なぜ…虐待され足を切断された子犬。レスキューされて輝くまで

なぜ…虐待され足を切断された子犬。レスキューされて輝くまで

虐待されたあげく水路に投げ捨てられたその子犬は、水に浸かって座り込んでいました。ひどい痛みがあるようです。

はてな
Pocket
お気に入り登録

通報

通報で保護団体が駆け付けると、水路に投げ捨てられた子犬が力なくうずくまっていました。

抱き上げてみると足が1本、切断されていました。目撃者の話では虐待の可能性が疑われます。

スナックの袋まで這って、少しでも水を避けようとしたのでしょうか…。

救助

救助し、すぐに病院へ。

「ジョーダン」と名付けられたその子犬は、足の切断に加え、栄養失調、皮膚病、感染症などをわずらっていました。「生きていたのが奇跡」と医師は言います。

緊急治療と点滴、輸血で、保護から3日目にはシャワーで体を洗え、4日目には手術を受けられるほどに回復できました。

回復への道のり

手術から数日後、3本足で歩けるようになったジョーダンは一時預かりさんの家庭で暮らすことになりました。

家の前の段差も、「よいしょ!」この通り。

犬らしい表情も復活しました!

救われた命はどこまで輝けるだろう

ぐんぐん回復するジョーダン。この後どんな輝きを見せてくれるのかは、動画でどうぞ!

かわいいだけではない、生きる喜びを教えてくれるようです。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。  掲載YouTubeチャンネル:Hope For Paws - Official Rescue Channel

Hope for Paws

▼▼ 公式サイトはこちら ▼▼
https://www.HopeForPaws.org

▼▼ Facebookページもあります ▼▼
https://www.facebook.com/HopeForPawsCalifornia

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。