我が家の犬ごはん

我が家の犬ごはん

お気に入りに追加

我が家の14歳の老犬に食べやすく、消化しやすいものを作ってます。

7066view

昔はドッグフードを食べていた愛犬。

ある時から便が非常にゆるくなり、便から芽胞菌が出たのをきっかけに手作りすることにしました。

それから調子がいいです。老犬で消化・吸収能力が衰えているにもかかわらず、いい便が毎日出ます。

ただ手作りだと、毎日大変なので作り置きをして、いろいろなトッピングを(人が)楽しんでいます。

ウォルサム研究所で、犬は良質のたんぱく質を摂っていれば炭水化物は必要ないとの結果が出ているので、炭水化物はほとんど使いません。

また、犬は肉食に近い雑食なので、野菜の消化吸収があまりうまくありませんので、ペースト状にしています。

わが家の愛犬

わが家のおすすめ・ペーストフードレシピ

おから入りとり胸肉のミートローフ

【材料】

  • とり胸肉1枚
  • おから 鶏肉の半分くらい
  • 卵   1個
  • 片栗粉 少々

【作り方】

  1. とり胸肉は皮と脂肪をとり、一口大に切ってフードプロセッサーでひき肉にする。
  2. 1に卵とおから、片栗粉を入れ、よく混ぜ合わせる。
  3. ラップにとり、形を整えてレンジで3分加熱。ひっくり返して2分加熱。
  4. ※様子を見て、加熱時間は変更。
  5. 適当な大きさに切って完成

※おからが入っているため痛みやすいので、冷凍庫で保存してください。

サツマイモのペースト

【材料】

  • さつまいも1本

【作り方】

  1. さつまいもはよく洗って、皮をむかずに適当な大きさに切る。
  2. ふかす(耐熱容器に入れてレンジでも可。ただしレンジだとしっとり感はだいぶうすれます)
  3. 熱いうちにフードプロセッサーでペースト状にして完成

レバーペースト

【材料】

  • 鶏レバー 適量

【作り方】

  1. たっぷりのお湯でしっかり茹でる
  2. 熱いうちにフードプロセッサーでペースト状にして完成

以上に、亜麻仁油や紫蘇油、オリーブオイルなどどれか1種類をティースプーン1杯入れてあげています。

また、プラスの食材として、納豆や小魚、ベビーチーズ、豚肉、馬肉などその日の気分でトッピングしてあげてます。

ペーストフード

※画像は奇麗な状態ですが、もう歯もあまりよくないので、ミートローフは小さく食べやすくしておきます。

オリーブオイル

作ったものは、すべて冷凍保存して必要なだけ解凍して使っています。
食いつきもドッグフードとは比べ物にならないくらい良いですし、食べる速度も速いです。喜んで食べている姿を見ると、手作りしてよかったなと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。