脱水症状により瀕死の状態だった犬、救助されオアシスに辿り着く

脱水症状により瀕死の状態だった犬、救助されオアシスに辿り着く

アーモンド畑を徘徊していたその犬は、脱水していたところを救助されました。皮膚がただれ、傷だらけの犬は、どこまで回復する力を残しているのでしょうか。

はてな
Pocket
お気に入り登録

さまよう犬は脱水症状が進み皮膚はただれ

救出

アーモンド畑で脱水症状により瀕死に近い状態だったという犬「ミラ」を、保護団体LetsAdoptが救助しました。

ケア

ミラは病院へ運ばれました。

これから洗浄や様々な治療を施す必要がありますが、ミラは疲れ切っている様子です。ももの傷も痛々しい。

小さな体で気力、体力はもつでしょうか。

治療の効果

手当てが始まって3ヵ月が経ちました。

これ、ミラです。毛が生えそろってる!回復しています!

それでもまだ恐怖からは回復できていないようです。

風のにおいを嗅ぎながらも体が震えているのが分かります。メンタルの回復にはもう少し時間が必要です。

その後、体と心が回復したミラは、スペインの国内線でビーゴという町に飛んできました。

保護された時と同じ犬とは思われないほど表情が明るくなり、毛並みもきれいに生えそろいました。

痛みがとれ、愛情を受けると、これだけ変わるのですね。

ミラの第2の犬生

乾燥した畑で発見されたミラは、やっとオアシスにたどり着いたようです。

元気になったミラを待っていたものは何でしょう?

彼女の第2の犬生の幕開けを、動画でご覧ください。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:ViktorLarkhill(LetsAdopt)

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。