犬が要求を必死で伝えている時のしぐさ7選

犬が要求を必死で伝えている時のしぐさ7選

必死さがカワイイ♡「犬が要求を必死で伝えている時のしぐさ」をまとめました。言葉を話せないワンちゃんだからこそ、飼い主さんに伝えるため、必死に考えた仕草と方法なのでしょうね。

はてな
Pocket
お気に入り登録

犬が要求を必死で伝えている時のしぐさ①「とりあえず見つめてみる」

見つめている柴犬の顔のアップ

飼い主さんが食事をしているときの「それ、ぼくにも少しください」という必死なアピール。吠えたり騒いだりすると叱られてしまうので、とりあえずジーッと見つめてみる。大人しくしているようで、実は必死に「ください!」と伝えているんですよね。必死すぎて、ヨダレが垂れてしまうワンちゃんもいますよね。その可愛さに負けて、ついあげてしまいたくなってしまいますが、愛犬の健康のため、飼い主さんも必死に我慢。

犬が要求を必死で伝えている時のしぐさ②「鼻息が荒くなる」

舌を上向きにした笑顔のボストンテリア

これもまた、飼い主さんが食事をしているときに多い仕草です。「ください!」とアピールしたいのですが、吠えたり騒いだりすると叱られてしまう。だから、つい、鼻息が荒くなってしまうんです。声が出そうで出ない程度に、鼻息でフガフガ言って伝えている姿、可愛いですよね。

犬が要求を必死で伝えている時のしぐさ③「膝に手を置いてみる」

膝に手を置く柴犬

飼い主さんの膝に手を置いて、そして、上目遣いでジッと見つめてみる。静かだけれど、実は必死に要求している仕草です。だって、「ワン!」と言ったら「静かにしなさい」と言われてしまいますもんね。見つめるだけでは足らず、つい、膝に手を置いてみたくなってしまったのでしょう。

犬が要求を必死で伝えている時のしぐさ④「スリスリしてみる」

頭をスリスリして甘える犬

飼い主さんの腕や膝や胸の辺りに、甘えるように頭をスリスリしてみる。そして、仕上げに上目遣いで見つめる。“これでもうママはノックアウト!”と、飼い主さんが愛犬の誘惑に負けてしまうことを理解しているかのようです。無視しても、スリスリ。無視すれば無視するほど、必死でスリスリ。その必死さが可愛くて、いつまでも無視していたくなってしまいます。でも、私もつい、負けてしまいます。愛犬が必死になれば必死になるほど、スリスリが激しくなって、たまに笑っちゃうけど、可愛いですよね。

犬が要求を必死で伝えている時のしぐさ⑤「クルクル回る」

笑顔のポメラニアン顔のアップ

早くお散歩に行きたくて、早くごはんが欲しくて、クルクル回ってしまうワンちゃん。目が回ってしまわないのか?というくらい、必死にクルクル、クルクル。うちの愛犬も、教えたわけではないのですが、お散歩の前やごはんの前になると、クルクル回ってアピールします。必死すぎて、息切れしていることもあります。クルクル回って要求するワンちゃんは、クルクル回ったことで、飼い主さんが楽しそうに笑ってくれたから、自然と覚えてしまったのかもしれませんね。

犬が要求を必死で伝えている時のしぐさ⑥「鼻を押し付ける」

赤い服の女性に甘える犬

こんなワンちゃん他にもいますか?うちの愛犬の男の子は、何かを要求するとき、私の肩や背中に、鼻をドンッ!と押し付けてくるんです。ドンッ!と押し付けてきたり、ズンズンッ!と押し付けてきたり、押し付けたままにしているので鼻息をフガフガさせたり。手でドンッ!とすると、爪が当たって「痛い!」と私が言ったので、鼻に変えたのかもしれません。同じように、鼻で必死に要求してくるワンちゃんいるでしょうか。

犬が要求を必死で伝えている時のしぐさ⑦「ホリホリする」

見つめて伝えているダックス

これは、とーっても痛いです。何かを必死でアピールしたいとき、飼い主さんの膝を必死でホリホリ。腕を必死でホリホリ。背中を必死でホリホリ。どれも、みみず腫れができてしまうほど痛いです。飼い主さんが要求を呑んでくれないときの最終系なのかもしれません。

まとめ

膝に手をおくジャックラッセルテリア

ご紹介した7つの「犬が要求を必死で伝えている時のしぐさ」、ぜんぶ当てはまるよ!という方もいらっしゃるのではないでしょうか。吠えたり騒いだりすると叱られてしまうので、それ以外の方法で、何とか伝えなくては!という必死な仕草が可愛いですよね。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。