犬にしてはいけない飼い主のNG態度5選

犬にしてはいけない飼い主のNG態度5選

飼い主の態度によって、愛犬からの信頼を失ってしまったり、頼りない飼い主というレッテルを貼られてしまうことがあります。皆さんはそんな態度を日頃、とっていませんか?今回は犬にしてはいけない飼い主のNG態度をご紹介します。

はてな
Pocket
お気に入り登録

犬にしてはいけない飼い主の態度

悲しそうな顔をする犬

皆さんは普段、愛犬にどのような態度で接していますか?犬は飼い主のことをよく観察しているので、飼い主の態度によっては、犬に悪影響を及ぼしてしまうことも。では、どのような態度が良くないのでしょうか。

1.高圧的な態度

愛犬が怯えてしまうような高圧的な態度をとっていませんか?一昔前よりは減ってきていますが、「犬は飼い主の言うことを聞いて当たり前」という考えで接していると、自然と高圧的な態度になってしまうことがあります。

高圧的な態度で接すると、愛犬は恐怖や緊張から言うことを素直に聞いてくれるようになるかも知れません。しかし、それは信頼から成り立っている関係ではありません。恐怖という支配によって成り立っているのです。

このような関係では、ちょっとしたきっかけで愛犬が恐怖を感じ、攻撃的な態度を取るようになる恐れがあります。本当の意味で信頼関係を築くためにも、高圧的な態度はやめるべきでしょう。

2.冷静さを保たず落ち着きのない態度

粗相を叱られる犬

犬は飼い主に頼れる存在でいてほしいと思っています。それは、野性時代に群れで行動していた際、必ず頼れるリーダー的な存在の犬がいたからです。このような存在がいることで、犬は安心感を得ることができるのです。

しかし、飼い主が冷静な姿勢を見せることができず、ちょっとしたことに動揺し、慌てている姿を見せすぎてしまうと、「頼りないな」と愛犬も不安を感じてしまいます。

すると、犬側が「僕がしっかりしないと」と主導権を握ろうとすることがあり、これがエスカレートすると正しい関係性を築けなくなってしまう恐れがあるので注意が必要です。

3.暗く不安そうな態度

近年、犬の研究により、飼い主の負の感情が犬にも伝染するという結果が出ました。つまり、飼い主が常に不安を抱いていたり、暗い表情で過ごしていると、愛犬もそれを感じ取り、同じような感情を抱いてしまうのです。

すると、犬もネガティブな感情を抱くようになり、不安を感じやすい、臆病になってしまうなど、ストレスを感じやすい性格になりやすいです。

飼い主の態度によって、愛犬の性格にも影響を及ぼしてしまいます。愛犬の前では、なるべく不安そうな態度や暗い態度をとるのは控えるようにしましょう。

4.飼い主中心で行われる無視

スマホをいじる手と犬

しつけの一環として、甘えからくる問題行動には無視をすることで効果的なしつけが行えるという話は有名です。しかし、どんな場面でも無視して良いかといえば、もちろんそうではありません。

飼い主の自己中心的な理由で、愛犬からの構ってアピールやサインを無視してしまうと、犬は「軽視されている」と思い、ストレスを感じてしまいます。

特に最近では、スマホばかり見ていることで、犬とのコミュニケーションを取らない飼い主が増えています。すると、信頼関係や絆を深めることができず、犬にとっても飼い主にとってもストレスの溜まる関係を生み出してしまいます。

5.状況に応じて態度をコロコロ変えるのもNG

怒る女性

様々な飼い主がしてはいけない態度を紹介してきましたが、状況に応じて態度をコロコロと変えるのもNGです。

例えば、昨日はトイレを失敗したらきつく叱ったのに、今日同じように失敗したら怒られなかったなど、飼い主の気分によって、同じ問題行動であっても違う態度を取るのはNGです。

また、飼い主の気分によって、愛犬からの構ってアピールを無視したりするのも、当たり前ですがいけません。

同じ状況にもかかわらず、その時々の態度が異なるというのは、愛犬を混乱に陥れます。さらにこのような状況が続くと、犬は「信頼の置けない相手だ」と認識し、信頼関係を崩すきっかけとなり得ます。

飼い主は常に冷静に、正しい態度で愛犬と接することを心掛け、愛犬から頼られる存在になる努力をしましょう。

まとめ

飼い主に駆け寄る犬

いかがでしたでしょうか。犬は飼い主をよく観察しているため、態度の違いにもしっかり気付きます。それによって、信頼できない相手として認識されてしまうこともあるのです。愛犬との正しい関係を保つためにも、気分によって態度を変えるのはやめましょう。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。