流行の「ジビエ」を犬にも!鹿肉・猪肉の安全な与え方

【獣医師監修】流行の「ジビエ」を犬にも!鹿肉・猪肉の安全な与え方

今密かに流行している『ジビエ』は、人間だけでなく犬にとっても良い影響を与える食材として注目されはじめています。今回はジビエで有名な鹿肉・猪肉の安全な与え方についてお伝えしていきます。

はてな
Pocket
お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

ジビエについて

生肉の塊を食べる子犬

ジビエとは?

今、人間のあいだで流行している『ジビエ』のお肉は栄養豊富な食材となるので、近年ペットに食べさせている飼い主が増えてきているそうです。

「そもそもジビエって何なの?」という方のために簡単にご説明させていただきますと、ジビエは狩猟によって捕獲した野生の動物。または、そのお肉のことをいうそうです。ちなみにフランス語なのだそうですよ。

日本でジビエとしてよく知られているお肉は、鹿・猪・熊・うさぎ・鴨・キジといったものが一般的となります。今回は、その中から『鹿肉』と『猪肉』についてお伝えしていこうと思います。

犬にとっても良い食材となる鹿肉・猪肉

ジビエ肉となる『鹿肉』『猪肉』は、低カロリー高タンパクなお肉だといわれています。その他にも『ビタミンB2』『鉄分』『カリウム』などの栄養素が多く含まれていて、栄養バツグンの食材として注目されています。また、抗酸化作用(老化防止)やコレステロールを減らす働きのある不飽和脂肪酸もたくさん含まれているので、とても体に良いといわれているそうですよ。

生で食べさせるのはおススメしない

鹿肉や猪肉は酵素を効率よく得るために、生で食べさせるのが良い!といわれることがよくあるのですが、私の個人的な意見としては生で食べさせるのはおススメしません。なぜなら、自然で育った鹿や猪のお肉には寄生虫やウイルスなどの病原菌などがいる可能性が非常に高いからです。

例えば、野生の鹿肉を食べた人間がE型肝炎に感染した、というケースが実際にあったりします。冷凍すれば寄生虫は死滅しますが、ウイルスなどの病原菌の中には、肉の中で存在し続けるものもいるので、人間、犬ともに安全に食べるためは加熱が必要といえるでしょう。

また、愛犬が生のお肉を食べることに慣れていない場合は、生肉を食べることでお腹を下してしまうことも少なくありませんので、そういった意味でも生肉を与えるのはおススメできません。

腎臓の病気を抱えているときは悪影響を与えることも

鹿肉や猪肉は栄養満点の食材ですが、場合によってはお肉で得られる高タンパクが身体に悪影響を与えてしまう場合もあるそうです。

例えば、腎臓の病気を発症している場合、タンパク質を取り過ぎると病気が悪化してしまう可能性が高いそうです。ですので、もし愛犬が何らかの病気を抱えている場合は、念のため獣医に鹿肉や猪肉をあげても大丈夫か相談するようにしてくださいね。

鹿肉・猪肉の安全な与え方

飼い主が持つお肉が入ったご飯を見つめる犬

水で茹でる

鹿肉と猪肉の安全な与え方としては、茹でて与えるのがおススメです。方法はシンプルで、沸騰させたお湯で色が変わるまで茹でるだけとなります。フードにトッピングして与える場合は、あらかじめお肉を細かくカットしてから茹でて、茹で汁ごとフードにかけると、お湯に溶け込んだ栄養を効率よく摂取することができますよ。

生肉で与えたときと比べると酵素や乳酸菌などが少なくなってしまいますが、ウイルスなどの感染や下痢といった症状を防ぐことができ、安全に食べさせることができるといえるでしょう。

味付けをしないで焼く

もう1つの安全な与え方は何も味付けをしないで『焼くだけ』というシンプルな方法になります。フライパンなどで焼くことで病原菌を死滅させ、さらに香ばしさが増しますので食欲増進の効果を得られます。私の愛犬を見ていると、茹でるより焼いた方が食いつきが良いのでないかと感じていたりします。

まとめ

お皿の上に置かれた焼いたお肉を見つめる犬

ジビエとして人気のある鹿肉・猪肉は栄養満点のお肉となりますので、いつもあげているフードに少しトッピングしてあげるだけで、手軽に身体を丈夫にしたり、老化防止の効果を得られたりするといえます。

愛犬は体が弱い、またはシニア犬で体力が落ち始めているという場合は、健康な体を保ちやすくするために、毎日のご飯に少し鹿肉や猪肉を加えてあげると良いかもしれませんね。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。