あなたの愛犬はどう?特に暑さに弱い犬種3選

【獣医師監修】あなたの愛犬はどう?特に暑さに弱い犬種3選

この記事では「特に暑さに弱い犬種」をテーマに、暑さに弱いと言われている犬の種類をいくつか紹介します。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

はてな
Pocket
お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

暑さに弱い犬種1:鼻ぺちゃ犬

こちらを見ているパグ

暑さに弱い犬種として、まずは鼻ぺちゃ犬と言われているマズルが短い犬種があげられます。

具体例として、ブルドッグ、フレンチブルドッグ、ボストンテリア、パグ、シーズー、ペキニーズなどです。これらの犬種を飼ったことがある方ならご存知だと思いますが、私たち人間からしてみたら大したことのない暑さでもすぐに反応して鼻息が荒くなり、舌を出して口呼吸をし始めます。

マズルが短いことから普段から鼻で呼吸をすることが他の犬種よりもしづらいこともあり、そこに暑さが加わることにより余計に息がしづらくなります。対応が遅れると命に関わってきます。

そのため夏場は必ず室内で過ごすようにして、その際もエアコンを使ったり風が良く通るようにして、散歩に行く際もまだ暑くない早朝や、日が暮れたあとにするようにしてあげてください。散歩に行くのが大好きな犬ならせっかくの散歩の時間ですから心地の良い時に行くことの方が喜ぶと思います。

暑さに弱い犬種2:毛がダブルコート

立っているゴールデンレトリバー

毛の種類にはシングルコートとダブルコートがあり、ダブルコートの犬種は本来寒い地域で生息していた動物です。ダブルコートは毛が二層に生えているため、シングルコートの犬種よりも寒さには強いです。また、毛が二層に生えているのは、季節が変わるたびに毛を換毛してその時の気候に適して過ごすためです。

しかし最近はエアコンなどの温度調節が出来る技術があるため犬の換毛サイクルが乱れてしまい、本来なら自然にできていた換毛時期にうまくできない犬もいます。そのため夏場は毛がよく抜けるため、飼い主さんもブラッシングをして犬の換毛を手伝う必要があります。

そして、散歩の時間も注意し、大型のダブルコートの犬で普段は外で飼育している犬もなるべく夏場は家の中で生活させるようにしなくては命に関わってくるため注意が必要です。

暑さに弱い犬種3:子犬やシニア犬と肥満な犬

肥満な犬

全ての犬種に言えることですが、子犬やシニア犬と肥満な犬も暑さに弱いです。子犬やシニア犬は成犬と比べると生理機能がうまく働かず、温度調節が上手に出来ないため、この程度の暑さなら大丈夫だろうと判断してしまい放っておくと、暑さで弱ってしまう恐れがあります。しかし、暑いから冷やそうと急激に温度を下げてしまうと温度調節が上手く出来ないことから風邪をひいたり弱ってしまうこともあります。

そのため、個体差もあることから愛犬が心地よさそうに過ごせる温度を見つけその温度をなるべく維持するようにしてあげてください。

肥満な犬の場合、ほかの普通体型の犬よりも皮下脂肪や体脂肪が多いことから体内に熱がこもりがちになります。そのため必要以上に呼吸をするようになりますが、太っていることが原因で、首周辺の脂肪が気管を圧迫して呼吸する機能が低下してしまい、呼吸による温度調節がしづらくなってしまいます。

そのため温度調節は飼い主さんがする必要がありエアコンなどを使い犬に適した温度にしてあげてください。

そして肥満気味になってしまったのは飼い主さんの責任でもあります。肥満な犬は暑さ以外にも生活習慣病などその他のことでも命に関わる問題が起こりやすくなってしまうため、食生活を見直したり運動をさせるなどして、犬のためにも体型の管理をしてあげてください。

まとめ

こちらを見ている子犬

人間だけでなく犬も暑い日が続くと生活するのが辛くなってきます。
出来る限り快適に過ごせるように色々と実践してみてくださいね。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。