生食用ペットフードの細菌リスクの高さが明らかになったリサーチ結果

生食用ペットフードの細菌リスクの高さが明らかになったリサーチ結果

新しいリサーチでは、ペットの生食用として販売されている生肉を含むペットフードの細菌レベルが発表されています。今まで考えられていたよりも高いリスクが明らかになったようです。

はてな
Pocket
お気に入り登録

生食は犬や猫にとって理想的なフードか?

生食フードを食べる猫と犬

犬や猫の先祖は狩りをして仕留めた獲物の生の肉を食べていたため、現代の犬や猫にとっても加熱していない生肉は最も自然で体に馴染むものだという理由から、ペット用の生肉が他の食材とパックになった生食ペットフードは人気を保っています。たしかに加工食品よりも生の肉を好む犬や猫は多く、ペットの体調が良くなったと感じる飼い主さんも多いようです。

一方で、生食ペットフードからサルモネラ菌検出などの理由でのリコールも数多く起こっており、生食フードの安全性についての研究もいくつか発表されています。

そしてこの度スイスのチューリッヒ大学食品安全衛生研究所の微生物学者によって、生食用ペットフードと細菌レベルについての研究が発表されました。

生食用にパックされたフードの細菌レベル

トレイに入ったペット用生肉

研究チームは市販の生食用ペットフードに有害な病原菌がどのくらい広がっているかを調査するために、8つのメーカーが製造した51種類の生食フードを購入しました。

調査対象となったフードは全てスイスまたはドイツで製造されたもので、肉の種類は牛肉、鶏肉、馬肉、ラム肉でした。これらのフードについて、サルモネラ菌、大腸菌、赤痢菌などの有害な病原菌、およびその他の無害な多数の細菌の有無を調べるためサンプルを分析しました。

その結果、サンプルの72.5%が、欧州連合が設定したペットフード安全基準を超えるレベルの細菌を有していました。人間とペットの両方で最も一般的な食中毒の原因のひとつであるサルモネラ菌はサンプルの4%で見つかりました。また様々な細菌の抗生物質耐性株はサンプルの63%で見つかりました。

研究者は、生食用ペットフードは従来考えられていたよりも危険である可能性を指摘しています。これらのフードを取り扱う時には調理器具や手の洗浄を徹底的に行い、ペットの細菌性疾患のリスクが高くなるという認識を持って注意することが必要だとしています。直接フードを扱う人だけでなく、ペットが手や顔を舐めるなどの行為から人間への感染が起こる場合もあります。家族の中に幼児や高齢者、病中病後の人などがいる場合にはさらにリスクが高くなります。

抗生物質耐性菌の危険性

具合の悪そうな犬

このリサーチで発見された細菌の中でも特に注意が必要なのは抗生物質耐性菌です。ペットでも人間でも下痢や嘔吐など細菌性疾患の症状が出て治療を受ける場合には、抗生物質が投与されます。そうしてまずは第一群の病原菌が退治され症状が治まったように見えている間にも、抗生物質耐性菌のグループは消化管内部に潜み、数週間〜数ヶ月後に再度発症する可能性があります。

生食用ペットフードではなく、肉屋さんやスーパーマーケットで売られている人間用の肉ならば安全では?と考えられるかもしれませんが、人間用の肉は生で食べることを前提としていないので、リスクは同じか又はさらに高いと考えられます。

長時間加熱した食品はどうしても与えたくないという場合、細菌は肉の表面に付着しているので表面だけを短時間煮沸するなどの対策をとります。サルモネラ菌は75℃以上で1分間加熱することで死滅します。抗生物質耐性菌も加熱で死滅します。

まとめ

ボウルに入った生肉を見るポメラニアン

生食用のペットフードからどの程度の割合で細菌が確認されたかという新しいリサーチの結果をご紹介しました。
この研究では抗生物質耐性菌が発見されたことが過去の同種のリサーチとは違っており、各方面でペットに生の肉を与えることのリスクについて警鐘が鳴らされています。
現在愛犬や愛猫に生食を与えているという方も、生食にしようかと検討している方も、このようなリスクがあると知っておくことが重要ですね。

《参考URL》
https://royalsocietypublishing.org/doi/10.1098/rsos.191170

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。