災害に備えよう!もしもの時に必要な犬の防災グッズ8つ

災害に備えよう!もしもの時に必要な犬の防災グッズ8つ

『もしもの時に必要な犬の防災グッズ』をまとめました。愛犬用の防災グッズの準備はお済ですか?人間用と愛犬用の防災グッズの確認と見直し時、はじめて準備する際にお役立ていただけると幸いです。

はてな
Pocket
お気に入り登録

もしもの時に必要な犬の防災グッズを再確認してみましょう!

笑顔で見上げる垂れ耳の犬、白い背景

愛犬用の防災グッズは準備されていらっしゃるでしょうか。非常用の持ち出し袋がホームセンターなどで売られていますが、その中に愛犬用の防災グッズを準備しておけば、家族みんなが把握し、もしもの時に持ち出しやすいのではないでしょうか。家族みんなで共有し、しっかり把握していれば、その他のバッグやリュックなどを利用しても良いと思います。では、非常用の持ち出し袋の中には、どのような犬用の防災グッズを準備したら良いのか、一緒に考えてみましょう。

もしもの時に必要な犬の防災グッズ①「首輪・ハーネス・リード」

ピンクのハーネスをつけた犬

普段、お散歩のときに使用している首輪・ハーネス・リードは、もしもの時、サッと持ち出すことができないかもしれません。防災グッズとして、もしもの時用のものを準備しておく、より安心です。普段から使用しているものを同じものを準備しておけば、犬も嫌がらないと思います。

普段、使用されている首輪やハーネスには、鑑札や注射済票を付けていらっしゃるかと思います。もしもの時、愛犬が迷子になってしまったら、鑑札や注射済票によって、飼い主さんを特定することができます。そのため、サッと持ち出すことができるようにしておく、もしくは、首輪やハーネスに鑑札や注射済票を付け、お散歩やお出掛けのとき意外にも、お留守番の間にも、その首輪やハーネスをつけておくようにする、などの対策も必要なのではないでしょうか。

もしもの時に必要な犬の防災グッズ②「トイレグッズ」

おむつをした犬、ベッドの中

  • シート
  • おむつ
  • マナーベルト
  • マナーパンツ
  • 臭わない袋

トイレグッズには、このようなものがおすすめです。災害時、車の中で生活を送ったり、避難所での生活を送るなど、普段とは全く環境の異なる場所で生活を送らなければならなくなってしまう可能性があります。普段はトレイトレーニングをしっかりできている犬も、環境の変化によって、粗相をしやすくなってしまいます。周りへの配慮や衛生面を考え、おむつをしておくのが最も良い対策なのではないでしょうか。また、使用済のシートやおむつなどを保管するため、臭わない袋を利用するのがおすすめです。臭わない袋は、ペットも人間良いもあり、ペットショップやホームセンターで購入することができます。災害時、ゴミを捨てることが難しいことがあると思います。その場で保管しておかなければならないかもしれません。

もしもの時に必要な犬の防災グッズ③「キャリーバッグ・クレート・ケージ」

ケージに入るパピヨン

災害時、犬を安全に移動させ、安全に待機させるためには、キャリーバッグ・クレート・ケージなどが必要です。超小型犬や小型犬であれば、折りたたんで保管することができる、コンパクトなタイプがあります。中型犬や大型犬であると、クレートやケージはどうしても大きなものになってしまうため、持ち運びは大変かもしれません。しかし、もしもの時のため、防災グッズとして準備しておいた方が良いのではないでしょうか。

もしもの時に必要な犬の防災グッズ④「服」

赤い服、フードを被る、ダルメシアン

周りへの配慮として、服を着せることも考えなければなりません。犬の手足まですっぽり覆うことができるタイプの服が良いと思います。抜け毛を予防することができます。また、犬のカラダが汚れてしまうことも予防することができます。冬であれば寒さ対策にもなりますし、夏であれば日差しや紫外線から守ることができます。防災用の服はオシャレである必要はありません。機能性を重視して選びましょう。

もしもの時に必要な犬の防災グッズ⑤「ウェットティッシュ」

手足に泥がついた犬、白い背景

人間用のウェットティッシュは、アルコールが配合されているなどし、犬に使用するには相応しくないものが多いです。添加物やアルコールが配合されていない、犬用のウェットティッシュを準備しておきましょう。汚れてしまった手足やカラダを拭くときに使用します。また、避難している間は、犬の歯磨きをしてあげることができません。毎日欠かせないお世話ですよね。避難している間に歯磨きをしなかったことで、愛犬のお口の中の健康が失われてしまわないよう、ウェットティッシュで歯や歯茎を拭いてあげることができます。お口の中用のウェットティッシュ(歯磨き用)もありますので、合わせて準備しておくと良いです。

もしもの時に必要な犬の防災グッズ⑥「抗菌・除菌・消臭スプレー」

手を上げている白茶の犬

愛犬のグッズを清潔に保つために必要なものです。食器を洗ってあげることができないかもしれません。キャリーバッグやクレートをお掃除してあげられないかもしれません。服やブランケットなどを洗濯してあげられないかもしれません。犬自身のシャンプーを何カ月もしてあげられないかもしれません。そんなときに必要なものです。ペットショップやホームセンターでも購入することができますが、動物病院で相談すると、犬のカラダにも安心して使用することができる、無添加のものを処方してもらうことができます。

もしもの時に必要な犬の防災グッズ⑦「靴下・靴」

ピンクの靴を履いた犬

割れて散らばったガラスや瓦礫の中を歩かなければならないかもしれません。犬の手足を守るため、靴下や靴を履かせることが必要になるかもしれません。大型犬など、抱っこして移動することが難しい犬種である場合や老犬である場合など、必要に応じて準備してあげましょう。

もしもの時に必要な犬の防災グッズ⑧「各種証明書」

黄色い首輪の子犬

  • 狂犬病予防の注射済票
  • 混合ワクチンの接種済票

この2点は、普段から、いろいろな場面で必要になりますよね。ドッグランを利用するとき、トリミングサロンを利用するときなど、提出をお願いされることがあります。もし、愛犬と一緒に避難所での生活を送る必要があるとき、各種証明書の提出をお願いされることがあるかもしれません。同じように、愛犬と暮らす方々も、周りの犬の全てが、各種証明書を持参していることがわかれば、より安心して避難所での生活を送ることができるのではないでしょうか。

まとめ

レトリーバーの子犬、薄いピンクの背景

もしもの時に必要な犬の防災グッズには、

  • 首輪ハーネスリード
  • トイレグッズ
  • キャリーバッグクレートケージ
  • ウェットティッシュ
  • 抗菌除菌消臭スプレー
  • 靴下靴
  • 各種証明書

などがあります。愛犬用の防災グッズを改めて確認してみてください。まだ、愛犬用の防災グッズを準備されていない飼い主さんは、ぜひ、これを機に準備されてみてくださいね。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    20代 男性 匿名

    災害のことなんて考えたくありませんが災害大国の日本ではいつどんな災害が起こるか解りません。どんなときでも避難できるように防災グッズを揃えるのは重要ですがどんなときでも指示に従えるよう訓練しておく必要があります
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。