスダストマイト)
  • カビ胞子
  • ダニ(ダニの排泄物や、ダニの死骸も含めて)
  • フケ
  • 花粉

皮膚のバリア機能の異常や低下

皮膚の保湿力が低下することによって、皮膚のバリア機能に異常がおきる。

犬のアトピー性皮膚炎の主な症状

犬のアトピー性皮膚炎のカルテ

  • 激しいかゆみ
  • 皮膚に発疹やただれ
  • 患部の皮膚が荒れる
  • 患部が乾燥する
  • 患部を激しく掻いたり、舐めたりする

犬のアトピー性皮膚炎の二次障害でおきる病気(合併症)

  • 膿皮症
  • 結膜炎
  • 外耳炎

犬のアトピー性皮膚炎の予防と対策

生活環境を清潔にすること

これが、一番大切な予防方法になります。アトピー性皮膚炎を完全に予防することは、難しいので、毎日の生活環境の掃除をし、清潔を心がけていきます。

しかし残念ながらアトピーの場合には環境を清潔に保つだけでは痒みをコントロールできない場合もたくさんあります。

「アレルギーのコップ」という考え方があり、このコップの中に「ノミ」「食事」「花粉」などの痒みの原因になるものを入れていってあふれなければ痒みが出ないが、あふれてしまうと痒みが出るという考え方です。

アトピーの原因の中には頑張ってもコントロールできないものもありますが、「ノミ」「ハウスダスト」「食事」などある程度コントロール可能なものもあります。

コントロールできるものはできるだけ頑張って取り組み、コップの中に入る痒みの原因を減らしていきましょう。そうすることで痒みが少しでも減っていくかもしれません。

また、アレルギーの検査をすることによって、「何に対して、アレルギー反応を起こしているのか」が分かります。動物病院で、詳しく検査するとよいでしょう。

アレルギー検査とは?

アレルギー症状が「いつ」「どこで」おきるのかが、ポイント

  • 外に行った後に症状がでる
  • 季節によって症状がでる
  • 自宅内にいる時に症状がでる

アレルギー検査方法

抜毛検査

カビやカイセンダニなど、毛根の状態を検査。

血液検査

アレルゲンを一つ一つ調べることができる検査。
例:ヨモギ・ニホンスギ・ヤケヒョウダニ・コナヒョウダニなど

試験的イベルメクチン検査

カイセンダニの除外診断をするための検査。

スタンプスメア検査

病変した部分をガラスに擦り付けて、染色液で染めてマラセチアや細菌を顕微鏡で調べる検査。

おすすめの犬のアトピー予防グッズ

さて、アトピーの予防方法で一番重要なことは、生活環境を清潔にすることですが、わんちゃんの皮膚を清潔に保つために具体的にどのような方法があるのでしょうか?

もちろん、お風呂に入れてシャンプーをしてあげることが重要ですが、あまり頻繁にシャンプーを行うと、かえってわんちゃんの皮膚を傷つけてしまい逆効果になってしまうこともあります。
そこでオススメしたいのが、ペット専用化粧水『AVANCE』です。

アヴァンス

このAVANCEは、人間の化粧品を開発するメーカーが「わんちゃんにも安全なスキンケアを!」という愛犬家の声に応えて開発した、ペット専用の化粧水です。

ペット専用とはいえ、人用として使っても問題ないほど高い品質基準をクリアした化粧水となっており、さらに天然成分100%で化学薬品は一切使用していないので、特に肌の弱いわんちゃんを飼われている方でも、安心して毎日ケアを行うことができます。

アトピーになってしまうと、強烈な痒みが発生し、大切な愛犬がとてもつらい状況になってしまいます。(それを見ている飼い主さんもとてもつらいです…)

そうなってしまう前に、ぜひわんちゃんにも肌ケア用品を活用して、日頃から清潔な肌を保ってあげましょう!
体質的に合う合わないがありますので、初めて使用するときには小さな範囲で試し、問題がなければ全体的に使うようにしましょう。

アヴァンス購入ボタン
ペット専用化粧水『AVANCE』

犬のアトピー性皮膚炎の治療方法

薬物療法

炎症やかゆみを抑えるための投薬治療。ステロイドや抗ヒスタミン薬があります。ステロイドの薬においては、副作用がありますので、気を付けて治療していかないといけません。

最近新しく行われている治療方法が、「減感作」(げんかんさ)といい、毒素を薄めたアレルゲンを故意に体内にいれて、そのアレルゲンになれさせようとする治療方法があります。

