ボーダーコリーの目の発生不全に関連する遺伝子の発見

【獣医師監修】ボーダーコリーの目の発生不全に関連する遺伝子の発見

ボーダーコリーにおける突然の失明につながる発生不全に関連する遺伝子が明らかになりました。この発見によって繁殖前の遺伝子検査が可能になったというニュースです。

はてな
Pocket
お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

ボーダーコリーの目の発生不全に関連する遺伝子の研究

ボーダーコリーの顔のアップ

先日スコットランドのエディンバラ大学の研究者によって、ボーダーコリーの目の発生不全に関連する遺伝子が特定されたという発表がありました。関連する遺伝子が特定されたのは、『隅角発生不全』と言われる遺伝性の発生不全です。目の角膜と虹彩の根部である隅角(ぐうかく)の櫛状靱帯が発育不全または異形成となっている状態です。この状態では、眼房水(眼球を充たす体液)のスムーズな流れを妨げられるため眼内圧が上昇して、眼疾患の緑内障につながります。発見や治療が遅れると、突然の失明を引き起こすこともあります。

遺伝子の突然変異が引き起こす発生不全

野原にいる2匹のボーダーコリー

研究者らは、健康な目を持っているグループの犬と、重度の隅角発生不全の症状を持っているグループの犬の唾液サンプルを取り、2つのグループのDNAを比較しました。その結果、OLFML3と呼ばれる遺伝子の突然変異が確認されました。この遺伝子は眼球の発達の初期段階に関与しており、隅角発生不全から失明した全ての犬は、この突然変異遺伝子のコピーを持っていました。

新しい遺伝子検査の開発

寝そべる茶色のボーダーコリー

ボーダーコリーの突然の失明は、1990年代後半のオーストラリアで見られたのが最初でした。その後イギリスで同じような症状で失明する犬が現れたとき、その血統がオーストラリアでの発症に関連していたため、ブリーダーは遺伝的な原因に基づいているのかもしれないと考えました。

このエディンバラ大学の研究者による発見を受けて、OLFML3の突然変異を見つけるための遺伝子検査がすでに開発されているそうです。検査を受けることによって、隅角発生不全の遺伝子を持つ犬は繁殖計画から外すことができます。

それは、次世代の犬が緑内障や突然の失明に苦しむ可能性を大きく減少させることに役立ち、行く行くは、この遺伝性の発生不全を撲滅させることにもなると希望が持たれます。

まとめ

草の上に伏せるバイアイのボーダーコリー

ボーダーコリーの隅角発生不全に関連する突然変異遺伝子が特定され、この遺伝子を見つけるための遺伝子検査も開発されたというニュースをご紹介しました。

犬の遺伝性疾患は様々な犬種において数多く存在します。近年は遺伝子解析の技術のおかげで、遺伝性疾患に関連する遺伝子が特定され、遺伝子検査も次々に開発されるようになってきました。これは大変喜ばしいことなのですが、せっかくの素晴らしい発見も技術開発もブリーダーや消費者が無関心では、遺伝病に苦しむ犬はなくなりません。

悲しいことに、日本は犬の遺伝性疾患が世界の中でも目立って多いと言われています。その大きな原因は、遺伝病に対する知識が不足している繁殖業者や知識のない素人繁殖が蔓延していることです。上に書いたように、イギリスのボーダーコリーにこの発生不全が見つかったときに、ブリーダーはすぐに血統と遺伝の可能性を考えました。

こうして遺伝子を特定するための研究が行われているほどなのに、緑内障の好発犬種としてボーダーコリーが挙がることはそれほど多くありません。この2つの事実が意味することを多くの人に考えていただきたいなと思います。

《参考》 https://www.ed.ac.uk/roslin/news-events/latest-news/study-gene-blindness-border-collie?platform=hootsuite&utm_campaign=HSCampaign

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。