犬が散歩時に熱中症にならないようにするための対策グッズと方法

【獣医師監修】犬が散歩時に熱中症にならないようにするための対策グッズと方法

これからの季節、散歩時に気をつけたいのが犬の熱中症です。人と犬とでは体感温度や体温調節の仕方も違います。暑い時は散歩を避け、涼しい時間帯を選ぶことはもちろんですが、散歩中に熱中症を防ぐための色々なグッズを利用することで、より快適な散歩時間を手に入れましょう。

はてな
Pocket
お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

犬と人との熱中症の違い

Colt

犬にとって「お散歩に行くこと」は、「食べること」と「寝ること」と並ぶ、一大イベントではないでしょうか。でも、暑い季節のお散歩は犬にとっては要注意です。特に、この頃の異常気象で「猛暑」と呼ばれる日も少なくありません。

飼い主さんが連れ出してくれるならば、どこへだって一緒に行きたいと願うわんちゃんも多いでしょう。そんな時、今日のお天気・気候はどうかしら?と、ちょっと気にしてあげて下さい。

そして、散歩の時に、出来るだけ身体に負担がかからないような準備をしてあげて下さい。ちょっと工夫をするだけで、犬にかかる暑さのストレスは軽減されるはずです。

人と犬とでは、基礎体温も違います、被毛の量や身体のつくりも違いますから、当然体感温度も違ってきます。また、汗のかき方も違うため、体温調節の仕方も人とは違います。

人と犬との基本的な身体の違いを知ることは、熱中症以外の怪我や病気の予防の為にも重要です。わんちゃんと共に暮らす上で知っていて損はないことだと思います。

犬が散歩中に熱中症にならないようにするには

DSC_4842

時間帯を選ぶ

暑い日が予測される日は、なるべく昼中をさけ、朝の日差しが強くなる前や夜の(昼間に暑くなってしまった地面の熱気が冷めた頃)涼しくなった時間帯を選んで散歩に連れ出すことをお薦めします。

歩かせる前に地面の熱さを確認する

地面の表面がどれくらいの温度になっているか、ちょっとだけ気にしてあげることが大切です。実際、自分の手を地面につけてみて感じてみることをお薦めします。

高温になってしまった道路などは犬の肉球を痛めてしまう原因になりますし、人より地面に近い犬の身体には地面の照り返しの暑さもかなりのダメージになります。

犬種ごとの暑さに対する耐性を知る

同じ暑さでも、この暑さなら耐えられる、耐えられないという個体差があると思います。それは身体の大きさ、被毛の長さや色、それぞれの体力や年齢など様々です。

自分の愛犬の犬種の特徴を知ることや犬種には関係のない個々の現状の身体的状況を把握することも熱中症を起こさないための重要なポイントになります。

犬が出すサインを見逃さない

人と同様に、こまめに給水することを心がけることが大切です。犬は暑くなるとハアハアと息が荒くなり、口を開けて舌をだして体温を下げようと調節をします。

そんな仕草をするようであれば、すぐに新鮮なお水を飲ませるようにしましょう。そして、お腹の辺りを触って熱いと感じたら、無理に歩かせたりせずに日陰で休む、身体を濡らしてあげる(お腹側を冷やす)等の救済措置をとることも大切です。

愛犬が今、暑いと感じているのか、喉か乾いていてお水を欲している状態なのか、ということは、良く観察していると意外と分かることが多いものです。

それは、呼吸の仕方のような生理的な仕草だったりすることもありますし、飼い主さんならではの日頃の愛犬の様子のちょっとした変化だったりするかもしれません。そのサインを見逃さず、適切な処置をしてあげることが出来れば、熱中症を防ぐことにつながります。

犬の散歩時に便利な熱中症対策グッズ

1499

少し昔に比べると、犬のためのいろいろな商品、たくさんの種類やデザインを手に取り、選ぶことができるようになってきました。

本格的な暑さの到来に向けて、ペットショップなどへ足を運んでみるのはいかがでしょうか?自分では思いもよらないような、これは便利!なグッズと出会えるかもしれません。特にこれからの時期は、熱中症対策コーナーなどを設けているお店も多いと思います。

ここでは、たくさんある中グッズの中から、お値段もリーズナブルで自分が使ってみて便利だったものをいくつか紹介したいと思います。

バンダナを首に巻いて暑さをしのぐ方法

ペット用 クールバンダナ ひんやり首輪 熱中症対策 暑さ対策 グッズ 犬用 冷却タオル 冷え冷え 涼感 首冷却 夏用メッシュ生地 優れた通気性
1,180円(税込)

