モラルの無い犬の飼い主がしているNG行為5つ

モラルの無い犬の飼い主がしているNG行為5つ

街中を歩いていると時々マナーを守らずに犬を散歩させている人がいます。モラルが欠如している飼い主はどういった迷惑行為をしながら散歩をすることが多いのでしょうか。よく見かけるNG行為を5つご紹介します。

はてな
Pocket
お気に入り登録

1.ウンチを放置する

ゴミ袋とウンチの看板を持つ犬

犬を飼っている人のNG行為として、とても有名なのが『ウンチの放置』です。ウンチの放置は周りの人に不快感を与えますし、誰かがウンチを取り除かない限りその場所が不衛生になったままになるので、とても迷惑をかける行為といえます。誰かが放置されたウンチを踏んでしまうなんてことも少なくありません。

また、ウンチがよく放置されていると、その場所での犬の散歩を禁止されてしまうことがあり、他の飼い主や犬に凄く迷惑をかけてしまいます。最悪の場合、マナーを守らない飼い主が1人いるだけで、たくさんの公園で犬の散歩が禁止になってしまうこともあるそうです。ですので、心当たりがある人は周りに迷惑をかけないように、次から必ずウンチを持ち帰るようにしてくださいね。

2.人の家の前でトイレをさせる

散歩の途中でおしっこをする犬の後ろ姿

人の家の前や敷地内でトイレをさせるのもNG行為となります。犬を飼っている人の家だと「トイレをするのは仕方ないよ」と優しい言葉をかけてくれることがあります。しかし、犬を飼っている人でも他の犬に家の前でオシッコやウンチをされると不快に感じる人はたくさんいますし、世の中には犬が嫌いな人もいますので、そういった方の家の前でトイレをさせてしまった結果、トラブルになってしまうこともあるそうです。

そもそも、トラブルにならなくても人の家の前や敷地内でトイレをさせるという行為は、迷惑でモラルのない行為となるので、心当たりのある飼い主はやめるようにしてくださいね。

ただ、住宅街で愛犬を散歩させているといきなり人の家の前でトイレをしてしまうことってあると思います。そういったときは速やかにウンチを取り除く。オシッコをしたときはティッシュやペットシーツなどでオシッコを吸い取って、なるべく迷惑にならないようにしましょう。

ちなみに、オシッコに水をかけてにおいを消すマナー水は水たまりを作りやすく、逆に迷惑行為になったり不快感を与えたりする可能性があるので、人の家の前でマナー水をするのはおススメしません。人の家の前でトイレをしてしまったときのためにオシッコを吸収できるテッシュ、もしくはペットシーツを用意しておきましょう。

3.飼い主の許可を得ずに犬同士を触れ合わせる

散歩中に近づいてきた小型犬に驚く犬

愛犬と散歩をしていると、いきなり無言で犬同士を触れ合わせる人がいます。犬同士を仲良く遊ばせたいという気持ち自体はとても良いことだと思いますが、相手の気持ちを考えていない自分勝手でモラルのない行為となりますので、気をつけなければいけません。

もちろん、犬同士を何度も触れ合わせている場合は、挨拶した後に遊ばせてあげても良いと思います。しかし、初対面やまだあまり知らない仲なのにもかかわらず、相手の同意を得ないで積極的に触れ合わそうとするのは、迷惑となる場合がほとんどなのでNGといえます。

犬を飼っている人の中には他の犬と触れ合わせたくない、と思っている人は少なからずいますし、「愛犬の体調が少し悪いから今日は大人しく散歩をさせたい」と思って他の犬と接触しないようにしている場合だってあるのです。また、犬が怯えやすい性格や大人しい性格の場合は、いきなり犬同士を触れ合わせると怖がらせてしまったり、ケンカをしたりするケースも少なくありません。

ですので、犬同士を触れ合わせたいと思う場合は、まず相手の飼い主に挨拶をして遊ばせてもいいか聞くようにしましょう。それが最低限のマナーとなります。

4.放し飼い・必要以上にリードを長くしている

リードを咥えて目を閉じている犬

「散歩の時は愛犬を自由にさせてあげたい」「愛犬は賢いから放し飼いにしても大丈夫」そういった気持ちで放し飼いをさせている飼い主は少なからずいることでしょう。たしかに愛犬にとっては嬉しい行為といえますが、周りの人からすると迷惑以外の何物でもないNG行為となるので放し飼いはやめるようにしてくださいね。

私も実際に愛犬と散歩をしているとき、放し飼いをさせている飼い主と犬に出会うことがあるのですが、見知らぬ犬が愛犬に近づいてくるときはどんな犬なのか分からないので、「いきなり噛まれないかな?喧嘩にならないかな?」といつも不安になって、愛犬を抱き上げることがよくあります。

また、犬の放し飼いをしている飼い主の多くは自分の犬を信用しすぎているのか、好き放題にさせたり飼い主が犬と離れた場所にいたりすることが多く、何かトラブルが起きてもすぐに犬を止めることができない状況になっていることがあります。このように犬の放し飼いは他の飼い主や犬、その場所を利用している人にとってとても迷惑な行為となりますので、ドッグランなどの特別な場所以外では放し飼いをしないように気をつけましょう。

ちなみに、リードを必要以上に長くしながら散歩をしている人も同じように周りの人に迷惑をかけやすいといえるので、人や犬がいる場所ではリードを短くして散歩をさせるように心がけてくださいね。

5.スマホを見ながら散歩をしている

スマホを見ながら犬の散歩をする女性

町を歩いているとスマホを見ながら歩いている人がたくさんいますよね。驚くことに犬の散歩をしているときでさえも、スマホをずっと見つめながら歩いている飼い主がいたりします。このような行為は周りの人にぶつかったりして迷惑をかけるだけでなく、散歩を楽しみにしている犬に対しても凄く失礼な行為といえますよね。

スマホに集中しながら散歩をしていると、周りの状況や愛犬の行動が見えなくなる場合が多く、愛犬が周りの歩行者の邪魔をする、いきなり周りの人に飛びついたり噛んだりしてトラブルを起こしてしまう、といった感じで周りの人に迷惑をかけてしまうことがよくあるそうです。

もちろん、近くにある危険にも気づけなくなってしまいますので愛犬を危険な目に合わせる可能性も高くなってしまいます。例えば、飼い主がスマホに集中しすぎて愛犬の拾い食いに気づけなかったり、愛犬が近くを走っていた自転車とぶつかってしまったり!というケースはよくあるそうですよ。

このようにスマホを見ながら散歩をするという行為は、周りの人や犬、愛犬にとって迷惑でしかないのです。ですので、心当たりのある人は散歩中にスマホを見ないようにするか、見るときは周りに迷惑をかけない場所に移動して、周りの安全を確認しながらスマホを見るようにしてくださいね。

まとめ

マナーを守って散歩をする人と犬

今回はモラルのない飼い主がよくするNG行為を5つご紹介しました。迷惑行為は周りの人に迷惑をかけるだけでなく、他の飼い主や犬、愛犬にも迷惑をかけることが多いといえます。ご紹介したNG行為はどれもすぐに改善できる行為となりますので、もし心当たりがある場合は愛犬の安全のためにもすぐに改善することをおススメします。周りの人や犬に迷惑をかけずに愛犬と楽しく過ごせると良いですね。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。