グレインフリーのドッグフードについて、もう一度よく考えてみよう

グレインフリーのドッグフードについて、もう一度よく考えてみよう

グレインフリーのドッグフードが市場に出回るようになってずいぶん経ちます。その間、グレインフリーフードについての見解も少しずつ変わって来ています。グレインフリーのフードについてもう一度整理してみたいと思います。

はてな
Pocket
お気に入り登録

グレインフリーのドッグフードとは

麦の穂と穀物

グレインフリーというのは穀物を使っていないフードですね。ここで言う穀物とは一般的に小麦、コーン、米、大麦、オート麦、ライ麦、大豆を指します。グレインフリーを推す意見の代表的なものは「犬は本来肉食の動物だから、炭水化物を多く含む穀類は必要ない」というものです。

一方で「犬は肉食寄りの雑食性の動物。長年人間と一緒に暮らしているのでオオカミと違って穀類を食べることは不自然ではない」と言う意見もあります。犬は炭水化物を消化するための酵素の分泌に関連する遺伝子をオオカミの約7倍持っていると言う研究結果も発表されています。

要は、グレインフリーだから一概に良いとも悪いとも言えず、そこは愛犬の体調(毛並み、ウンチやオナラの様子、食欲など)をよく観察しながら決めるということになります。

グレインを避けたほうが良い場合

空っぽのボウルの前で伏せる犬

ドッグフードによく使われる穀物のうち、小麦やコーンはアレルギーや不耐症を持っている犬が多いものです。穀物のうちのどれかにアレルギーがある場合はもちろんそれを避けなくてはいけません。その場合対象となる穀物だけが含まれないフードを探すよりもグレインフリーフードを利用する方が簡単で便利という面があります。アレルギーではなくても、小麦のタンパク質である小麦グルテンは犬にとっては消化しづらい部類のタンパク質なので避けたいと思う方にもグレインフリーフードは便利です。グレインフリーのフードは自動的に小麦グルテンフリーであるからです。

また小麦、コーン、大豆は遺伝子組み換えが最も多い種類の作物です。遺伝子組み換え原材料は避けたいと考える方にはオーガニック原料使用のグレインフリーフードは便利だと言えるでしょう。

グレインフリーフードは高品質で、グレイン使用フードはだめ?

2種類のフードの前で悩む犬

グレインフリーフードはプレミアムフードで高品質、なんとなくそういうイメージがありますね。確かに一般的にプレミアムフードと呼ばれるフードにはグレインフリーが多いです。しかしプレミアムという呼び方はメーカーが自由に付けられるもので、定義や基準はありません。グレインフリーだから高品質とばかりは言えません。穀物を使ったフードにも、良質な動物性タンパク質と消化の良い炭水化物源として米やオート麦を使った高品質フードはたくさんあります。

注意したいのは、炭水化物源ではなくタンパク質源として小麦グルテンやコーンが使用されている場合です。小麦やコーンのタンパク質を構成するアミノ酸は、犬にとっての必須アミノ酸のうちいくつかが極端に少なかったり含まれなかったりするからです。グレインフリーフードでも、肉や魚よりも豆類の方が多く含まれる場合は同様の心配があります。多くの場合、添加物として不足分のアミノ酸がプラスされているのですが、やはり肉や魚で必須アミノ酸が全てまかなわれる方が、バランスが良いと言えるでしょう。

また意外と誤解が多いのですが、グレインフリーだからと言って炭水化物の量が少ないとは限りません。ほとんどのグレインフリーフードでは、豆類や芋類、かぼちゃ、タピオカなどが炭水化物源として使用されています。炭水化物を抑えたい理由がある場合は、原材料一覧や成分値をしっかりと確認しましょう。

グレインフリーフードは心臓病の原因になる?

心電図のイメージと犬を抱く獣医師

アメリカの食品医薬品局が、拡張型心筋症の診断を受けた犬の多くがグレインフリーフードを食べていたと発表して以来、グレインフリーフードは良くないのか?と心配する人も増えています。しかし、この件についての因果関係はまだ何もわかっていません。さらに、グレイン使用フードを食べている犬に拡張型心筋症がどのくらい発症しているのかということも全くわかっていません。

食品医薬品局自体も、グレインフリーフードを利用している人に変更するようには求めていません。拡張型心筋症という診断にも治療にも手間や費用のかかる病気で心臓専門医にかかっているような犬が、普段からプレミアムフード(多くの場合グレインフリー)を食べているとしても不思議はないので、グレインフリーフード自体が原因なのかどうかは判らない状態です。

大切なのは、明確にわかっていない事で疑心暗鬼になるよりも、不安があればかかりつけの獣医師としっかり相談して基本的な健康管理をすることです。

まとめ

フードの前で舌を出すヨーキー

このところ話題になることが多いグレインフリーのドッグフードについて、いくつか押さえておきたい点をまとめました。どんなフードでも、全ての犬にとって完璧というものはありません。単純にグレインフリーだから、またはグレイン使用だから良いとかダメとかいうものでもありません。フード選びは本当に色々と悩ましいのですが、愛犬のことを一番よく知っている飼い主さんが良い選択をしたいですね。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    50代以上 男性 もも父ちゃん

    ドックフードはいろいろ考えて 獣医さん
    に聞いて満腹感サポートにして早5年
    体重から割り出してそのグラムを2回に分けて与えていました しかし体重から割り出しても 量が多かったみたいで あっと言う間に7キロごえ 獣医さんに太り過ぎと言われ いろいろ考えて寒天を作りドックフードを少なくして寒天を多くする
    カロリーなく植物繊維豊富なので便も
    快調 2ヶ月で2キロ痩せて今5キロ程です
    元気一杯です ドックフードもいろいろありますが その子にあった物をあたえると良いと思います。
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。