人は暑い時に首の後ろを冷やしますが、犬の場合は後ろではなく、首の前(喉の辺り)を冷やしてあげた方が効果的です。最近は、犬用に水に濡らして首に巻くクールバンダナや保冷剤を首に装着できるカラーのようなものも見かけるようになりました。

我が家では、暑い時期にデパートやケーキ屋さんでお買い物をすると必ずといって良いほど付いてくる保冷剤を再利用しています。今やどこの家庭の冷凍庫にもお見かけする保冷剤はとても便利です。

その保冷剤をそのまま入れられるバンダナを使っています。もちろん室内でも使えますし、散歩の時は取り替え用にもうワンセット、小さい保冷バッグに入れて携帯しています。

保冷剤とバンダナ

写真のバンダナは、暑い時期は保冷剤を入れて熱中症予防に使えるのはもちろん、寒い時期はホッカイロを入れたり、虫が気になる季節には、犬に害のない防虫ハーブを入れたりと便利なひと品です。

ペットボトルにひと工夫

ペットボトルの蓋

ペットボトルの蓋にキリで穴を数カ所開けただけのものです。これをいつものペットボトルに装着して、水をいれて使えば、簡易シャワーの出来上がりです。

暑い時は犬の身体にシャワーの様にかけてあげることも出来ますし(この時もお腹側にかけてあげた方が効果的です)、お出かけから帰ってきた時に簡単に足を洗ったり、散歩時のマーキングを水で流すのにも便利で大変重宝します。

ペットボトルの簡易シャワー

ちょっと水の補給がしづらいところへ車で出掛ける場合などは、2Lのペットボトルに水を準備して行って、このペットボトルの蓋を持って行くと、かなり便利です。

人が手を洗う時などにも使えますし、犬が遊びすぎて汚れてしまって洗う時などに使いやすくたっぷり使えます。

犬用の洋服

マルカン ひんやりお散歩ベスト S 超小型犬用
625円(税込)

最近では犬用の服も色々な種類があります。水に濡らして着せることで暑さをやわらげたり、濡らさずに着せても通気性も良く体感温度を下げることが出来るものもあります。

UVカット機能があったり、防虫効果があったり様々です。お出かけする場所や時間、スタイルに合わせて上手に使えば、とても効果的だと思います。

携帯用フードボール

ポップウェア ぺたんこボウル S ピンク
794円(税込)

携帯用フードボールには、シリコンで蛇腹になっていて折りたたむと平らになるものがおすすめです。かさばらず、重くもなく、ポーチやリュックなどにぶら下げることが出来るのでとても便利です。

暑い時の散歩には給水は必須なので、これを持って歩けば、持参したお水も公園の水道の蛇口からもお水を入れて飲ませることが可能です。また、これを使ってお水を身体にかけてあげることも簡単にできて、とても便利です。

最後に

犬と携帯用フードボール

これは、去年の夏のことですが、暑いさなか、万全の熱中症対策をして遊びに出掛けたことがありました。首には保冷剤入りのバンダナを巻き、濡れた服を着せ、途中で水をかけつつ、給水もたっぷりとさせ、中休みも取り入れながらの楽しいひと時でした。

わんこも暑そうではあったけれど、元気いっぱい遊んで帰宅した日、びっくりする様な血尿をしたのです。本人(本犬)はその時も元気200%といった感じでしたが、慌てて病院に連れて行き検査をしたところ、暑い中遊ばせ過ぎたためということが分かりました。

人が暑い中、過度の運動をした時にたまに血尿することがある、それと同じ症状だったのです。つまり、知らず知らずの内に無理をさせてしまっていたのでした。わんこ自身に無理をしている、という自覚がなくても飼い主である私が様子をみてストップをかけなければならなかったのです。

つまり、犬の出すサインを見逃さないことはもちろんですが、サインがなくても、状況をしっかりと判断できる飼い主になることが大切なのだと反省した事件でした。

熱中症を予防するためのグッズはたくさんあり、予防する助けにはなるものの、これらを使えば熱中症にはならない、というものではありません。

このようなグッズを上手に選んで使い、これからの暑い時期に愛犬が快適にお散歩できるように飼い主が注意深く観察し、愛犬の事を考えてあげることが、熱中症を防ぐことにつながると思います。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    女性 匿名

    万全の熱中症対策をしても やはり夏は
    お散歩や遊ぶ時間をセーブしないと
    いけないのですね。
    うちのわんこもお散歩大好きで この時期も1時間近く行っています。
    1時間歩いてもまだまだ足りないようです。
    涼しい時間に歩く、保冷剤をつけるなど対策はしていますが 軽めにするように
    したいと思います。
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。