保湿剤の投与

皮膚のバリア機能が悪化するのは乾燥ですので、皮膚が乾燥しないように保湿剤を塗布する。

漢方薬の投与

ステロイドの治療が難しい体質の場合に行います。

犬のアレルギー性皮膚炎を悪化させた元の病気の治療

元の病気の治療をすることによって、アトピー性皮膚炎の症状が軽減することもあります。

脂肪酸の摂取

「アラキドン酸」の生成を抑制するために、リノール酸・リノレン酸を摂取する。そうすることによって、症状が軽減されます。

生活環境を清潔にする

ハウスダスト・ダニ・花粉などを生活環境から、除去することに心がける。部屋の隅などに、ホコリなどが蓄積されやすいので、毎日しっかりと掃除をしていく。

シャンプーを変える

アレルギー性皮膚炎用の、低刺激のシャンプーにする。

犬のアトピー性皮膚炎からくる痒みを抑える薬

まとめ

飼い主がまずできることは、生活環境を清潔にすることです。こまめに掃除をして、アレルゲン物質を少しでも減らしていきましょう。

完全に対処できることではありませんが、毎日の積み重ねで、アレルギー症状を軽減することができると思います。愛犬を守れるのは、飼い主です!愛犬が毎日健康で楽しく過ごせるように、飼い主が生活環境の整備をしっかりしていってください!

愛犬と、楽しい毎日を過ごしていってくださいね!

▼犬の病気を症状や病名から調べる▼
犬の病気大辞典!知っておきたい基礎知識

記事の監修

  • 獣医師
  • 平松育子
  • (ふくふく動物病院 院長)

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

愛犬がアトピー性皮膚炎である、または過去に発症した経験がある飼い主さんに質問です!

愛犬にどんな症状が見られたか、行動に変化はあったか、そしてどんな治療を行ったかを教えてください!また、アトピー性皮膚炎に効果的だった対処法や市販のグッズがあればぜひ紹介してください。

  • 30代 女性 岸

    私はこの記事を読んでみて、わんちゃんのアトピーは恐いと思いました。わんちゃんは人間のように話したりできません。サインを出したとしてもそれに気づけるかは飼い主次第です。わんちゃんは日頃から体を掻くそぶりをします。なのでそれをいつも通りだと思ってしまうと、わんちゃんにアトピーなどの異常が出ていたとしても気づいてあげるのが遅くなってしまいます。アトピーは、非常に痒いのでわんちゃんにとって本当に辛いことです。日頃からよく見てあげましょう。
  • 30代 女性 バニラ

    愛犬のシーズーもアトピー性皮膚炎で幼少期からずっと病院でお世話になっています。この記事でも書かれているように、アトピーはハウスダストなど日常生活で完全に排除することが出来ないものに対してアレルギー反応を起こしています。
    私自身も子供の頃からずっとアトピーで悩まされてきたので愛犬の気持ちがすごくわかります。アトピーは完治することがほぼない皮膚病なので、どのようにアトピーとうまく付き合っていくかが大切だと思います。ステロイドは投与してすぐは痒みが治まりますが、完治したわけではないので一時のことです。
    私の愛犬はステロイドはほぼ使わず、家を清潔に保ち、寝床は定期的に洗濯、1週間に2度動物病院で買っている保湿成分の高いシャンプーで洗い皮膚を清潔に保つことでかなり落ち着きました。日々のケアが大切な病気だと思います。
  • 20代 女性 栞

    皮膚炎の他にも鼻炎などにもかかりやすくなってしまいます。ホコリや花粉、ハウスダストやフケにも注意が必要ですね。皮膚炎になってから、他の病気も併発する事になってしまいます。やけに痒がるなどしたら要注意が必要です。
  • 30代 女性 マキ

    人間でもアトピーは治療に時間がかかったり本人も家族も大変ですが、犬も同様に言葉が離せない分かゆみなど理解してあげるのが困難ですよね。記事にあるように、何が原因か把握する事と、常にアレルゲンがないよう清潔な環境を整えることが大事だと思いました。
  • 10代 女性 ぷーちん

    1度アトピーにかかると、今まで以上普段のお手入れが大変になる事が分かりました。一番辛いのは、愛犬です。特に、これから梅雨に入り、カビの繁殖も気になります。愛犬の為に苦手な掃除もマメにしたいと思います。
  • 30代 女性 あー

    アトピー性皮膚炎では、シャンプーによるスキンケアはとても重要です。アレルゲンや皮脂を取り除いたり、マラセチアをコントロールしたり、保湿をしたり。スキンケアを生かすためのシャンプーのポイントを少しだけご紹介すると、水温は低めにすること(だいたい25~30℃)、毛の根本までよく濡らすことや、皮膚の状態が悪いところから洗い始めること、タオルドライをしっかり行って冷風で乾かすことです。アトピー性皮膚炎は、マラセチアなど二次感染を伴っていたり、アレルゲンとなるハウスダストが増える梅雨から夏にかけて症状が悪化します。ですから、病院などで処方される専用の薬用シャンプーを使い、通常の健康的な皮膚をしているワンちゃんより短いペースでシャンプーをしていくことになります。
  • 女性 ゴン吉

    アトピーは完治することが難しい皮膚病なので、日頃から衛生面に注意しておかなくてはなりません。我が家の愛犬シーズーはアトピーではないのですが、高齢になって皮膚のバリア機能が低下しているので、いつ何がきっかけで皮膚炎を起こしてしまうかわからないです。
    心臓病の薬の影響で水をよく摂るようになったのですが、皮膚は乾燥してフケが見られます。たまに痒がることもあるので、ひば油スプレーで対処しています。適度に油分を与えると乾燥も緩和されるのでいくらか楽になるようです。
    冬の特に乾燥が酷くなる季節はワセリンがとても効果的です。夏でもエアコンで乾燥が酷くなることがあるので特に乾燥の酷い部分には、水で少しさらっとさせたワセリンを愛犬の皮膚にプレスしています。

    たまにくしゃみをすることがあります。花粉がやや苦手になってきたようなので、部屋の空気の入れ替えや愛犬の寝床の掃除洗濯を徹底して行うようにしています。
  • 女性 ゴジゴジ

    うちの息子がそんなに重くはないのですが、アトピー性皮膚炎です。アトピーは人間だけのものだと思っていたので、犬にもアトピーがあるなんて知りませんでした。我が家の愛犬はトイプードルですが、今の所皮膚には問題が無いようです。しかし、友人の飼っている犬はフレンチブルドッグなのですが皮膚がとても弱いと聞きました。アトピーなのか分かりませんが、とにかく毎日あちこち掻きむしるというなので、いつもTシャツを着せているとのことです。人間でもそうだと思うのですが、「痒い」というのは一番苦しいことですよね・・・。痛みは動かなかったり、じっとしていれば耐えられるものだと思いますが、痒みはどうにかしない限りずっと続くので精神的にもイヤになってきますよね。ワンちゃんの環境をきちんと整えてあげて、痒みからも逃してあげたいものですね。
  • 20代 女性 ばにら

    我が家の愛犬はアトピーではないのですが、年齢や病気による抵抗力などの低下や普段マナーベルトをつけていますので、お腹周りや背中など定期的に湿疹や炎症が起きてしまっています。
    なので皮膚の炎症や痒みをどうにかしてあげたいと思い、こちらの記事を読みました。
    今現在問題なくともアトピーになってしまう事もあるんですね・・外耳炎なんかは、なりやすい犬種なら特に気をつけてあげないと一度なると繰り返したり治療に時間もかかり根気がいると聞いたことがあります。
    ペット用化粧水があるんですね。知らなかったので使ってみたいなぁと思いました。普段は蒸しタオルで身体をまめに拭いたり、無添加の竹酢液を薄めたものでお手入れしたり、シャンプーも低刺激の物でリンスも使うなどしています。

    人でも痒みや炎症が起きると辛いですよね・・ワンちゃんは喋ることが出来ないので早めに気づいてあげることが大切ですね。ブラッシングの時に皮膚の感じをチェックしたり、いつもと様子が違うところはないかなど見てあげることで異変に早めに気付くことができます。
  • 30代 女性 ひまわり

    うちの子も軽いアレルギー性鼻炎を持っているので、アトピー性皮膚炎にも注意して生活しています。特にアレルゲンをきっかけに発症する事もあるので、毎日の掃除は欠かせません。また、定期的に動物病院で見て頂いてアトピーの状況や他の病気を併発していないかチェックしてもらっています。
この記事をシェアする
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

愛犬がアトピー性皮膚炎である、または過去に発症した経験がある飼い主さんに質問です!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。